京都・ヨガのある暮らし ーCalm Oneself Yoga-

Calm Oneself  自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。 自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。 そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。
0

6月の雨・地震・あじさい

IMG_0889.jpg

今週は、月曜日の早朝の震度6の地震から始まりました。
まだ、何回も続く余震。
今朝も強い地震の揺れを感じました。

少しのことでも、身体がびくっと反応するのがわかります。
心臓もドキドキします。
体と心とは本当につながっていると妙に納得します。

地震の後の大雨。
これ以上、被害が大きくならないことを願うばかりです。


IMG_0896.jpg

ご近所のあじさい。
ヨガ教室に向かうとそれぞれのあじさいに出会うことが出来ます。
わざわざ名所に行かなくても。。。

IMG_0912.jpg

淀のお寺。

IMG_0945.jpg

IMG_0947.jpg

黄檗・萬寿院。

自然の驚異・地震。

そして、雨の中、こんなに咲き誇るあじさい。

人間は決して、おごってはいけない。
なんでも自分の思い通りになるなんて、間違っても思ってはいけない。
人間の力の及ぶことなんて、ほんのわずか。
ただ静かに受け入れることの偉大さを少しでもわかるようでありたい。

本来、物事にいい悪いはないように。。。


合掌



スポンサーサイト
0

身体からのサイン!

P2015_0620_165842.jpg

あじさいがキレイです。
大好きな花のひとつです。

植物は自然に逆らわず、文句を言うこともなく、花を咲かせる時期には咲かせ、枯れるときに枯れていく。
なんとも潔い存在です。

ヨガの教室や終わった時にも、生徒さんと個人的にあるいは、クラスの途中でなんとなく皆さんで話をすることがあります。

いろんなことを聞かせていただき、とても刺激になり、勉強にもなり、また好奇心がむくむくと湧き上がり、そこから調べたりして、新しい知識を得ることもあります。

なんといっても本から得た知識ではなく、実体験から教えていただく知識なので最強です!

「耳の調子がおかしい」

ということを案外たくさん聞きます。

実際耳が何らかの病気であったり、炎症を起こしていることもあります。
けれども、圧倒的にストレスを耳が教えてくれていることの方が多いです。

簡単に言うと「聞きたくない!」ということです。

家庭や職場や親戚関係やご近所など、
もう聞きたくないことで、心の方がいっぱいいっぱいで、聴くことを拒否して、自分自身を守ろうとしています。

具体的に、難聴や耳鳴りや耳に何か詰まった感じがするなど、症状が出ることに驚きます。
いくら耳鼻科で治療・投薬を受けても治りません。
それもそのはず、原因が取り除かれていないのですから。。。

声が出ない。
は、
話したくない。

首が一定方向に回らない。
は、
その方向に嫌な人がいる。

頭が痛い。
は、
考えたくない。

下痢
は、
出かけたくない。

などなど。。。

腰が痛くて動けないときも、もうこれ以上働かないように、身体がストップかけてくれているとか。


すべてがそうとは言えませんが、体の不調を感じた時は、自分の今の状態を客観的に観てみると、大切なことに気づくのではないでしょうか。

身体は正直です。
もっと身体に意識を向ける必要があります。

さらに、呼吸は、もっと正直です。
自分の呼吸に意識を向けたいです。

そして、それこそがヨガだと、つくづく思います。



0

鏡を磨くこと

ダウンロード (1)

毎日掃除をする。

整理をする。

掃除機をかける。

拭き掃除をする。



そのことと、磨くということとは、決定的に違うように思う。

食器類も洗って拭いて片づける。
この作業と、磨くは、違っているように思う。

磨くとは、曇りをとることで、光を取り戻す。


特に毎日お世話になっている鏡は、しっかり磨いて、曇りの無い状態で自分を映し出したいと思う。

鏡を磨くと金運もアップするとか。。。


曇ったくすんだ鏡では、真実を映し出すことは出来ないように、
一番磨きをかけないといけないのは、もちろん自分自身に違いない。

自分を磨く。。。

毎日を丁寧に暮らすということだろうか。。。


0

区切りの日・今年2回目のブルームーン♪

IMG_0724.jpg

今日も晴天!
街のいたるところで、桜が満開!

今日のヨガ教室・若花亭の窓からの桜景色。
若花亭のお庭にも桜が。
贅沢な日。

今日は3月31日。
仕事や学校の年度で言えば、最後の日。
テレビでも番組交代の日。

そして、
今年2度目のひと月に2回の満月。
今年は何かといろいろある年。

ブルームーンと言われる今日の満月。
きっときれいに見えるだろう。
どんな思いで眺めるのか。

ただただ今の自分の毎日の暮らしに感謝したい。

IMG_0725.jpg

そして、3月の最終日なので、氏神さんの水度神社に晦日参り。
参道は、すがすがしい気が満ちて、桜も美しい。

あぁ、今月も無事に幸せに過ごせたなとあらためて思う。

手を合わすと、やっぱりただただ感謝の気持ち。

心の中から、勝手に感謝の気持ちが湧くということがどんなに幸せなことかと気づく。

感謝しましょう。
って、人から言われても、
本から教わっても、
できないものはできないものだ。
そこは、無理やりは意味がない。


明日は4月1日。
毎日の連続は変わらないけれど、
自分の中で一つの区切りをもって、進んでみたい。
春の景色は、人を確実に前に進ませてくれる。

合掌


0

毎日の決断と選択

51Z7wl62WuL.jpg

私は占いというものにあまり興味がないし、お金を払って占って欲しいと思ったこともない。

それでも、ゲンをかつぐというか、悪いと言われていることは避けるし、
ラッキーカラーやラッキーナンバー
大安吉日、一粒万倍日
など、縁起のいいことは、取り入れたらいいなと素直に思う。

この本は雑誌の付録で鏡リュウジさんの監修だ。

出展は「魔法の杖」 ジョージア・サバス となっている。


見開きの左ページには、イラスト、
右ページには、簡単な言葉が掲載されている。


何か決断を迫られていたり、選択に迷いがあるとき、この本を閉じたまま、ここだと思ったところをぱっと開き、そこに書かれていることが答えになるという仕組み。

たとえば今、ぱっと開いたページ。

左の絵は      棒のナイト  白馬にのり棒を持った兵士
右のことば     棒のナイトは できることはなんでもやってみるべき、といっています

こんな感じで、毎朝、今日はどんな日?
みたいな感じでページを開き、心のどこかにその言葉を刻み、前向きに一日を過ごせたらいいなと思う。

ただ、本なので、折癖がつかないように注意が必要か??
そんなたいそうなものでもないので、そこも気にすることもないかもしれない。

私たちは毎日、
大きなことから些細なことまで、決断と選択の連続だ。

結婚、転職、引っ越し、付き合うこと、別れ
毎日の食事、右か左か、エトセトラ。。。

カフェに入っても、メニューから選ばないといけないし、一日に一体どれだけの選択に迫られているのだろう。。。

自分の意志ももちろん大切だが、
天にお任せも同じくらい大切だ。

どうしようもないこともあるから。。。





このカテゴリーに該当する記事はありません。