猫とワタシ

ヨガのある暮らし ーCalm Oneself Yoga-

Calm Oneself  自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。 自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。 そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。

この記事のみを表示する黄檗・萬寿院ヨガの会 「禅とヨガ」

お寺でヨガ

11160229_797005803723737_70669651_n.jpg

今日は第3日曜日。

宇治黄檗・萬寿院ヨガの会でした。

たくさんのご参加、ありがとうございました。

寒いですが、快晴で気持ちのいい日でした。

いつもの読経は本堂が寒すぎて、ストーブの暖のあるお部屋での法話の前のお経に変更してくださいました。
初めてのお経です。

その後の法話

一行三昧
読み(ひらがな)
いちぎょう ざんまい


意味
何かをする時、一つのやり方を決め、迷うことなく、そのことになりきること。

解説
何かをする場合、心が今の瞬間の行為に溶け込むことで我を忘れ、一種の心地よさを感じることではないかと思います。 この四字熟語は、仏教の言葉の1つで、1つの修行方法を決めて、その修行に無心になって励むことにより、 心の中がおだやかに静まり乱れない状態になることを言うようです。 また、1つの修行が、日常のいろいろな場面(座る、立つ、寝る、歩く、何かを行う)でも同じようにおだやかな心を 持ち続けることにつながるという意味もあるようです。 音吉は三昧という心の状態を体験したことがないと思いますので、詳しくわかりませんが、三昧は仏教の三学の一つ、定のことで、 その心の状態の深さにより、いくつかの段階があるようです。浅い三昧であれば凡夫にも得ることができるのかもしれません。 悟りを開く前の、心がおだやかに静まった状態を三昧と言うようです。

この説明は、ネット検索から、私が一番しっくりしたものをお借りしています。

今流行の「マインドフルネス」ということでしょうか。。。

今日のこの法話をしてくださった和尚さんは、とても穏やかな方です。
それで、この解説を選びました。

ほかに、2月15日の涅槃の日にちなんでの涅槃図のお話も興味深かったです。


法話の後に、90分のヨガ。

仏教・禅とヨガは根本的に深いつながりがあるのだなと今日も感じました。


来月はお彼岸です。

和尚さんはみなさん多忙を極められます。

それで、初めてのことですが、最初の法話がありません。

その代わりになるかどうか。


お彼岸でもありますし、ヨガの前に瞑想をしたいと思います。

私から瞑想の話とやり方の説明の後、15分くらいただ座ってみます。

その後、ヨガをすることで、いつもと違う体験になればと願います。


来月もたくさんの方のご参加、お待ちしています。


合掌

スポンサーサイト

この記事のみを表示する2018年・1月  今年最初の「萬寿院ヨガの会」

お寺でヨガ

IMG_0620.jpg

お正月を感じます。

昨年の1月の萬寿院ヨガの会は、大雪で中止となりました。
今年は寒いけれど、穏やかな天候で無事新年の会を開催できたことに感謝します。

和尚さんの法話は

明珠在掌 (みょうじゅたなごころにあり)

You have a tresure in your hands by nature.
輝く宝 誰もが持つよ 手の中に トモ

それに気付くと豊かな人生の始まり。
生まれる時にみんな神様から、すごいお宝を預かってくる。
死ぬまでにそれを輝かす機会を創れる人はラッキー。

光るにも いろいろあるよ
人の数だけ
柔らかな蛍光も良し、花火も良し


この解説は、禅語の部屋さんからお借りしました。



和尚さんの法話では、誰しもが持って生まれた、生まれた時には、美しい穢れのない珠玉が、
生きていると、年を重ね、いろんな煩悩で曇ってゆくことを話されたように思います。

自分の幼いころ、赤ちゃんの頃の写真を見てみることなども話されました。

人間は、完璧な人などどこにもいません。
だけど、誰しもがその命をいただいたということだけで、充分価値があることなのでしょう。
根拠などいりません。
何もできないとしても、何の取り柄がないとしても、そんなこととは無関係に、よく言われる自己肯定感が必要です。

他人と比べる必要もなければ、他人のことを批判する必要もありません。
ただ、自分はどうか?

自分が今こうして生きているということを本当に感じることができたら、幸せです。

仏教とヨガ


どちらも、

Way Of Life


生きる方法を教えてくれます。

また来月も第3日曜日、お寺のヨガ。

寒いですが、ぜひご参加、お待ちしています。


合掌

この記事のみを表示する今年最後の「萬寿院ヨガの会」

お寺でヨガ

11165942_797005767057074_311926710_n.jpg

今日は気持ちが引き締まるような寒さですが、晴れて青空がすがすがしいです。

毎回、このお寺の門を通るとき、今月もヨガの会ができることに感謝し、気持ちを整えることができます。


今年最後の法話は、

「果報は寝て待て」

「果報」とは、仏語で前世での行いの結果として現世で受ける報いのこと。 転じて、運に恵まれて幸福なことをいう。 「寝て待て」といっても、怠けていれば良いという意ではなく、人事を尽くした後は気長に良い知らせを待つしかないということ。

「果報」とは、いいことばかりではないのですね。
さらに、どのことがどこで誰にどうかかわって報いとなるのかも、わからないのですね。

初めから結果を期待するのは間違っています。

ヨガの基本の教えとして、

「結果に執着することなく、行為に専念する」

というカルマ・ヨーガの智慧があります。

現実はなかなか。。。



今日も寒い中、たくさんの方に参加いただき、本当にありがとうございました。

スタンディングの体が温まるポーズは、どうでしたか?

最後に浄化法でもある

カパラバーティ―呼吸法。

NHKのぐっとスポーツでもヨガが取り上げられ、ますますヨガが世の中に広まっていきそうです。

来年はさらにたくさんの方とヨガができたらいいなと思っています。


来年1月からも第3日曜日の開催となります。
2018年1月21日(日)

新年の気持ちの平安にぜひ、参加してくださいね!
お待ちしています。


合掌


この記事のみを表示する紅葉の真如堂

お寺でヨガ

IMG_0548.jpg

今日も寒い日でした。

今日は、京都市子育て支援活動事業
京都市白川児童館での「こころおだやかヨーガの時間」でした。

参加者が少なく、館長さんも参加。
和やかな雰囲気で、ひとりひとりに寄り添う形で、言葉のキャッチボールも交えて、
まさしく「こころおだやかヨーガの時間」となりました。

そして、白川児童館からすぐの真如堂。
今日は神様から行け!と言われているとしか思えません。

IMG_0537.jpg

白川児童館からすぐの道を行くと、そこは東門に続く、急な登りの坂道。
こんな素朴な石碑。
かなり心臓に悪い道。

IMG_0538.jpg

IMG_0543.jpg

たどり着くと、見事な紅葉。

思わず「おぅ~!」と言葉が出ます。

ちょうど、特別拝観で本堂に入り、
「観経曼荼羅」を拝見することができました。

もちろん、写真撮影は禁止!
金糸などによる総刺繍という見事な曼荼羅。
江戸中期(1767年)の製作ということですが、傷みが著しく補修されたとはいえ、未だ色あせることなく、本物の輝き。

しばらく曼荼羅を眺め、難しいことは何もわかりませんが、ぼぅ~としました。
あぁ、これでいいんだなと思いました。

気持ちがとても落ち着いたからです。
これもまた、ヨガなんだなと思ったのです。

お寺のヨガ

それは、とてもとても静謐です。

IMG_0546.jpg

帰りは正面・総門に向く道を。

2日続けて、素晴らしい紅葉を愛でることができました。
このことこそも、すべてのことに感謝としか言いようがありません。

祈りは日常の中に。

合掌

この記事のみを表示する紅葉の萬寿院・ヨガの会

お寺でヨガ

11160229_797005803723737_70669651_n.jpg

今日は第3日曜日。
黄檗・萬寿院ヨガの会でした。

11月とは思えない寒い日でした。
ストーブの登場です!!

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

IMG_0535.jpg

お庭の紅葉。

本当にきれいでした。
障子を開け放し、お庭を観ながらヨガ!
といきたいところでしたが、寒さに勝てず、残念ながら、硬く障子を閉じました。

IMG_0536.jpg

今日の和尚さんの法話。

美しい紅葉にちなんで、木のお話。

「根を張る・根本」

その大切さをいろいろなたとえを交え、お話ししてくださいました。

大きく枝を広げ、美しい紅葉の葉を広げ、そして、実がなるとしても、その足元を見れば、しっかりと強く根を張っていることに気づくはず。
土の中に、見えないところまで、しっかりと支えてるために広がる根。

「根本」

私たち人間も全く同じ。

軸のある重心を感じる身体と心。

ヨガ。

すべては、繋がっています。


来月はますます寒くなるかもしれません。
今年最後のヨガの会ですので、どうぞ暖かくして、お越しください。

たくさんの方のご参加、お待ちしています。

合掌