ヨガのある暮らし ーCalm Oneself Yoga-

Calm Oneself              自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。         自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。             そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。

  1. お寺でヨガ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

紅葉の真如堂

IMG_0548.jpg

今日も寒い日でした。

今日は、京都市子育て支援活動事業
京都市白川児童館での「こころおだやかヨーガの時間」でした。

参加者が少なく、館長さんも参加。
和やかな雰囲気で、ひとりひとりに寄り添う形で、言葉のキャッチボールも交えて、
まさしく「こころおだやかヨーガの時間」となりました。

そして、白川児童館からすぐの真如堂。
今日は神様から行け!と言われているとしか思えません。

IMG_0537.jpg

白川児童館からすぐの道を行くと、そこは東門に続く、急な登りの坂道。
こんな素朴な石碑。
かなり心臓に悪い道。

IMG_0538.jpg

IMG_0543.jpg

たどり着くと、見事な紅葉。

思わず「おぅ~!」と言葉が出ます。

ちょうど、特別拝観で本堂に入り、
「観経曼荼羅」を拝見することができました。

もちろん、写真撮影は禁止!
金糸などによる総刺繍という見事な曼荼羅。
江戸中期(1767年)の製作ということですが、傷みが著しく補修されたとはいえ、未だ色あせることなく、本物の輝き。

しばらく曼荼羅を眺め、難しいことは何もわかりませんが、ぼぅ~としました。
あぁ、これでいいんだなと思いました。

気持ちがとても落ち着いたからです。
これもまた、ヨガなんだなと思ったのです。

お寺のヨガ

それは、とてもとても静謐です。

IMG_0546.jpg

帰りは正面・総門に向く道を。

2日続けて、素晴らしい紅葉を愛でることができました。
このことこそも、すべてのことに感謝としか言いようがありません。

祈りは日常の中に。

合掌


スポンサーサイト

  1. お寺でヨガ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

紅葉の萬寿院・ヨガの会

11160229_797005803723737_70669651_n.jpg

今日は第3日曜日。
黄檗・萬寿院ヨガの会でした。

11月とは思えない寒い日でした。
ストーブの登場です!!

ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

IMG_0535.jpg

お庭の紅葉。

本当にきれいでした。
障子を開け放し、お庭を観ながらヨガ!
といきたいところでしたが、寒さに勝てず、残念ながら、硬く障子を閉じました。

IMG_0536.jpg

今日の和尚さんの法話。

美しい紅葉にちなんで、木のお話。

「根を張る・根本」

その大切さをいろいろなたとえを交え、お話ししてくださいました。

大きく枝を広げ、美しい紅葉の葉を広げ、そして、実がなるとしても、その足元を見れば、しっかりと強く根を張っていることに気づくはず。
土の中に、見えないところまで、しっかりと支えてるために広がる根。

「根本」

私たち人間も全く同じ。

軸のある重心を感じる身体と心。

ヨガ。

すべては、繋がっています。


来月はますます寒くなるかもしれません。
今年最後のヨガの会ですので、どうぞ暖かくして、お越しください。

たくさんの方のご参加、お待ちしています。

合掌



  1. お寺でヨガ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

お寺でヨガ  淀・文相寺

IMG_0526.jpg

今日は第2月曜日。
文相寺・お寺でヨガの会でした。

気持ちのいい天気。
快晴でした。

今日は本堂の写真を撮りました。
しかし、
みなさんのヨガの様子やヨガに最適な椅子の写真を撮るのを忘れました。
大丈夫か?私。。。

今日は、今日だけたまたま代休で今回だけ参加の方やほかの教室から参加の方など、満員でした。
本当にありがとうございます。

今日は、
~今日の一針、明日の十針~
という聖句瞑想です。

人間は弱くて、どうしても面倒なことや嫌なことは後回しにしますが、明日に延ばせば、
今日なら一針のほころびを繕えば済んだのに、明日に延ばして十針も繕うことになる。
もっと延ばせば、それはもう対処できなくなるかも。。。

わかっているけどっていうやつです。

耳の痛い話。

ヨガは身体を動かし、呼吸に意識を向け、
身体と呼吸を整えていきますが、
そのことにより、
心を整え、
毎日の暮らしを整ていくことこそ、大切です。

毎日の暮らしを大切に。。。




  1. お寺でヨガ
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

淀・文相寺ヨガの会

fusimi151.jpg

今日は、10月開講のお寺でヨガの会。

毎月第2・第4月曜日の開講です。
今月第2月曜日は祝日でしたので、休講でした。

今日から始まるのに、まさかの台風。
どうなることかと思いましたが、台風一過のさわやかな日となりました。

すべてのことに感謝です。

参加者のみなさんの状態を考慮し、本堂にあるちょうどいい椅子を併用し、マットのヨガも体験する。
そんな90分です。
参加者の皆様には、大変好評です!

本堂で開講していますので、本堂の素晴らしい写真を撮るつもりが、見事に忘れてしまいました。
次回は必ず、忘れないようにしたいです。


最後に聖句瞑想を行いました。

「含笑入地(がんしょうにゅうち)たれ」

この人生の最後には、笑いながら、ゆうゆうと死んで土に帰っていくという、安心大悟して死ねるようにせよ。
と説く智慧の教え。

浄土真宗本願寺派のお寺にふさわしい教えだと思い、選びました。

人生、生きていれば、いろんなことがあります。
もちろんいいことばかりではありません。
何か問題が生じても、それを笑い飛ばして努力したいものです。

そんなことの積み重ねで、自分の人生はこれで良かったと思って死ぬことができるのではないでしょうか。。。

良く死ぬ

それしかありません。

教室が終わると、この聖句について、質問があったり、
毎週、教室をしてほしいというご意見があったり、
有難く、うれしいことばかりでした。

どなたでもご参加、いただけます。

お寺のヨガ。

ぜひ、体験してください。
お待ちしています。


合掌




  1. お寺でヨガ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

萬寿院ヨガの会  「功徳と無功徳」

11160229_797005803723737_70669651_n.jpg

今日は雨。

9月は台風の影響で休講となり、2か月ぶりの萬寿院ヨガの会。


8月のヨガの会の時は、暑さをしのぐ工夫が必要でしたが、今日は肌寒いほど。
季節は確実に秋になり、来月は冬の到来を感じているのかも。
一年の時の流れ。

今日の法話。

功徳

くどく
【功徳】
1.
神仏からよい報いを与えられるような、よい行い。世のため、人のためになるよい行い。 「―を施す」
2.
神仏のめぐみ。御利益(ごりやく)。また、よい行いの報い。

そして、禅宗ならではの教え。

無功徳

見返りを求めないということでしょうか。。。

和尚さんが何度も話されました。

「自分がこんないいことをしていると人にわかってもらおうとするのは功徳ではない。」

と。


誰にも見られてなくても知られなくても、ただ、黙々と淡々と行う行為。
褒められるためにするのではない行為。

人間は誰しも他人に褒められ、認められようとしますが、そこには真実はない。
他人の評価と何ら関係なくする功徳。

究極の自分のためと言えばいいのでしょうか。


ヨガと禅宗は根本のところで繋がっているように思います。

実はすべてのことの真実は繋がっているのではないでしょうか。。。


雨の音。

鈴の音。

そして、自分の内面の音にだけ意識を向けての静かな瞑想。


雨の日ならでは静謐な時間。


ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。

来月の第3日曜日
11月19日(日) 10:00~ 開講です。

たくさんの方のご参加、お待ちしています。

合掌





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

Junko

Author:Junko
聖名 ADAMYAPRIYA DEVI
  (アダムヤプリヤ デヴィ)

西澤 潤子

Calm Oneself Yoga主宰

インド中央政府認定ヨーガインストラクター
インド中央政府認定ヨーガセラピスト

日本ヨーガ療法学会会員
日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会京都支部幹事長

認定 メンタル心理カウンセラー

獅子座 A型
京都市出身
京都府城陽市在住

コンセプト

毎日を、気持ちよく暮らす

毎日を、ていねいに暮らす

毎日を、おだやかに暮らす

 

そのために、

ゆったりとした深い呼吸

体のすみずみまで、意識を向ける

 

ヨガを続けると、毎日の暮らしが変わります。

 

ヨガを続けるコツは

自分のペースで無理なく、

他の人と比べることもなく、

ポーズにはこだわらない。

 

「こころ」と「からだ」

どちらも、大切・・・