ヨガのある暮らし ーCalm Oneself Yoga-

Calm Oneself              自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。         自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。             そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。

  1. お寺でヨガ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

全国煎茶道大会と萬寿院ヨガの会

18527935_1224461077662806_1370674517432593586_n.jpg

昨日は第3日曜日。
萬寿院ヨガの会でした。

萬寿院は萬福寺の塔頭寺院です。
昨日本山萬福寺では「全国煎茶道大会」が開催され、たくさんの方が参加されていました。
萬福寺は煎茶と深いつながりがあり、ヨガの会の和尚さんからの法話は、そのことについてのお話と禅語「喫茶去」でした。

禅語「喫茶去(きっさこ)」

アイコン 相反する意味
  茶席の禅語、あるいは禅語をやさしく解説した本を読むと、
 「まあ、お茶でもお飲みなさい」と解説されます。

しかし、禅語としての本来の意味は「お茶でも飲んで去れ」
 あるいは「お茶でも飲んで来い」と叱咤する語です。

広辞苑にも以下と書かれています
 「お茶でも飲んで来い。もともと相手を叱咤する語であるが、
  後には、お茶でも召し上がれ、の意に解され、日常即仏法
  の境地を示す語と誤解された」

ネットからお借りしました。

和尚さんも話されていましたが、その真の意味はなかなか理解できるものではないようです。
さすが、禅語ですね。

私などはただ、自分のために、そして、忙しい時こそ、誰かのために、お茶を入れ、飲む時間を持つ。
くらいの理解しかできません。

煎茶道もヨガと同じ心持の部分があるのではないかと感じています。

大切なことは、必ず同じところに行きつくのではないでしょうか。。。

すべてのこと、全ての流派を超えて。


今月もたくさんの方のご参加、ありがとうございました。

来月6月18日(日)は、「国際ヨガデイ関西2017in京都」開催日ですので、萬寿院ヨガの会は休講になります。
申し訳ありません。

たくさんの方が京都平安神宮前参道・岡崎みやこメッセに足を運んでいただけますよう、どうぞよろしくお願いします。

合掌


スポンサーサイト

  1. お寺でヨガ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

黄檗山・萬福寺ヨガの会

IMG_0263.jpg

4月23日(日)
快晴の空。
過ごしやすい気温。
そんな日にお寺でヨガ。幸せです。

萬福寺の総門を入ると、桜はすでに葉桜でしたが、八重桜でしょうか?
満開でした。

IMG_0264.jpg

寺務所の横の建物「五雲居」。

静かな部屋です。

今日は参加者が少なく、ゆったりしています。

外は暖かい日差しで、気温も高くなりましたが、五雲居のお部屋は、肌寒いくらいでした。

IMG_0265.jpg

広大なお庭には、新緑のもみじ。
その姿もまた、きれいです。

お寺でのヨガの会は、日常ではない「場」を楽しみ、感じ尽くすことができるように思います。

日本の四季を五感で感じます。

来月も第4日曜日。
5月28日(日)に開催されます。

お申込み・ご予約は、黄檗山・萬福寺 ヨガ教室係
 0774-32-3900
まで、お願いします。

たくさんの方のご参加、お待ちしています。

合掌





  1. お寺でヨガ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

4月・萬寿院ヨガの会・利休梅が満開のお庭。

IMG_0259.jpg

今日は宇治黄檗「萬寿院ヨガの会」でした。
たくさんの方のご参加、ありがとうございました。

3月は、ストーブを何台も出していただいたのに、今日は障子を開け放して、お庭を観ながらのヨガの会になりました。

この満開の花の木は「利休梅」

中国の中北部が原産です。わが国へは明治時代に渡来しました。高さは2~4メートルになり、狭倒卵形または楕円形の葉が互生します。4月から5月ごろ、枝先の総状花序に白い花を咲かせます。名前は、茶花としてよく利用されたことから。別名で、「バイカシモツケ(梅花下野)」とか「ウメザキウツギ(梅咲き空木)」とも呼ばれます。
●バラ科ヤナギザクラ属の落葉低木で、学名は Exochorda racemosa。英名は Common pearlbush。

初めて観たように思います。
去年ももちろんこのお庭で見たのですが、満開の花を見ることはできませんでした。
一期一会。

IMG_0260.jpg

さらにお庭の緑がきれいでした。

今日は二十四節気で「清明」と言われる最後の日。
その通りに、すがすがしく明るい空気に満ち溢れていました。

和尚さんの法話。

姿勢   生きる姿勢
呼吸   深い呼吸
軸    心軸を持つ
思考   すべてのことは自分の思考から。

坐禅   この「坐」という字の意味。

      坐禅は屋根のないところ、どこでもできる。
      人・人 は、一つは自分。もう一つは半眼で、自分を見る自分。
      土の上でただ、座る。

すべてのお話は、ヨガと同じでした。

それは当たり前で、和尚さんも話されたように、真実に向かう道筋はいろいろあるけれど、たどり着くのはただ一つ同じところだから。。。

今日もまた、素晴らしい時間を過ごせたことに感謝します。

合掌




  1. お寺でヨガ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

宇治・黄檗「萬寿院ヨガの会」 2017.3月

P2015_0621_093551.jpg

今日は、第3日曜日。

「萬寿院ヨガの会」でした。

満員のご参加、ありがとうございました。


3連休の真ん中。とてもいいお天気に恵まれ、春を感じるヨガの時間でした。
それでも広いお寺の本堂は冷え、ストーブが必要でした。

加藤和尚の読経は本堂に響き、お彼岸でもあり、静謐な空間となりました。


今日の法話。

禅語  直心是道場


「直心」という語には、真っすぐな心、素直な心、あるいは直接という意味で、真実にぴったりと合った心など、いろんな意味が含まれている。しかし、そういう「直心」を身につけることは、決して容易ではない。直心を保つことは、自分を鍛える「道場」にほかならない。……われわれはもう一度、自己の殻を破って無我の心境を開き、周りの世界をその中に包み込むような温かみのある人間関係と、自然に対しても近世以来の人間中心の傲慢を捨てて、大自然に抱かれつつ生きるような、生き方を回復しなければならない。

《原典・碧巌録/引用・西村惠信著『禅語に学ぶ 生き方。死に方。』(禅文化研究所)より》

座禅であっても、「ヨガ」であっても、その時だけ、その時間だけ、こころを整えるということではないように思います。
どんな状況でも、あるいは、心が外のことに惑わされそうな時こそ、「直心」であること。

ヨガは今もまだ「ポーズ」のことのようにとらえられますが、決してそうではありません。
生き方そのものです。

そうならば、まさしく、この禅語はヨガそのものとも言えます。

今日も、ヨガと禅宗のつながりを感じました。



来月から暖かくなり、お寺でのヨガの時間がますます楽しみです。

来月もたくさんの方のご参加、お待ちしています。

合掌






  1. お寺でヨガ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

今年初めての「萬寿院ヨガの会」

11165942_797005767057074_311926710_n.jpg

先月は大雪で、中止になった萬寿院ヨガの会。

今日は快晴。
少し寒いですが、気持ちのいい一日でした。

今年初めの会となりました。
今日もまたマラソンの日。

ものすごくたくさんの参加の方とボランティアの方と応援の方。
「京都マラソン」
いい天気で良かった♪


今日のヨガの会の法話は、

紅炉(こうろ)上(じょう)一点の雪

意味は、

紅炉の上に置いた雪がたちまちとけてしまうように、私欲や迷いなどがすっかりとけてしまうこと。

私たちは数えきれない煩悩にまみれていますが、その一つ一つが、こんな風になくなれば、生きていくのが楽になることでしょう。

その煩悩さえも、実は自分自身が作り出している。まず、そのことに気づきたいです。

今日も寒い中、たくさんの方に参加していただき、本当にありがとうございました。

毎月、萬寿院の静かな空間でヨガの時間を持てること。

今年も続けていけること。


感謝の気持ちをいつもいつも忘れずにいたいです。

来月は、少し春の気配を感じられるでしょうか。。。

たくさんの方のご参加、お待ちしています。

合掌






NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

Junko

Author:Junko
聖名 ADAMYAPRIYA DEVI
  (アダムヤプリヤ デヴィ)

西澤 潤子

Calm Oneself Yoga主宰

インド中央政府認定ヨーガインストラクター
インド中央政府認定ヨーガセラピスト

日本ヨーガ療法学会会員
日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会京都支部幹事長

認定 メンタル心理カウンセラー

獅子座 A型
京都市出身
京都府城陽市在住

コンセプト

毎日を、気持ちよく暮らす

毎日を、ていねいに暮らす

毎日を、おだやかに暮らす

 

そのために、

ゆったりとした深い呼吸

体のすみずみまで、意識を向ける

 

ヨガを続けると、毎日の暮らしが変わります。

 

ヨガを続けるコツは

自分のペースで無理なく、

他の人と比べることもなく、

ポーズにはこだわらない。

 

「こころ」と「からだ」

どちらも、大切・・・