京都・ヨガのある暮らし ーCalm Oneself Yoga-

Calm Oneself  自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。 自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。 そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。
0

ハトのポーズ!

20150215101441.jpg

ヨガのポーズの中でも目を引く代表的なポーズ!

「ハトのポーズ」

ヨガの教室のクラスの内容は、だいたい1週間をめどに毎週組み立てるようにしている。

季節やクラスの状態やサイクル
いろいろいろいろ自分なりに考慮して、
90分を小説で言えば、
プロローグ
本文
エピローグ

みたいに、気持ちよく自然な流れで進めるようにしている。

エンディングとして、
呼吸法→瞑想
となる。

今日は予期せぬ生徒さんとの話の展開で、「ハトのポーズ」をしてみることになった。
そんなヨガクラスもいいな♪と思う。

きれいなポーズだが、ちょっと難しいポーズ。
盛り上がりながら、お互いのポーズの出来栄えに笑いあいながら、
和やかに時間は過ぎる。

ポーズの完成度だけが決してヨガではないが、ポーズを軽視するのも間違っている。
自分の身体を知る一つの通過点、ツールではないかと思う。

出来なかったポーズが出来るようになれば、やはりうれしいし、身体が変化した証拠!

CMでもよく使われている「ハトのポーズ」
私の大好きなポーズ!

今日も、たくさんの方のご参加、ありがとうございました。
毎日、ヨガの教室。

本当に幸せです。。。



スポンサーサイト
0

ゆっくり呼吸。。。

leaf-3070153_960_720.jpg

毎日、いろんなことがある。

悩んだり、

困ったり、

焦ったり、

怒ったり、

イライラしたり、

落ち込んだり。。。


そんな時も、ただ、目を閉じて、ゆっくり呼吸するだけで、心が落ち着いてくる。

最近、呼吸や瞑想について、ずいぶんメディアが放送するようになり、情報が溢れだした。

呼吸に意識を向ける。

ゆっくり呼吸する。

それがヨガともいえる。


そんなことを今日の椅子ヨガの会でもお話し、生徒さんの中でも話が弾む。


逆に、

落ち着いていたり、

余裕を感じたり、

うれしかったり、

深い感動を覚えたり、

日々、いいこともいっぱいあって、

そんな時には、勝手にゆっくり呼吸をしている。


呼吸はすごい!!

自分で自分を整えるセンサーに違いない。。。


0

城陽市のヨガ教室 若花亭にて。。。

IMG_0732.jpg

4月7日(土)

城陽市では、今日、小学校の入学式でした。
今年はもう桜が散り、葉桜となってしまいました。
息子たちもみんな城陽市の小学校に入学し、卒業したことが遠い昔のことのように思えました。
もう25年以上、城陽市に住んでいるけれど、なかなか自分が城陽市民と自覚することがありません。
今日は、しみじみと城陽市に思いを寄せました。

城陽市が私のヨガのある暮らしを支えてくれているんだなと思いました。

毎週土曜日のヨガ教室「若花亭」
城陽市で長年料亭をされてきたという歴史があります。
ご縁でその大広間をヨガ教室として貸していただいています。

床の間には、いつもお軸が掛けられ、
今日は、遅咲きのお庭の八重さくらがいけてありました。

地元に根を下ろす。
地に足を着け、丁寧に物事を継続する。
その連続で、今が作られていくのだなあと新しい年度に、新1年生に教えられました。

「勇気の日めくり  毎日アドラー」

7日
今日のアドラーの言葉


~できないことなど 何もない~

新年度に新しい気持ちで挑むのにぴったりの言葉でした。


自分の毎日の暮らしを抜きにして、何事も語ることはできません。
それは、自分の暮らす地域を大切に思うことに他ならないのかもしれません。

今日もありがとうございました。

合掌

0

ヨーガを学ぶこと

IMG_0717.jpg

京都・東福寺の塔頭寺院「退耕庵」
今日は観光客も比較的少なく、静かでした。
お寺というのは、なぜ心が静かになるのか不思議です。

午前中は、淀の文相寺でヨガの会。

京阪に乗って、午後からは、「退耕庵」で、金菱先生のヨガの会。


私は毎日ヨガをしていますが、ヨガ教室でヨガをさせていただく時間が圧倒的に長く、自分で家でする時間が少し。
もっと自分のヨガの時間を増やしたいと思っています。

なかなかヨガを受講することもなくなり、今日は貴重な時間。


ヨガというものは、5000年前からずっと続いてきたもので、その本質は誰が伝えても同じはずですが、実際は、ヨガインストラクターによってヨガクラスは、全く違っています。
そこにいい悪いはないのですが、どうしてもその人の個性と思いが指導に乗り、それがいいことでもあります。
ヨガを受けるのは非常に幸せで大好きなことですが、できることなら、その指導者が自分の信頼できる人で、人間的に大好きな人であってほしいと思います。
そうであってこそ、すべてのことがすっと身体にも心にも落ちてくるからです。

金菱先生のことは、もちろん信頼していますが、ヨガだけではなく、そのひととなりが大好きです。
音楽や物事の考え方にも共通するところがあり、うれしくなります。

今日も、「あぁ、私のヨガもこれでいいんだな。」
と思える時間でした。
自分を任せて委ねる時間は、ほんとに気持ちがいいなと思いました。

私も毎日のヨガの教室で、こんなふうに生徒さんに感じていただけているのか、自分自身を振り返りたいと思いました。
自分以上にはなれないし、なろうとするとそこには無理があり嘘が混じります。
その必要はないのですが、毎日・毎日、真摯な気持ちと態度を忘れることのないようにと思っています。

少しずつでも、自分自身が成長して行かなければ意味がありません。

気負うことなく、客観視。

毎日、気づきに気づくこと。


永遠に生きるように、学びます。。。

合掌


0

新月・捨てきる・願い事なし

若花亭2

今日は土曜日。
城陽・若花亭ヨガの日。

いい天気でしたが、午前中の教室には、暖房とストーブまで。
なかなか春本番にはなりません。

今日もご参加、ありがとうございました。

NHKニュースで取り上げられたヨガと有害事象・怪我の話も出ました。

同じくNHKの番組、関西人はなぜ骨折が多いのか?
その答えは、まさかの納豆を食べないから。。。

そんな話も交えながら、ヨガの教室は進みます。

もしかしたら、私のヨガ教室は、ものすごくオリジナルなヨガの時間かもしれません。
もちろん、ヨガの基本に忠実に行っています。

だからこそ、皆さんの身体に触れることもなく、ポーズの完成に捉われることもありません。

必ず呼吸法もするし、最後にその日に合わせたほんの少しのお話と瞑想も。。。


今日は新月。
いつもなら、「新月の願い事」の話をするはずが、
新月に向けての、徹底的な断捨離と掃除の話になりました。

それは、私事ですが、
新品同様・まあまあ高額だった靴をリサイクルショップに持って行ったこと(笑いを誘うエピソードあり)と
昨夜、とりあえず浴室の排水溝を潔くそうじしたからなのです。

話は自分の中から自分の言葉で、さらに具体的であればあるほど、相手に伝わるものです。
自分の中にはない教科書のようなことを字面だけ話しても、一ミリたりとも相手の心には、響くことは無いでしょう。。。

長年、最近ではだいたい毎日、人前で話すようになると、こちらのほうこそ、いろいろと気づかされるのです。

今日は、自分がすっかり、新月に願い事をしなくなっていることに気づきました。
自分の中でそのほうがしっくりくるようになったのです。

どちらがいいとかは、ありません。

バンバン願い事ノートに毎月記すことで、自分自身に気づくこともいっぱいあります。
それは、経験済みです。

その時々の最良の方法と方向で生きていけばいいのかなと思います。


毎日がスペシャル。

そうでありますように。。。


明日も萬寿院・お寺のヨガにぜひ。
お待ちしています。


合掌

このカテゴリーに該当する記事はありません。