ヨガのある暮らし ーCalm Oneself Yoga-

Calm Oneself              自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。         自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。             そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。

  1. キエフのはなし
  2. tb: 0
  3. cm: 3
  4. [ edit ]

キエフ・おまけ

DSC00235.jpg

ホームスティでお世話になった、
ヴァレンティーナさんと記念の1枚。。。

毎日、このキッチンで朝食をいただきました。

朝早くから、毎日違うメニューで盛りだくさん!

しょうがの酢漬けが出ましたが、
回る寿司ではない、ちゃんとしたお寿司屋さんと全く同じガリでした。
そのことにびっくり!

スープ類は私が普段つくる味、日本の洋食の味にとても近い味付けでした。
もちろんそれより数段おいしく、食事がおいしいと本当に幸せです。

ご飯はないのですが、スープやロールキャベツにお米が入っています。

酢漬け、ピクルスが豊富で、毎回いただきました。

お肉はチキンが多かったです。

飲み物は、必ず紅茶です。
私は紅茶が大好きなので、嬉しかったです♪
紅茶と共に、必ず甘いものも・・・
マフィン、クッキー、チョコ、などなど。。。

普段はもっと質素なのに違いありません。
ホームスティ先でも、ゼムリャキでも、歓迎のごちそうを用意して下さったのだと思います。

本当にありがとうございました。
心から感謝しています。

キエフでは、教えてもらうことばかりでした。
なんか嬉しすぎて、最後に今まで封印していた自分の写真まで公開してしまい、ちょっと調子に乗り過ぎ?やめといたほうが良かったのでは?


キエフの経験を生かして、
これからもずっとヨガを続けていきたいと思っています。

これから出会うすべての人に、
少しでもヨガを通して、穏やかな心・自分を肯定して生きていくこと・ベクトルをいつも自分の内側に向けること、そんなことを伝えられたらと思うのです。。。

合掌




スポンサーサイト

  1. キエフのはなし
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

キエフ・ロシア語

(まずはここから!)やさしいロシア語カタコト会話帳(まずはここから!)やさしいロシア語カタコト会話帳
(2006/10/05)
阿部 昇吉

商品詳細を見る


言葉というのは、便利で不便・・・

キエフはロシア語でも大丈夫ですが、本来は、ウクライナ語。
ウクライナの誇りを感じます。

伝えたいことがいっぱいあっても、キエフでは、そのことが叶わない。。。
あぁ~、何とかならないものか・・・

私の購入したロシア語の本

いつも持ち歩いていたのですが、この本が大好評!!!

誰にかというと、ゼムリャキのお世話になった方々に。

見開きのページに、左に日本語、右にロシア語
見やすく、大きな文字。
日本人、キエフの方、どちらにも役に立つ優れモノでした。

私が普段使った言葉は、おもに次の4つの言葉のみ・・・

スパシーバ    ありがとう・嬉しい・おいしい・良かったなどなどいろいろ使用可能

ハラショー    わかりました・了解です・そうですね・などなどいろいろ使用可能

ダァ       はい・それです・そのとおり・などなどいろいろ使用可能

ニェ       いいえ・ちがいます・ダメなどなどいろいろ使用可能

日本語をとても勉強されている方がいて、片言で話されたり、この本ですぐに勉強されたり、その熱意に感動しました。

私が最後の日に、この本をプレゼントするというと、物凄く喜ばれ、キス攻めにあいました!

やっぱり難しい本より、読みやすい簡単な本に限ります♪

難しいことを優しく伝えるということが本当に大切です。


言葉の壁はありますが、それを超えて伝わることもあります。

誠意・熱意・気持ち・やさしさ

ヨガを通して、そんなことも教えられました。。。





  1. キエフのはなし
  2. tb: 0
  3. cm: 4
  4. [ edit ]

キエフ・カフェとマーケット

DSC00116.jpg

カジュアルなカフェの様子。

なんだかおしゃれ・・・

DSC00117.jpg

お店の壁は、こんな感じで、とてもかわいい!!
カフェは大好きです。

買い物の後で、ほっと一息。

好きな本を読んだり・・・

そんな時間は、大切ですね。

DSC00118.jpg

マーケットの棚。

食材が本当に豊富でした。

丸ごとの鶏肉や、豚の脂身の塊など、日本のスーパーでは観ることが出来ない食材だらけ。。。

野菜や果物も豊富で、魚介類もたくさんありました。
写真撮影がだめだったので、OKというジュースの棚の写真だけで残念です。

酢漬け、ピクルスが毎日食卓に並びます。
キュウリのピクルスが本当においしかったので、おまけにとても安いし、買いたかったけど、ガラス瓶、でかい!とても持って帰れないので、残念ながらあきらめました。

もちろん、いくら、キャビアもありますが、こちらはやはり高級食品。日本よりはもちろん安いですが・・・

自分がキエフの街にいる。

とても不思議な気持ちになりました。


  1. キエフのはなし
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

キエフ・出会った猫

DSC00221.jpg

キエフの中心部にアンドレイ坂があります。

蚤の市というか、土産物を売る露店が長い坂道に、ずっと続いています。

そこで、猫を発見!

我が家のみぃーにそっくりです。。。DSC00220.jpg

後ろ姿も、思わず立ち止まって観てしまいます。

DSC00222.jpg

毛並みの立派な猫も・・・

こんな風に、たくさんお店が並んでいます。

アートなもの、油絵が本当にたくさん並んでいました。

荷物になるので買えませんでしたが、素敵な絵が心に残っています。

部屋に絵を飾る。

素敵なことですね♪



  1. キエフのはなし
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

キエフ・小児科病院でのヨーガ療法

DSC00238.jpg

病院での、喘息の子供たちへのヨーガ療法です。

古市先生が1時間、担当されました。

とても丁寧な指導で、子供達も集中して、頑張っていました。

私も、古市先生の指導を拝見し、とても勉強になりました。

今後のヨーガ指導に、取り入れていきたいと思います。

DSC00241.jpg

ヨーガが終わった後の1枚の写真です。

私の長男も、4歳の時、小児ぜんそくと診断されました。

一番軽症ということでしたが、夜中せき込み、寝られず、座ったままの長男。
一晩中背中をさすっても、本当に苦しそうで、観ているだけで、つらかったことを思い出します。
アレルギー性鼻炎からでした。次男が生まれたことなど、長男なりにストレスだったのかもしれません。

小学校までは、少し症状が残りましたが、その後はなくなり、今は全く症状はありません。

子どもたちを見ていて、喘息に負けずに頑張ってほしいと、心の中で願いました。

ヨーガ療法が、統合医療として世界中に、しっかりと取り入れられればいいなあと思うのです。





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>

プロフィール

Junko

Author:Junko
聖名 ADAMYAPRIYA DEVI
  (アダムヤプリヤ デヴィ)

西澤 潤子

Calm Oneself Yoga主宰

インド中央政府認定ヨーガインストラクター
インド中央政府認定ヨーガセラピスト

日本ヨーガ療法学会会員
日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会京都支部幹事長

認定 メンタル心理カウンセラー

獅子座 A型
京都市出身
京都府城陽市在住

コンセプト

毎日を、気持ちよく暮らす

毎日を、ていねいに暮らす

毎日を、おだやかに暮らす

 

そのために、

ゆったりとした深い呼吸

体のすみずみまで、意識を向ける

 

ヨガを続けると、毎日の暮らしが変わります。

 

ヨガを続けるコツは

自分のペースで無理なく、

他の人と比べることもなく、

ポーズにはこだわらない。

 

「こころ」と「からだ」

どちらも、大切・・・