ヨガのある暮らし ーCalm Oneself Yoga-

Calm Oneself              自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。         自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。             そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。

  1. 講演
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

共同国際会議 2017 in 福岡 「心身の語りと癒し」

7月6日(木)~7月9日(日)
今年は福岡に。

その全く同時期に、福岡・北九州地方は、特別大雨警報が発令され、未だかつてない事態、災害に見舞われました。
福岡に行けるのか?
行ってもいいのか?
いろんな思いが交錯しましたが、現地博多では、すぐ近くでそんな大災害となっているとは思えないほど、落ち着いていて、雨も小雨で大丈夫でした。
災害、被害はすぐ近くにいても、わからず、日常が淡々と過ぎていく。
何とも言えない思いにとらわれたのでした。

今回の総会での学びは、「心」でしょうか。。。

数値で測ったり、エビデンスをとりにくい、最もヨーガ療法・ヨガが効果的な分野ともいえるのではないか?と思うのです。

素晴らしい先生方の講演を聞けることは本当にありがたく感謝の気持ちでいっぱいにります。

早速購入した本をご紹介。

ダウンロード (10)

スカイプとDVDでの講演。
今回のメインともいえるハーバート・ベンソン博士

51CXCGb4qkL._SX350_BO1,204,203,200_

「胎内記憶から見た輪廻転生」池川明先生の講演。
その語り口が素晴らしく面白いので、大ファンになったのです!

414O3frJoLL._SX298_BO1,204,203,200_

「脳疲労社会とアーユルヴェーダのプラギヤーアバラーダ」
大会長でもある徳永雄一郎先生の講演。
ストレスとヨガ、アーユルヴェーダ。
これからの社会の本流となるのではないかと思うのです。

うつ病がどんどん増えている現代。
そこに一石を投じ、ストレスフルな日常を変えることはできなくても、すべての人がセルフケアできる時代が来ることを願います。

そこに、ヨガの大きな意義があると感じました。

私は本を読むことが大好きなので、またまた楽しみが増えました。

勉強は楽しい♪

そうなれば、最高です。

今回も素晴らしい機会を与えていただき、ありがとうございました。

この3冊の本が、皆さんの参考にもなりますように。。。

合掌




スポンサーサイト

  1. 講演
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

第5回エビデンスに基づく統合医療研究会

13532922_1098222913605467_9003741183005419310_n.jpg

昨日、参加してきました。

たくさんの学びと気づきをありがとうございました。ヨーガ療法士のポスター発表も、大変参考になりました。

ヨーガ療法学会からは、木村先生の「ヨーガでリフレッシュ」というワークショップもありました。


すべての講演が素晴らしいものでしたが、特に印象に残った講演は、
高橋徳先生の「視床下部オキシトシンと統合医療」でした。

オキシトシン

最近よく耳にする言葉です。
大切な神経ホルモンです。

オキシトシンが脳内で分泌されるとストレスに適応することができ、心身への悪影響を和らげてくれます。加えて、オキシトシンは、「思いやり」や「信頼」などの感情を促し、私たちの人間関係を築くのにも重要な役割を果たしています。

これは、体外からの投与ではなく、自分の中で作り出すことが大切です。

その方法は?

なんと、人を思いやったり、人から大切にされたりするような人との関わりがカギでした。


誰かのために、打算ではなく、心から思い行動できたとしたら、それはなんと自分を幸せにしていたのです。

神様なのかどうかわかりませんが、人間はなんて奇跡的に素晴らしく構成されているのでしょうか。


答えはすべて自分の中にあるのです。

そのことをまた、再確認することができました。

ありがとうございました。


ヨガをすることで、ヨガをお伝えすることで、自分も相手も幸せになる。
そういうことに徹したい。
そして、それはヨガをしている時間だけのことではなく、生き方そのものがそういうヨガ的なものでありたいと強く思いました。





  1. 講演
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

佐藤弘樹さんの「国際コミュニケーション術」

P2016_0710_142702.jpg

7月10日(日)

文化パルク城陽で佐藤弘樹さんの講演会がありました。

入場無料。

ほんとにありがたかったです。


私は佐藤弘樹さんが大好き♪

αーステーション開局以来ずっと、朝の番組を聴き続けています。
(最近、少しFM COCOLOも、聞いていますが。。。)

声がほんとに素敵ですね!

そして、ワンポイントイングリッシュも大好きで、こんな英語の授業なら、ぜひ受講してみたいといつも思うのです。

コミュニケーション。

今最も大切なこととして、注目されているそうです。

佐藤さんは、英語がペラペラ。
そんな軽い表現では済まされず、その英語圏の文化や言葉の持っている力などにも精通されています。

ラジオ番組や講演、書籍などでも言われていますが、ただ英語が話せるということには、あまり意味がないと。
そんなものはスマホやこれから開発されるであろうもので、日常会話はほぼ間違いなく、機械でできるようになると。

私もそう思うんです。
私は全然英語がしゃべれないから、そんなえらそうなこと言っても、悪あがきですが。。。

では、英語あるいは、外国語が話せるというほんとの大切な部分は何かというと、その言葉で自分の思考・考えなど、深いコミュニケ―ションがとれるとうこと。

幼少時に日本語が母国語でありながら、英語の勉強をさせることにも大きな弊害あると、いつも警笛を鳴らされています。
英語の堪能な佐藤さんだからこそ、言えることですね。

ものを考えるときに、言葉を使用します。
そして、言葉には必ず、文化があります。
そのことを絶対無視することはできません。

しっかりものを考えることができるのは、まず、自分の言語は確立している必要があるのです。

今の英会話は、日常的な会話。
つまり雑談レベルの会話が話せることに重点が置かれいます。
確かにそれも大切で、話せるほうがいいに決まっています。
だけど、それは、いずれ機械でも代用できます。

自分の思考・深い洞察、一つのことに自分の意見を持とうと思ったら、まず、自国の言葉でじっくり考えることが必要です。

物事を考えるのは、言語でしかできないのですから。


そして,
他国とコミュニケーションをとろうと思えば、言葉の前に、その国の文化を知ることなしにうまくは行きません。

国によって、全く常識がちがうのですから。。。



そんなことを佐藤さんの講演を聴きながら、思いました。

やっぱり佐藤さんが好きです。

その声と考え方が。


素敵な時間をありがとうございました。





  1. 講演
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

「空海記念統合医療病院」設立に向けた記念講演会in京都


今日は京都テルサ・ホールでの素晴らしい講演会に参加しました。

これからの日本の医療は統合医療になる。

そうなれば、本当に素晴らしいと思います。

大好きな渥美和彦先生。お茶の水博士。88歳とは思えない力強い講演でした。

医療における僧侶の役割

美松ご住職。
真言宗って、すごいです。

本来は僧侶は「死」というものから「生き方」を教えてくださる方々なんだろうとずっと思っていました。
そうであれば、世の中がずいぶん変わると思います。

日本には、もともとそんな文化があったのではないでしょうか。。。

空海記念統合医療病院設立準備室長である星野先生のお話も素晴らしいです。


さらに、特別講演、松長有慶先生の「空海といのち」

P2016_0612_143524.jpg


教育講演 松島龍戒ご住職を代表とする仏教音楽・声明唱和 

大下ご住職の瞑想指導。

長堀優先生の講演。

すべての内容がこれからの医療の進む道を指し示す素晴らしいものでした。


東洋哲学・東洋の智慧・仏教の教え

「死」があるから生きることがわかる。

私が幼いころから、ずっとずっと思い続けてきたことを、今日先生方がお話しされたことを聴き、再確認することができました。

受け入れる

感謝する

すべてのことは、ひとつにつながっている

ヨガもまた、これからの医療・生き方に大きく役に立てばと強く願いました。

今日は、素晴らしい講演会に参加できたこと、心から感謝します。

合掌




  1. 講演
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

幸せのスイッチ  ~ラッキーとハッピー~

13322083_1111893042201094_5957251965643124330_n.jpg

昨日のアドラー心理学の勉強会。

参加しました。

定員100名の予定がなんと!大人気で160名の参加があったとか。。。

凄いです。アドラー。

いえいいえ、われらが、アドラーの師匠・鎌田先生の仁徳です。
鎌田先生は、気さくで大阪弁で講義をされ、一日の長い講義時間も楽しくて、あっという間に過ぎていきます。


たくさんの学びがありました。

ワークもあって、ただ話を聞くだけとは違う参加型の講義で、さらに充実した時間でした。


いろいろいろいろ、心に残ることがあったのですが、私の中ではこれが一番。

幸せのスイッチ。

ラッキーとハッピーの違い。

*ラッキーとは、偶発的な外側からの幸運

*ハッピーとは、自己努力による幸せ

幸せのスイッチは己で握る。
自己努力で作り出すハッピーは、状況の如何にかかわらず、今この瞬間に己で作り出せる!

「わるいあいつ、かわいそうな私」から「今ここで私にできること」へ


なるほど。。。

BR131108-001_05.jpg

その通りだと思うのです。

だけど、自分にとって、ラッキーアイテムっていうのがあるというのは、いいのではないかと思います。

たとえば、

私はジュエリーというか石というか宝石というかアクセサリーと言われる本物が大好きです!

これは、「スフェーン」
特に好きな石でその意味も素晴らしく、買った時からずっと、左手にブレスとしてつけています。

大好きなものを身に着ける。

その宝石・石の持つ意味というか力が自分を助けてくれると思えたら、それは、ラッキーでもあるし、ハッピーでもあるのではないでしょうか???

自分を軸に生きる。

やっぱり、そこにいきつきます。



鎌田先生、大阪ヨーガ療法士会スタッフのみなさま、
本当にありがとうございました。





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

Junko

Author:Junko
聖名 ADAMYAPRIYA DEVI
  (アダムヤプリヤ デヴィ)

西澤 潤子

Calm Oneself Yoga主宰

インド中央政府認定ヨーガインストラクター
インド中央政府認定ヨーガセラピスト

日本ヨーガ療法学会会員
日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会京都支部幹事長

認定 メンタル心理カウンセラー

獅子座 A型
京都市出身
京都府城陽市在住

コンセプト

毎日を、気持ちよく暮らす

毎日を、ていねいに暮らす

毎日を、おだやかに暮らす

 

そのために、

ゆったりとした深い呼吸

体のすみずみまで、意識を向ける

 

ヨガを続けると、毎日の暮らしが変わります。

 

ヨガを続けるコツは

自分のペースで無理なく、

他の人と比べることもなく、

ポーズにはこだわらない。

 

「こころ」と「からだ」

どちらも、大切・・・