猫とワタシ

ヨガのある暮らし ーCalm Oneself Yoga-

Calm Oneself  自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。 自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。 そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。

この記事のみを表示する沖田×華が教えてくれる「大人の発達障害」

日々、思うこと

51hwV9QArkL._SX350_BO1,204,203,200_

作者
おきた ばっか と読みます。

ここから、やってくれるなぁと感心します。


この本はついにやらかしシリーズ第4弾なんです!

第1弾の1冊目からこの4冊目まで、すべて読みました。

それは、ヨガの生徒さんに教えていただき、さらに貸していただくという幸運に恵まれたからです。


沖田×華さんは、小学4年生の時に、医師よりLD(学習障害)とAD/HD(注意欠陥/多動性障害)の診断を受けました。
看護士・風俗嬢を経て2008年に漫画家デビューという経歴です。

今でこそ、少しは知られるようになった発達障害。
私の子供の頃には、そんな言葉さえありませんでした。

しかしながら、その頃にも確実に発達障害の子供たちはいただろうし、20人に1人ということは、クラスに2人くらいはいたはずなんです。

今も生きにくいかと思いますが、その頃は誰も理解していないわけですから、ただただ変な奴と思われるか、性格悪いと思われるか、親に毎日怒られるという生活でずいぶんと苦しかったのではないかと想像します。

障害のひとつに、人の顔の認証ができない。ということがあるという事実は衝撃でした。
だけど、本人はそれしか知らないわけだから、他の人がなぜ簡単に人の顔を区別するのか、その理由が逆にわからない。

人間は知らないことだらけなんです。

自分と他人が同じと思ったら大間違いなんです。

自分の考えが絶対だなんてこと思ったら、それこそ大馬鹿もんなんです!!


とりあえず、知ることから始めよう。

あまりにも知らないことが多すぎる。

こんな風に笑い飛ばせたらいいけれど、ここまでくる道のりはあまりにも長い。。。


ただ、私は、沖田×華さんが大好きになりました♪


一人でも多くの方に読んでほしい。

あなたのまわりにも、あなたの大切な人の中にも、必ずいるはず。
発達障害。

一緒に笑って生きていこう!

そんな世の中に、いつかなりますように。。。


スポンサーサイト

この記事のみを表示する自分のEQを知っていますか?

日々、思うこと

419938ZWYWL._SX324_BO1,204,203,200_

内容紹介
社会で成功するためにはIQではなく、EQだ!!
人の真の能力はIQではわからない。人生で成功するために必要なのはEQだ──教育、家庭、仕事の常識を覆して日本人の価値観を変えた大ベストセラー!!

人の能力はIQでは測れない。人生に成功するかどうかを決めるのはEQ(こころの知能指数)だ。心理学博士ゴールマンの提唱した「EQ」はまたたく間に全世界に広がり、各国で大ベストセラーになった。IQ偏重で歪んだ社会の病理をあばき出し、本当の頭のよさとは何かをわかりやすく説く現代人必読の名著。


IQは、知能指数として、よく知られ、東大・京大には最低でも120以上、実際には140平均だとか言う話も聞いたことがあります。

120以上でも全体の数パーセントか5パーセントくらいでしょうか?
そう思うと、140平均って、強烈ですね!

何を持って頭がいいというのかわかりませんが、このEQは、心の知能指数ということで、生きていく力として、重要かと思います。

ネットで検索すると、ゴールマン博士のEQを測定するテストもあります。
正直に答えることで、自分のEQを知ることもできます。

どちらにしても、まず、自分を知る。
自己認知を間違わないということから、生きる方法を見出せるのではないでしょうか。。。


ヨガのおかげでいろんな方との出会いがあり、そのたびに発見があり、学びを深めることができます。
今日もそんな出会いから、EQの話になりました。


知識としての学習ももちろん大切です。
その上に形成されていくものが多いです。
しかしながら、経験・体験の積み重ねには勝てません。

百聞は一見に如かず



EQが訓練により、高められるとしたら、これこそ、学校教育に取り入れていかなければならないことです。

ヨガやマインドフルネス・瞑想がその一端を担うことを願っています。


合掌

この記事のみを表示する一日が終わるとき 夕焼け

日々、思うこと

鳥羽2


ヨガは、生活・生き方そのものなので、毎日がすべてヨガと言っても過言ではありません。

むしろ、ポーズをしている時間以外、どんなふうに生活しているかのほうが大切なくらいです。


それで、ヨガ・インストラクターの方は、規則正しい生活、身体にやさしい食事、ストイックとさえ思える暮らしの方もあるかもです。


私は朝早起きが苦手で、困ったものです。

ヨガ教室の生徒さんの方がはるかヨガ的な暮らしかもしれません。


朝5時までに起きて、朝日を拝み、ヨガと瞑想。

そんな暮らしを今までしたことがありません。

大丈夫か?私。。。


その代わりと言ってはなんですが、夕焼けは毎日のように眺めます。

そうしようと思っているわけではありませんが、気づけば今日も眺めているという具合です。


なんだかほっとするのです。


初めての子育ての時、毎日がしんどかったです。

そんな時に、夕方になり、夕焼けをみると、今日も無事に終わろうとしていることを感じるのです。
今晩もなかなか寝てくれないかもしれないし、夜中に何度も起きて抱っこするだろうけれども、それでも今日もこうして一日が暮れていくことにたとえようもなくほっとしたことを今も覚えています。

一日が過ぎ、一か月が過ぎ、一年が経てば、子供は1歳になるということを心の糧にしていました。
今となれば、宝物のような一年です。


どんな人、どんな時にも、平等に流れる時間と月日。

いったいいつまで生きるのか自分のことなのに、誰も知ることができません。


だからこそ、今日もまた、一日を過ごせたことに一日の終わりに、静かに感謝したいです。


合掌


この記事のみを表示する嫌われることを恐れることなかれ!

日々、思うこと


自分が今関わるいろいろな関係の人たちに嫌われたらどうしよう。。。
と思う人はたくさんいるようだ。

だけど、必ず、そんな自分にも嫌いな人、苦手な人、関わりたくない人はいるはずで。

自分は嫌いな人や苦手な人がいるにもかかわらず、そんな自分が嫌われるのが嫌というのは、ちょっと厚かましくないかい???


自分が嫌いな人に嫌われるのは、当たり前と言えば当たり前。
もっと言えば、嫌われてありがとう!


ラッキー!

なぜなら、嫌いなんだから、関わらなくて済むし、嫌いな人から嫌われるということは、その人と自分は違う証拠!
超ラッキーなことだ!


でも、根も葉も無い自分の悪口を言われ、それを聞いた人がそのことを信じ、自分が理不尽に嫌われるかもしれないと不安になる人もいるだろう。

相手を変えることはできないから、それはしょうがない。
だけど、そんな人から聞いたことを信じる人はその程度の人なんだから仕方ない。
相手がどう思うかなんて、どうにもならない。

どんな時も自分がどう思うか、どうありたいか、それだけを考えよう。

それでも、身に覚えのない悪口を言われたら、気持ちがいいものではない。
だけど、
ほんとはそれさえも大丈夫!

悪口は言ったその人に跳ね返る仕組みとなっている。
脳は、主語を理解せず、その悪口をそのまま脳にインプットすることだろう。
自分の脳にそんな愚にもつかない嫌な言葉を聞かせる愚行。
どんどんやってもらおうじゃないですか!

そんなことであなたは何も困らない。


心優しい人間観関係で悩んでいる人に向けて。


どうぞ自分を大切に。

自分がどう思われているかではなく、自分がどう思うか

で、生きてください。

嫌なことは笑い飛ばそう!!!



この記事のみを表示する自分の生まれた日の月

日々、思うこと

82d4a6aefdb14945f5ea7d5c89ef8106_w.jpg

自分の生まれた日の月をネットで検索すると調べられ、どの月なのかわかると教えていただいた。

それで、早速、生年月日と月と入力すると、その年の、その月の満月カレンダーが表示され、確かに自分の生まれた日の月を知ることができた。

私の生まれた日の「月」は、

新月に向かう三日月

だった。

それは、このことを教えていただいた彼女とまさかの同じ月だった。

ご縁だなぁと思う。



生まれた日の月を知ったからと言って、どうということも無いのだが、さらに、三日月が好きになった。

そして、新月に向かうほうの三日月というのも、なんだか気に入っている。


太陽は毎日、東から昇り、西に沈む。

その形はいつも自信にあふれるようにまるく輝いてる。


月は毎日、その形を変える。

そして、新月から満月への再生を繰り返す。


どちらもそれを見る人間が勝手に意味づけしているのだけれど、美しさは意味を超えて、胸に届く。



美しいものを見たいと思う。

もちろんいろいろあるけれど、

そうだからこそ、美しいものをできるだけ見るようにしたい。


すべての月は、美しいのだけれど。。。