ヨガのある暮らし ーCalm Oneself Yoga-

Calm Oneself              自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。         自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。             そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。

  1. 日々のはなし
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

日々の春。

IMG_0257.jpg

15日(土)。
近くまで行くことがあり、立ち寄って観ることができた今年の仏光寺のしだれ桜。

しだれ桜の美しさは妖艶で、なんだか落ち着かない。
ソメイヨシノの桜と全然違う印象を受ける。

IMG_0261.jpg

我が家のキッチンの窓につたう山葡萄のつる。

秋になると葉が茶色になり、やがて、冬になると、すべて枯れ落ちてしまう。
からからに乾いたような細いツタの茎が、窓から壁に残っているが、どうみても、再生しそうにない。

ところが、春になると、死んでいたかのように見えた蔦から、こんな風にきれいな緑の葉がどんどん顔を出し始める。

奇跡としか言いようがない景色。

植物って、なんて強くてみずみずしいのだろう。。。


植物のように、シンプルに、ただ今この時を、生きていけたらと思う春。




スポンサーサイト

  1. 日々のはなし
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

さくら・さくら

IMG_0244.jpg

家の近所で、いつも一番に咲く桜。

しだれ桜。

見事です。

今年は、ずいぶん遅いです。

毎年、見ているけれど、
よくもまあ、こんなに花だけが咲き誇る木が、この世にあるものだなあ。
とまた、思うのです。

IMG_0247.jpg


この桜も近くにある自然の中で、

ひっそりと咲く桜。


桜もそれぞれ。


ただ、自分として咲いている。


時々、この世で最も強く偉大なのは、植物ではないかと思う時があります。


桜に合掌。





  1. 日々のはなし
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

毎日、月を見て、暮らすこと

00232f378e6f776b44638ca4b8c6d454_w.jpg

昨夜は満月。

その前の夜の月も見たけれど、満月にしか見えなかった。

私の目では、見わけがつかない。


満月はとてもきれいだけど、ちょっと怖いと感じる時もある。

何かが起こるというのもわかるような気がする。


月のカレンダーがあって、毎日、今日の月を知ることができる。

あぁ、今日の月はこうなんだなと思って、毎日の月を見る。


だけど、そんなこと、何も知らなくてもいいのかなと最近思う。

新月の願い事。

満月の瞑想。

ヨガ教室でも、何度もお話ししてきた。


自分の暮らし方のサイクルというか、区切りには、とてもいい。

それも大切だが、ただ、毎日月を見るというのが、もっとしっくりくる。


そこには、理由も目的もない。



また、部屋を整理した。

満月からだんだんものを減らすというのは、理にかなっているように思う。

こころとからだが勝手にそうしたいと思うから。。。



自分の心の声をいつも聞くことができたら、そんな時間を持てたら、
それが、
毎日、月を見る
ということだとしたら、とても自然で素敵なことだと思う。

合掌




  1. 日々のはなし
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

バレンタインデーに、こんな映画はいかがでしょうか?  映画「LIFE」

poster2.jpg

あらすじ解説
ジェームズ・サーバーの短編小説をノーマン・Z・マクロード監督、ダニー・ケイ主演で映画化した「虹を掴む男」(1947)を、ベン・スティラーの監督・主演で新たに映画化。1936年の創刊から2007年に休刊されるまで、世界で幅広く読まれたアメリカのグラフ誌「LIFE」の写真管理部で働く臆病で不器用な男が、人生変える波乱万丈の旅に出る姿を描く。LIFE誌の写真管理者として毎日地下鉄に乗って通勤し、変化のない日々を過ごすウォルター・ミティ。彼の唯一の楽しみは、むなしい現実から逃避する刺激に満ちた空想をすることだった。そんなある日、LIFE誌の最終号の表紙を飾る大切な写真がないことに気付いたウォルターは、カメラマンを探すため一大決心をして一歩を踏み出す。

テレビは見ないほうがいいと思うけど、BSは、いいなと思う。

特にNHK-BSは、CMもないし、いい映画や音楽番組を放送してくれる。
昨夜の映画。

見始めた時は、微妙な印象で、嫌になったら、見るのをやめたらいいやと思っていたけど、だんだん画面に釘付けになっていく。

大自然の映像は、やはり映画ならではの美しさ。。。


そして、バックの音楽が素晴らしい!!

そして、そして、エンディング。

その終わり方が、とても印象に残り、あぁ、いい映画たっだ。観て良かったと思わせる。


映画って、ほんと素晴らしいですね!!

そう、思った。


LIFE

生きるということ。

生き方を、もう一度、考えてみたい。





  1. 日々のはなし
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

妙心寺・東林院 「小豆粥で初春を祝う会」

IMG_0129.jpg

京都・花園にある禅寺「妙心寺」
しっかりと境内を散策したことはありませんでした。

こんなに大きなお寺だったんですね。

塔頭東林院で、1月15日から、31日まで、千両の庭特別公開と小豆粥。
偶然知ることができ、今日、訪れることができました。

IMG_0131.jpg

沙羅双樹の寺として有名で、ぜひその季節6月にも来たいです。

IMG_0132.jpg

お庭を観て、まずはお菓子とお茶で、まったり。

IMG_0134.jpg

別のお部屋に通され、アツアツのおもち入り小豆粥。
こんなに丁寧に作られた食事はなかなかないのではと思いました。

IMG_0135.jpg

お部屋の床の間。

IMG_0136.jpg

素晴らしいお庭と水琴窟(一壺天)
こんなに繊細できれいな音!聴けただけで幸せ。

IMG_0139.jpg

ここに記されたこと。
大切にしたいです。

今年は、1年の最初に、ここに導かれ、なんだかとても素晴らしい年になりそうな予感。

いつも素晴らしい出会いに感謝して、生きていきたいなと思いました。

合掌








NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

Junko

Author:Junko
聖名 ADAMYAPRIYA DEVI
  (アダムヤプリヤ デヴィ)

西澤 潤子

Calm Oneself Yoga主宰

インド中央政府認定ヨーガインストラクター
インド中央政府認定ヨーガセラピスト

日本ヨーガ療法学会会員
日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会京都支部幹事長

認定 メンタル心理カウンセラー

獅子座 A型
京都市出身
京都府城陽市在住

コンセプト

毎日を、気持ちよく暮らす

毎日を、ていねいに暮らす

毎日を、おだやかに暮らす

 

そのために、

ゆったりとした深い呼吸

体のすみずみまで、意識を向ける

 

ヨガを続けると、毎日の暮らしが変わります。

 

ヨガを続けるコツは

自分のペースで無理なく、

他の人と比べることもなく、

ポーズにはこだわらない。

 

「こころ」と「からだ」

どちらも、大切・・・