ヨガのある暮らし ーCalm Oneself Yoga-

Calm Oneself              自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。         自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。             そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。

  1. 仏教とヨガ
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

道元「禅」の言葉

道元「禅」の言葉―ゆっくり読む、ゆっくり生きる (知的生きかた文庫)道元「禅」の言葉―ゆっくり読む、ゆっくり生きる (知的生きかた文庫)
(2008/11/20)
境野 勝悟

商品詳細を見る


境野勝悟さんの著書です。

第1章 「本当に大事なもの」に気づく30話
第2章 「悩み」から自由になる30話
第3章  自分の中から自身が生まれる20話
第4章 「生き方」を考える20話 の4章、100のお話です。

どの章も読んでみたいと思うものですし、
私がヨガをすることにより、体得したいと考えていることです。

読み進めると、ヨガも仏教も考え方は同じだなあと感じます。
その中で、特にヨガが大事にしている呼吸についてのお話を紹介します。

ー仏祖の鼻孔をかりて出気せしむ<身心学道>

 金がなくては、生きていけない。だれもが、そう思い込んでいる。たしかに、金がなくては、どうしたって生きていけないのは、事実だ。
 道元は、人が生きているためには、まず、自分の鼻から出入りしている呼吸がもっとも必要であることを、静かにしみじみと考えなさい、と、いう。と、あります。

あなたの鼻は、自分でつくったものか。という問いかけもされています。

自然の空気のありがたさ、鼻で呼吸ができるということ。
普段は、当たり前すぎて、考えたことさえありません。

けれども、

そんな当たり前に思える、実は宇宙の生命の不思議に気づくことから、
呼吸もヨガも始まります。

ゆっくりと呼吸をすると、心が落ち着きます。
そのことが、自分の力ではないということ、とてもありがたいことだと教えられました。




スポンサーサイト

  1. お気に入り
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

薔薇の香り

ポールスミス ローズ オードパルファム 30mlポールスミス ローズ オードパルファム 30ml
()
ポールスミス

商品詳細を見る

今日は本当に気持ちのいい1日でした。

花々が咲き誇る季節になりました。
花はどれも本当にきれいですが、何といっても薔薇の気品に圧倒されます。
お花屋さんには、1年中、いつも薔薇の花はありますが、ローズガーデンに行きたいなあと思います。
今年こそ、ガーデンミュージアム比叡のローズガーデンに行きたいと思います。
6月がその季節です。

薔薇の花は、香りも素晴らしいです。
香水も大好きですが、ラスト・ノートにムスク系(満員電車などでムッと感じる匂いです)が、入っていることが多く、なかなか気に入ったものが見つからずに、失敗を繰り返していました。

今、使っているのは、ポールスミスローズです。
ムッとすることがなく、さわやかなバラの香りです。
ハウスオブローゼのラ・ローゼもさわやかです。

どちらにしても、つけすぎには、要注意です。自分ではわからないことがあるので困りものです。

嗅覚は、脳に直結してるので、香りによって一瞬にして、いろんなことがよみがえることがあります。
香りは、本当に大切です。
自分の好きな香りに包まれると、心が落ち着きます。

きれいな女性というのは、もちろん素敵ですが、
いい香りのする女性というのが、もっと素敵に思います。
しかも、何も香水をつけていないのに・・・

そんな女の人、いますか?
そんな女の人になれることってあるんでしょうか・・・

とりあえず、今夜はローズキャンドル灯してみました。

  1. 日々、思うこと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

その人の何を見るか?

亡き母の言葉に、

「出会う人を見るとき、何を話さはるかとちごて、
  何をしはるか、したはるかを見な、アカンえ。」

という忘れられない言葉があります。

この京都弁を、わかりやすく言うと、

「出会う人を見るときは、その人の話す内容より、
  その人の行動、行為を観ろ」  ということです。

このことは、全くその通りです。
政治家を見れば、よくわかります。
詐欺商法もまた、然りです。

人間は、弱いので、やさしい言葉や、自分にとって都合のいいことを言う人を
いい人だと思いがちです。

言葉は、荒っぽくても、無愛想でも、大事な時に逃げずに行動する人もいます。

何度も、口で謝らなくても、次回から同じ過ちを繰り返さないほうが大切です。
感謝の言葉も、心がこもっていることが大切です。

けれども、自分の心が弱っている時は、ついついやさしい言葉に安心します。
そこに、つけこむビジネスは本当に最低です。

話すということや、言葉に意味がないことはありません。
黙っていてもわかるというのは、至難の業です。
話せばわかるといいますが、話しても平行線の場合もあります。

言葉より、行動のほうがより、本当のことがみえるとは思います。
けれども、
言葉は伝えたり、考えたりするのに、絶対必要なものです。

どうするのが一番いいのか?

自分の心の真ん中に、嘘をつかず、
相手の心の真ん中をじっと見つめてみる。

見間違ったとしたら、自分も、同じレベルだったということだと思います。

全てのことは、自分の中にある。
この世の中で自分に起こることは、全て自分の責任で、自分の何かを教えてくれている。

生きることは、なかなか大変です。

今日もまた、静かに目を閉じて、座ってみます。
自分の心の真ん中を観るために・・・
出会う人を見間違えないように・・・


  1. お気に入り
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

フリ*スカ

フリ*スカ

ヨガの教室に来てくださってる方のお店の名前です。
羊毛を中心に天然繊維を取り揃えた材料のお店です。

お店の名前の由来を教えてもらいました。

「小さいひつじフリスカ」という絵本から。ということでした。

草を食んで毛を与えてくれる羊を、こよなく愛おしいと感じてられるのがわかります。

ご本人は、ほっそりとされてるのに、包み込むような優しさを感じる方です。

羊毛の、ふわふわとしたやさしい気持ちよさと同じ感じ・・・


何かを作り出すという作業は、素敵だなあと思います。

私は、手作りは食事くらいしかできませんが、
手作りをされている方々が、ヨガをすることによって、
物を作り出すときに、穏やかで、ニュートラルな気持ちでいられるお手伝いができればいいなあと思います。

「フリ*スカ」暮らしの手作り

ブログを書いてられるので、リンクしてます。
一度、のぞいてみてください。
かわいらしいお店、そして
手作りの持つ優しさがわかります・・・

  1. 仏教とヨガ
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

仏教とヨガ

この春から、「みんなの仏教塾」が、京都で始まりました。
講師は、勝本華蓮さんです。
尼僧で、インド仏教学、パーリ学の専門家で、博士(文学)です。

私にとっては、奇跡的な嬉しい出会いです。
出会いとは本当に不思議でありがたいものです。
昔からの友人のように、親しくなりました。

5月23日の第2回「みんなの仏教塾」に参加しました。
仏教のお釈迦様以前のお話として、ウパニシャッドがでてきました。
ヨガの講義でも、何度もでてきます。

哲学的思考の、梵我一如です。
梵:ブラフマン 世界の根本原理、絶対的真理
我:アートマン 個人の本体、個の中心

ヨガを極めると、個人である自分が自他の区別がなくなり、実は絶対的真理と同じであるとわかる。
大宇宙があり、個人である自分は小宇宙で、同じだと理解していました。
そして、それは仏教も同じだと思っていたのですが、
仏教では、我(アートマン)である不変の本体は無いということです。
なんとも、難しいですね・・・

お釈迦様は、さとりの境地そのものは説かれていないそうです。
絶対なるもの(梵)との合一に近い体験のことだったのでは?
そのことは、わかる気がします。
もちろん、悟りも、解脱もわかりませんが。

自分の中には、何もない。まさしく「空」です。
ヨガの考えの自分とブラフマンを結びつけるというのとは、違うのでしょうか?

なんだか、わかったようなわからないような・・・
ようく自分で考えなさいということでしょうか。たぶん、一生。

幸福感とは、満足しているという気持ちと、
不安感がないということではないかと思います。

宗教、仏教、ヨガも、そのことを教えてくれているのではないかと思います。

今のままで、自分は充分だという満足の気持ちを、
そして、
何が起きても、絶対的なものが見守り、安心して受け入れ、
怖がることはないということを。

満足も不安も自分の心からと考えると、やはり、
自分の心を客観的に見つめるしかないと思います。

勝本華蓮さんの「みんなの仏教塾」ブログをリンクしています。

次回は、6月26日(土)10:00~12:00 京都ひと・まち交流館です。
ぜひまた、参加したいと思っています。

  1. 日々、思うこと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

感じるということ

頭で考えることと、心で感じること。

どちらが大切か?

誰に教えられたわけではなくても、きれいなものを見ると、
誰しもが、あぁ、きれいだなあと思います。

空、海、星、月、花、森、雪、
日の出、夕焼け、他にもいっぱい・・・

このことは、頭で考えたわけではありません。

毎日、頭で考えて、自分の行動を決めています。
こうしようと決めたことが、自分の心に訊いてみても、
やりたい場合は、問題はありません。
心の真ん中あたりでは、やりたくない、あるいはやらないほうがいいと感じるとき。

逆に、頭で考えて、やめようと決めたことが、
心に訊いてみると、やりたい、あるいはやったほうがいいと感じるとき。

どちらの考えが、自分にとって正しいのか?

おそらく、心に訊いて感じたほうではないかと思います。

けれども、日常生活では、心に訊いてみることすら、忘れられ、
自分の行動からストレスが体と心にかかっていることにも気づきません。

きれいなものを、きれいと感じる心、
間違っていることを、間違っていると感じる心を侮れません。

現代の日常生活は、スピードが速すぎて、
自分の心に訊いてみる余裕がないのかもしれません。

穏やかな心になろうと思えば、スピードを落としてみるしかありません。

1日の中で、ほんの少しの時間でもいいから、
一人になって、何も考えない時間を持ちたいです。
あるいは、自分の心の真ん中を観る時間を・・・

それが、瞑想といえるかもしれません。

難しいことは、わかりませんが、
心の真ん中は、おそらく間違いません。

きれいなものを、きれいだと心が教えてくれるからです。


  1. 音楽のはなし
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

幸せな日

今日は、晴れ!
真夏のような暑い日。

こんな日は、冷たくておいしくて、体にいいものを食べたいです。

そんな欲張りな願いにぴったりな食べ物がありました。
トラットリァ・ラ・パーチェの
「トマトの泡の冷製パスタ」です。

今日のランチにいただきました。
不思議なトマトの泡・・・確かに、トマトの味がします。
きりりと冷たくて、初めての味。
冷たいパスタは、いまいちと今まで思っていましたが、
このパスタは、格別です。本当においしかったです。

おいしいモノを食べると、本当に幸せです・・・
しかも、野菜もたっぷりで体にも幸せそうです。

限定10食なので、早く行かないと。

京都大丸の近く、堺町を上がって、錦を超えて、少し行って、右側です。

そして、今日は大変お勧めのCDアルバムも見つけました。

おいしい食事と、気持ちのいい音楽との組み合わせ

これはもう、最強です。

「One day」cafe lounge

  Disc-1 bossa morning
  Disc-2 jazzy evening
 Disc-3 acoustic afternoon(bonus disc)

3枚組で、1980円!!
あまりにも、お得です。選曲もおしゃれで聴きやすく気に入りました。

今日は、とっても幸せな日です。

いつも、幸せなのですが、
たまには、ひとりで優雅にランチ、そして、ゆっくり好きな音楽を探す。

些細なことだけど、そんなことがあった日は、
素直に家族に、すべてのことに、感謝の気持ちがわいてきます。

人間って、幸せなことがあると、自然に、ゆっくり呼吸しています。

嫌なことや緊張してると、息を止めています。

体は正直だなあと思います。

毎日、深い幸せな呼吸をしたいですね。


One Day presented by cafe loungeOne Day presented by cafe lounge
(2010/04/21)
オムニバスゾーン

商品詳細を見る


  1. 本のはなし
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ハッピーライフ

ハッピーライフハッピーライフ
(2000/09)
廣瀬 裕子

商品詳細を見る
ハッピーライフ。

前回の「幸福とは何か?」と、ほぼ同じ意味なのに、
ハッピーライフと書くと、なんだか軽やかで、うきうきした感じがします。
言葉の持つ力は、本当にすごいです!!

「ハッピーライフ」とは、私の大好きな作家廣瀬裕子さんの著書です。

廣瀬裕子さんは、たくさんの著書があります。

私は、<ヨガのある暮らし>として、穏やかで、心地よい暮らしができたらと、
いつも思っています。

廣瀬裕子さんの著書は、すべてにー気持ちよく、過ごすーというコンセプトが見られます。

どの本も、内容はもちろん、デザイン、写真も綺麗です。
読んでいると、気持ちよい暮らしが見えてくるだけでなく、
やさしい気持ちになってきます。

ハッピーライフのこつとして、

できることをする。
工夫する。
気持ちをしっかりもつ。
大事にすることは大事にする。
やりすごすことはやりすごす。
がんばるときはがんばる。
休むときは休む。人とくらべない。

と、最初の部分にあります。

いつも、私もそう思って暮らしています。

この本の初版は、2000年で10年前です。
10年間、何回も読んでいます。

2001年には、「ハッピーエブリディ」が発行されています。
この本も、好きです。
というか、全冊、本棚にあります。

新刊で、「もう一度、深呼吸」があります。
ヨガと一緒ですね・・・

一番好きなのは、やっぱり「ハッピーライフ」

毎日は、繰り返し。
特別なことばかりに目を向けるのではなく、
毎日の中で、できることをする。
どうせするなら、気持ちよく。

どんなふうに暮らすかが、どんなふうに生きるかということにつながっているなあと思います。


  1. 日々、思うこと
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

幸福とは何か?

幸福とは何か?
アリストテレス以来の哲学的命題です。
ヨガでも考える課題として何度も出てきます。

京都大学医学部教授の本庶 佑氏が「いのちとは何か」という著書で

  幸福と感じることについて、根本に快感があり、快感とは欲望を満たすことであり、欲望の大きなものは食欲、性欲、権力欲(競争欲)といったものである。
  生物学的に、これらの欲望は、ヒトが生きるために、ヒトに快感をもたらす要因は、生きながらえるために必要だからである。

という部分があります。本当にそのとおりです。

幸福とは何か?と考えるとき、同時に、生きるとは何か?と、考えます。

哲学的ヨーガのギヤーナ・ヨーガで、幸福とは、自分の外側にあるのではなく、内側にあると教えられます。
物の豊かさ、感覚の満足の中にはないということです。

それでは、内側とは何か?
心なのか?魂なのか?
それでは,
心とは何か?魂とは何か?

どんどん考えると、どこまでも果てしなく考えることになり、なんだか頭がぱんぱんに膨れ上がったように感じます。

そもそも、生きるとは幸福でないといけないのかという疑問にぶち当たります。

先天的、後天的に障害のあるヒト、あるいは、病気と闘っているヒト。
災害、事故に遭遇したヒト、など、他にもいろいろ、客観的に幸福とはいえないかもしれない人生。

けれども、毎日を精一杯生きる。そして、そのヒトたちの生き方に、胸が詰まったり、熱くなったり、頑張って生きていこうと教えられたりするのはなぜか?

確かに、幸福とは、自分の内側にあるとしたら、幸福を客観的に判断するということが間違っているのかもしれません。他人とは比べないということが、本当に大切だということがわかります。

この世の中に、100パーセント確実ということはないのですが、唯一、誰しも、生まれたら死ぬということだけは確実です。

生きるということは、死ぬときまで、生きるということです。それは、いつなのか自殺でない限り、自分のことでもわかりません。死ぬ時が来るから、生きられる。もし、いつまでも死なないとしたら、恐ろしくて生きてられません。
これは、早く死にたいとか、どうせ死ぬんだからとかとは、全く違います。むしろ、逆で、死ぬからこそ、その時まで精一杯生きるということです。

そう、考えると、幸福とは、生きているということではないかと思うのです。

そうなると、今生きているヒトは、それだけで幸福ということになります。

誰か教えてください。とは、絶対言ってはいけません。

自分で考えるということが、何より大切なことのように思います。

  1. 音楽のはなし
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

休日に音楽を

今日は、京都は葵祭です。
建仁寺では、ヨガスマイルも開催されています。
15日なので、智恩寺では、手作り市もされてるのかも・・・

晴天に恵まれ、京都市内はすごい人だろうと思います。
ヨガスマイルに参加しようかと思いながら、家でゆっくりしています。

そんな時は、好きな音楽を聴いて過ごすのが一番です。

昼間は、ボサノヴァで・・・

本格的なものも、いいですが、最近はJーPOPをカバーしたカフェで流れてるボサノヴァのアルバムがたくさんあります。
「Essence of」のシリーズは有名ですね。全シリーズ、買ってしまいました。
 Soul Bossa Trioも、大好きですし、naomi&goroもお勧めです。
 Afternoon Teaからも、AFTERNOON TEA MUSIC として、素敵なアルバムが販売されていて、これもまた、
買ってしまっています・・・


夕方からは、JAZZですね。
JAZZといえば、私はBill Evansですが、noonのやさしい声のヴォーカルや、
かわいくて、おしゃれな土岐麻子さんも、お勧めです。
フリューゲルフォーンのTOKUのアルバムも大好きです。

JAZZといえば、もうひとつ、
澤野工房を忘れてはいけません。
大阪の新世界で、履物やでありながら、世界のJAZZのアルバムを独自に展開されている、素晴らしいレーベルです。
ジャケットも紙仕様で、どれも素敵です。インターネットでも買えますが、四条十字屋JAZZコーナーにたくさんあるので、実際に見るのが楽しいです。

少し上質なケーキを買って、お茶を入れて、好きな音楽を聴く時間・・・
なんとも幸せで、ぜいたくな時間・・・

家にいることが、出かけるより楽しくなるかも知れません。

そのためには、まず、部屋を片付けて、きれいに掃除して、居心地のいい空間にしなければだめですね。

洗濯や、お台所の洗い物を済ませると、本当に心がすっきりします。
部屋も片付いていると、嬉しくなります。

毎日の暮らしは、そんなことの繰り返し

生きているということも、毎日の繰り返し

地味なことのように思えるけれど、そんな繰り返しを大切にすることが
心を穏やかにすると思います。

  誰に自慢するわけでもなく、見せるのでもない、自分自身の暮らし

  ヨガのように、自分に目を向けたら、気持ちよく毎日を過ごせそうです。


AFTERNOON TEA MUSIC FOR RELAXATION my sweet humming time.AFTERNOON TEA MUSIC FOR RELAXATION my sweet humming time.
(2006/08/09)
オムニバストリステレオ

商品詳細を見る



AFTERNOON TEA MUSIC FOR HAPPINESSAFTERNOON TEA MUSIC FOR HAPPINESS
(2006/05/10)
オムニバスA.S.P

商品詳細を見る


  1. シンプルライフ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

テレビを消して・・・

記念すべき、第1回目のタイトルは「断捨離」とヨガでした。

「断捨離」とは、「不要・不適・不快」なモノを断ち、捨て、離れること、
その過程の中で「モノと自分との関係を問い直すこと」。

ということだそうです。

このモノには、溢れかえる情報、音も含まれると思いました。

昨日、私は、あんまりテレビを見ないと書きました。

たくさんの人が、テレビを見るのをやめたらいいのではないかと思いました。

1週間に1日だけでも、食事のときだけでも・・・

ニュースも気がめいることばかりで、朝からあるいは、夜寝る前にそんなことを
知る必要があるのか?
バラエティ番組、ワイドショー、クイズ番組、見てて本当に楽しいのか?
だらだら話しているだけ、おバカというキャラで出演できたり、おかしくないのか?

介護や医療、不況でも、なんとか頑張って働いている人の報酬と、テレビの出演者の報酬を考えると
情けない思いがします。

お笑いや漫才は、笑えるからいいかもしれません。
(私は、中川家が、大好きですが・・・)

意外に、テレビを見なくても、平気なものです。
無理や強制はよくないですし、たとえ家族でも自分以外の人を変えることはできません。
変われるのは、自分だけ。そこが、ちょっと難しい・・・

テレビをつけないで過ごすと、ゆったりします。
何も音がないのも、たまにはいいですが、好きな音楽を聴くのもいいです。

この間は、小林万里子という過激なミュージシャンを紹介しましたが、
普段の暮らしでは、だいたい、ボサノヴァか、JAZZを聴いています。

今日、買って聴いていたのは、「Couleur Cafe Brazil」です。
聴きながら、アイロンかけをして、いい感じでした・・・

目に見えるものの断捨離は、もちろん大切で、暮らしが見違えるようにスッキリしますが、
目に見えないモノの断捨離は、心がすっきりするのではないでしょうか?


私は、断捨離クラターコンサルタントのやましたひでこさんとは、全く何の関係もありません。
勝手に、「断捨離」という言葉を何度も使ってしまいました。
申し訳ありません。
それにしても、頭に残るネーミングですね!!

テレビを消して、1日のうち、ほんの少しの時間でも自分を見つめる時間を持ちたいものです。

瞑想というと、難しいですが、何もしないで、ただ目を閉じて座る・・・


  ーそんな時間があると、心が穏やかになれますー

  1. 音楽のはなし
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

山下久美子の「いっぱいキスしよう」

私は、あんまりテレビは見ません。

家事の時は、だいたいFMラジオを聞いています。

今日、山下久美子の「いっぱいキスしよう」が
流れてきました。

山下久美子と言えば、もっと有名な曲がありますが、
私はこの曲が一番好きです。


布袋さんの、独特のきれいなやさしいメロディも素敵ですが、
何といっても、歌詞が凄い!!


歌いだしの

「あなたとねぇ こうしてると
      わたしにしか 出来ないことが
        ねぇ なにかあるはずって思えてくる」


そして、2番の歌詞

「抱きしめるたびに あなたを
         自由にね  してあげられたら」


好きな人に、自分の気持ちを押し付けることもなく
束縛したり、嫉妬の心もありません。

この2番の歌詞のフレーズは、初めて聞いた時
うぅーん と心で唸りました。


実は、この歌詞は深いです・・・

赤根 彰子著 「こころのヨーガ」の1節に、こう記されています。

  インドの思想家、スワミ・ヴィヴェーカーナンダは、
  「愛の叡智」という書物の中で、愛について語っています。


    愛は1個の三角形にたとえられる。

    三角形の第一の角は「愛は取引を知らない」

          第二の角は「愛は恐れを知らない」

          第三の角は「愛は競争者を知らない」

愛していることは、相手の幸せを考え、そこに、自己中心的な束縛はありません。
相手に執着していると、相手の自由を許さず、
相手が自分のために存在することを要求し、干渉し束縛します。
それは愛ではなく、自己愛であり執着です。



まさに、この歌詞のとおりです・・・


  作詞家  康 珍化

あなたは、素晴らしい!  間違いなく、ヨガ人です。

    今日、確信しました。


  1. 日々、思うこと
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

母の日に思うこと

私の母は、平成19年10月19日に、がんで亡くなりました。
73歳でした。

がんの告知を受けてから、2年半の命でした。

腎臓がんの告知で、すぐに、手術を勧められました。
権威のある大学病院のトップの部長医師の判断です。

母には、自覚症状がなく、私は手術に反対しました。
母もそのつもりでしたが、転移がないので、手術で完治するとの医師の言葉で手術を選びました。

がんは、免疫力が落ちているからこそ発症するので、手術でなお、体力も免疫力も落ちるので、私は最後まで反対でしたが、本人の気持ちが一番大切です。

手術をせずに、自分の体にがんがあるということと、闘いながら生きるのも大変な精神力だし、あの時、手術をしていたら・・・と後悔するのも、耐えがたいことです。

手術をして、良かったとは思います。

けれども、残念ながら、再発して、また、手術をすることになりました。2回目の手術で一つしかない副腎に転移も見つかりました。

ありがたいことに、腎臓がんに抗がん剤の治療はありませんでした。

副腎のがんが大きくなれば、すぐに命にかかわります。いきなり、破裂もあるそうです。
母には、さすがに言えません。

免疫力を高めるインターフェロンの注射は副作用が強く、とても続けられませんでした。
代替医療のフコイダンも頑張って、飲んでくれましたが、効果があったかどうかわかりません。

体がだるく、体力も無くなり、ホスピスに入院することにしました。
母にとって、自分の死と向き合う、辛い選択です。

京都の北にある薬師山病院というホスピスは、体と心のケアが充実した、
素晴らしい病院でした。

死に向かっていた最後の3か月でしたが、静かできれいで、リゾートホテルのように思えました。

母は、心身ともに、落ち着いていたように思います。

母は、常に自分のことではなく、家族、周りの人達のことばかり、考えて生きていました。
もっと、自分のために、時間とお金を使えばいいのに、いつも後回しです。

そのことは、死ぬその時まで、貫かれました。

お見舞いに行って、ほとんど寝ている母。しかも、顔色が少し茶色というか、おかしいのです。

私は、看護士長に、今晩泊まりたいと申し出ました。

すると、

「いつか、娘が私の容態を心配して泊まりたいと言ったら、帰るように伝えてください。娘には自分の家族があるのだから、泊まらなくてもいいよ。病院だから、何の心配もいらない。」

看護士長は、母から、そう伝えるように頼まれている。と、言われました。

こんな、素晴らしいお母さまは、めったにおられないのだから、その意思を大切にして、帰られたらいいのですよ。

私は、迷いましたが、母の言葉に、感謝し、その意思を尊重し、帰りました。

その明け方、呼吸の状態が悪く、危険だと連絡がありました。
すぐに、病院に駆けつけましたが、間に合いませんでした。

今も、これでよかったのか、わかりません。


母は、ヨガはしたことはありません。

けれども、

ラージャ・ヨーガ(心理的ヨーガ)、カルマ・ヨーガ(行為のヨーガ)を、会得していたと思います。
人間として、すでに、わっかていました。

私は、長くヨーガをしていますが、母とは比べ物になりません。

そんな母から生まれ、そんな母に育てられたということを誇りに思い、
これからの人生を生きていきたいと思うのです。

少しでも、母に近づけたら、本当に嬉しいです。

それまで、こころのヨーガを忘れず、生きていかないと・・・

そう、思います。


  1. ヨガの本
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

こころのヨーガ

私は本屋さんが大好きで、出かけると必ずどこかの本屋さんに立ち寄ります。
そして、
ヨガのコーナーを一応、見ます。

たくさんの本があります。大体は、きれいな装飾でポーズが載っています。
あるいは、
難しいヨーガスートラや根本教典などが、哲学、宗教コーナーにあります。

私の一番のお勧めの本は、そのどちらでもありません。

赤根彰子先生著 「こころのヨーガ」です。

先生が、「はじめに」の部分で書かれていますが、
ヨーガのポーズの実践方法は何も載っていません。
どんな人にもあてはまる「心をどうしましょうか?」という内容です。

4章84項目を読み進めていくと、
先生の書かれているとおり、

心の扉があいて、スッテプを昇るようにだんだん視界が開け、心が解放されていきます。

このことは、言うのは簡単ですが、とても難しいことです。


心のヨーガである、ラージャヨーガの難しい本は、たくさんあります。
最初、何ページかで、とても読み進めることは、困難になります。

ところが、

この「こころのヨーガ」という本は、ものすごく難しい本に書かれている内容を
誰もが、すっと胸に落とすことができるように、書かれています。

初めて読んだとき、ヨガの難しい講座で習ったことは、このことだったのかと納得しました。

こんなにわかりやすく、日常の生活にあてはめて書かれた先生に、いつかお会いしたいと思います。
きっと、物凄く頭がよく、やさしい人に違いありません。

もう、何度も何度も、読んでいます。
読むたびに、また、気づくことがあります。

「はじめに」の最後に

ヨーガ的に生きることとは、シンプルで何も必要なものはないと気づかされることです。
宝石を身につけなくても自分の中で本当の自分が宝石のように輝いていると。
そして誰もがすでにそのままで、自由で幸せで平和であると気づくこと、
それが、「こころのヨーガ」です。

と、あります。

本当にそうだなあと思います。
ヨガに出会って長い月日が経ちましたが、
なかなか、自分が宝石のように輝いていると、自分の軸をぶれずに思えるのは
難しいことです。

何とか、生きてる間に、そんな境地にたどり着き、
そして、
静かに死を受け入れられたら・・・
と、思っています。

ぜひ、イラストも素敵ですので、読んでみてください。

こころのヨーガこころのヨーガ
(2008/10)
赤根 彰子

商品詳細を見る

テーマ : 心の持ち方    ジャンル : 心と身体

  1. 音楽のはなし
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

小林万里子  万歳!!

アイドルキャラの小林万里子さんでは、ありません。
強烈キャラのブルースシンガーソングライター
小林万里子さんのことです。

「朝起きたら、
   男の態度が変わってた~」

このフレーズ、聞いたことないですか?

私より、かなり(?)年上の彼女、ずっと前に何度も聞いたことがある!!

ラジオからだったのか?
一度聴いたら、もう耳から離れないフレーズ・・・

そのファーストアルバムが、今にして復活!
発売されています。

何回聞いても、死ぬかと思うほど、笑えます。

不細工でイタイ女として、わざと歌い上げておられます。

けれども、彼女の経歴をみると、お嬢様育ち、頭も相当に賢い人です。

アルバムの中で、私の絶対おすすめナンバーは、

  「朝、起きたら・・・」は、当たり前ですが

  「いっぺん私も」

  「すんまへんのブルース」

もう、素晴らしすぎて、涙がでます。

絶対、ライブに行きたい!と思いました。
そしたら、
先日、4月18日(日)の伏見・菜の花ライブに出演されていました!!

えぇxxxxx

私は、そのライブに行ったのです・・・
トリの小林万里子という名前は確かにみました。

けれども、

フォーク系のキレイめの音楽かなあと勝手に思い、小林万里子だけ、
見ずに帰ったのです。

そういえば、三井ぱんが、ブログに紹介されていました。
三井ぱんが、キレイめを紹介するはずもなく、なんでもっと調べておかなかったのか・・・

悔やんでも悔やんでも悔やみきれません。
(ちょっと、大げさですが・・・)

ライブ情報を見れば、

6月21日(月)京都
        「ウーララ10周年イベント」に
        出演されます。

これに行くしかありません。

今の世の中、不況、辛いこと、悲しいこと、腹の立つこと
いっぱいあると思います。 

けれども、小林万里子のうたを聞けば、
そんなこと、どうでもよくなります。
笑い飛ばせます。

私は、彼女の関係者でも、知り合いでも、何でもないのですが、
ぜひ、彼女のファーストアルバムを買って、聞いてください。

今日は、ヨガとは程遠い人物と音楽の紹介になりましたが、
もしかして、
一周まわって、彼女こそヨガ人かも・・・

それは、人を幸せにできる人だからです。

   凄いぞ!!小林万里子!!
        

テーマ : 女性アーティスト    ジャンル : 音楽

  1. ワークショップ
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

ヨガ&ロバのランチ

京都宇治市宇治橋商店街に、ロバという古民家を改装した素敵なお店があります。
ちょうど1周年を迎えられました。

ほっと落ち着く和の空間で、ヨガのワークショップを企画しました。


日時     6月19日(土)

   ヨガの時間   AM  9:45~11:00(集合9:30でお願いします)

   ランチの時間  AM  11:30~

料金    ヨガのみの受講も可能

   ヨガ       1500円
   
   季節の彩りランチ 1100円
            プラス200円で、ドリンクまたはミニスィーツ付き
            プラス350円で、ドリンクとミニスィーツ付き

場所  ロバ (宇治橋商店街) ←クリックでジャンプします。    


    動きやすい服装でお願いします。

    ヨガマットをお持ちの方は持ってきてください。
    なければ
    バスタオルで大丈夫です。

    もし、忘れても、畳なので心配はいりません。


6月なので、少し汗ばむかもしれませんね・・・

けれども、ロバのお部屋は風の通る、お庭が見えるすがすがしい空間です。
きっと、気持ちのいい時間を過ごせると思います。

そのあとの、ランチ!!
本当においしくて、きれいで心がこもっていて、何もかもが最高です!

素敵な休日になれば、いいなあと思います。



お問い合わせ&お申し込み

    
テーマ : 心と身体    ジャンル : 心と身体

  1. 本のはなし
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ジョンレノンとオノヨーコ  その2

私は、自慢できることなど、あまりありませんが、
自慢など、しないにこしたことはありません。
へたすると、大切な友達をなくすことも・・・
自慢というより、大事な思い出です。

学生時代、金閣寺で、ぴったりと寄り添って歩くジョンレノンとオノヨーコに
逢いました。
人影も少ない金閣寺、正確な年月、なぜ一人で金閣寺に行ったのか?とか、全く覚えていません。
けれども、二人の姿は、はっきり覚えています。
声をかければ、よかったなあと悔やまれます。

二人は、異様なオーラに包まれていました。オノヨーコの存在感は強烈です!!

私は、ジョンレノンは好きだけど、オノヨーコは、ちょっと・・・
あのエラの張り方は、相当気がきついのでは、とか、
あの自信満々な感じは、嫌だなあ、とか、
知りもしないのに、嫌っていました。

ところが、昨年末、書店でオノヨーコの本に出会いました。
その表紙から、どうしても目が離せない。

「今 あなたに知ってもらいたいこと」

いったい何が書いてあるのか?
ページを少しめくって読んでみると、ああ、同じ考えだなあと思いました。
強い女性には違いないけど、強くなければ優しくもなれない。
そう、感じました。

イマジンという歌は、本当に素晴らしい歌だと思います。
世界中で歌い継がれ、世界が少しでも平和になれば、どんなにいいかわかりません・・・

私の一番印象に残ったページは、

「優越感ではなく、誇りを持つ」

人が差別意識を持ったり、他人と比べて優越感に浸るのは、本当につまらないことです。
物事に優劣をつけると、いろいろ心が乱されます。

わかってるけど、実際はなかなか難しい・・・

ヨガの時間を持って、静かに座り、自分をみつめてみる。
まずは、そこから・・・


    オノヨーコさん、素敵な本をありがとう。


41tPxzwiMbL__SL500_AA300_.jpg



NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

Junko

Author:Junko
聖名 ADAMYAPRIYA DEVI
  (アダムヤプリヤ デヴィ)

西澤 潤子

Calm Oneself Yoga主宰

インド中央政府認定ヨーガインストラクター
インド中央政府認定ヨーガセラピスト

日本ヨーガ療法学会会員
日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会京都支部幹事長

認定 メンタル心理カウンセラー

獅子座 A型
京都市出身
京都府城陽市在住

コンセプト

毎日を、気持ちよく暮らす

毎日を、ていねいに暮らす

毎日を、おだやかに暮らす

 

そのために、

ゆったりとした深い呼吸

体のすみずみまで、意識を向ける

 

ヨガを続けると、毎日の暮らしが変わります。

 

ヨガを続けるコツは

自分のペースで無理なく、

他の人と比べることもなく、

ポーズにはこだわらない。

 

「こころ」と「からだ」

どちらも、大切・・・