猫とワタシ

ヨガのある暮らし ーCalm Oneself Yoga-

Calm Oneself  自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。 自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。 そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。

この記事のみを表示する年末大掃除

日々のはなし

汚れ落とし

27日のとんがりやまの教室で、今年のヨガ教室は最後でした。

すべての教室の皆様、本当にありがとうございました。

その夜は、ダーチャで「音宵」

シタールとタブラの心地よい音色。

特別のカレーとチャパティもいただきました。

その様子は良かったら、FaceBook「西澤潤子」を覗いてください。。。


休みに入り、大掃除をしなければと意気込んでみましたが、なかなか思うようには。。。

今年はこんな優れものに出会い、掃除するのがうれしいです。

洗剤なしで効果的に汚れを落とす超アルカリ洗浄剤の未来水。

人にやさしい、地球にやさしい商品です。

原液から希釈した状態まで、いろいろ使えます。

それでまず10倍に希釈してみました。

一番活躍してくれるのは、やっぱりキッチン!!

こんなに体にやさしいのに、油汚れがよく落ちる!

私は意外に家にいるのが好きで、家事も大体好きです。

食器の洗い物が好きで、必ず手洗い。気持ちが落ち着きます。

この未来水は、食器のつけ置き洗いや包丁、まな板、シンクの汚れに合わせて希釈の倍率を変えたり、除菌もできて、うれしい限りです。

我が家には猫がいますが、ペット用品にも安心して使えます。

今日はあと、夜お風呂に入った後、ついでにできる限り汚れ落としに挑戦しようと思っています。

いつでもきれいなのが理想ですが、こうやって一年の区切りがあるのでしっかり掃除もできるんだなあと思っています。

家と心の掃除をして、新しい年を迎えられますように。。。


ウェブザストア ファンサイトファンサイト参加中

スポンサーサイト

この記事のみを表示する新年に向けてのジェルネイル

ジェルネイル

新年ネイル


今年最後、ぎりぎりネイルをしてもらいました!

ネイルの色そのものにパールとラメが混じっていて、キラキラしています。

色は光にあたると白っぽくなるウエディングの時のような輝くピンク。

新年に向けて、上品だけど、華やかな感じ。

ネイルって、どんどん派手になって、盛り過ぎになるそうですが、私はできるだけシンプルできれいな感じをお願いしています。

ラメのラインも今回はゴールドとローズが混じったような新しい色です。

薬指にはラインに沿ってよく見ないとわからないくらいのパールと金の粒。

それにしても、こうやってネイルをしてもらうと、なんでこんなに幸せな気持ちになるのだろう。。。

今年も素敵なネイルを毎回、本当にありがとうございました。

感謝♪

この記事のみを表示するアロマとキャンドルの瞑想

ワークショップ

瞑想

昨夜は、とんがりやまのてっぺんで!で、「アロマとキャンドルの瞑想の会」でした。

ご参加いただいたみなさん、本当にありがとうございました。

キャンドルだけの灯りの中で静かな時間。

そして特別にブレンドされたアロマオイルの香りに包まれる時間。

アロマオイルはアトリエ・マロンさんにお願いしました。

その内容は、マロンさんのブログをどうぞ。

ああ、それなのに、写真を撮り忘れるという間抜けな私です。

マヤ暦の終わりと始まりの日にも偶然重なりました。

何も起こりませんでしたが。。。

私たちはいろんな多すぎる情報につい惑わされそうになりますが、朝日が昇り、夕方日が沈み、月の灯り。
そんな毎日がただ静かに繰り返され、その毎日に身をゆだね、その繰り返される毎日の一日一日を大切に生きる。

そうすることしかできません。
終末だと言って、自分だけ逃げて助かって一体どうするというのでしょうか。。。

ほとんどの方が初めての長い瞑想の体験でした。
いろんな感想をいただいて、それを語り合うこともいい体験でした。

「瞑想」

それはとても難しいことかもしれません。
私が思うことは、「今、ここ」を感じること。
自分の位置を知ること、現在地を知ることで、目的地に向かうことができる。
そんな感じです。

それから、毎日「自分だけの時間」というのはなかなかないけれど、「瞑想の時間」を取ることで、誰からも邪魔されない時間というものを作ることができるのではないかと思います。

そうはいってもなかなか生活の中に取り入れられません。

毎日5分でも自分のために座ると、自分の軸ができるのではないかと思います。

今日の瞑想の会が、そんなきっかけになればうれしいです。

知ることより、考えること。

考えることより、感じること。

そんな風にも思います。

合掌
         

この記事のみを表示する今年最後の「ひとやすみの会」ママのヨガ

子連れでヨガ

ぐりとぐらのおきゃくさま [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集 (1))ぐりとぐらのおきゃくさま [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集 (1))
(1967/06/01)
なかがわ りえこ

商品詳細を見る


今年もあとわずか。。。

それぞれの教室が今年最後の教室で一つの区切りです。

今日は「ひとやすみの会」の子連れで楽しむママのヨガ。

終業式と重なり、参加者がいつもより少なくてゆったり。。。

参加してくれたのは赤ちゃんばかりでかわいい♪

今だからかわいい♪って簡単に言えるけど、初めての子育ての時は必死。。。
泣きたくなることばかり。
お願いだから寝てほしい。
お願いだから泣かないで。

私もいつもそう思っていました。

だから若いママたちの気持ちはよくわかる。
とてもきれいごとではすまされないストレス。

みんな一緒、この時間だけはそんな気持ちも分け合ってせめて少しだけ自分の心と体をリラックス。
そう思って続けてきて4年が過ぎました。早いなあ。。。

ヨガの最後に、今年のいいことだけを思い出し振り返る自分の心を観る瞑想をしました。

そして、みんなで輪になって感想などお互いの思いをシェアする時間の時、一人のママが
「何もいいことを思い出すことができなかったけど、先生が今日、こうやってヨガの教室に参加できたこと、子供を産めたこと、それはとても小さなことだけどとてもとても幸せなことだと話されて、そうだ、私もこうやって、今年ヨガの会を知って参加できたといういいことがあったんだと気づきました。」
と話されました。

子育ては行き止まりのような閉塞感にさいなまれることがありますが、大丈夫!
誰とも比べずに、ただ自分の子供が自分の腕の中にいてくれることに気づけば、
今この時だけを大切にすれば。

今年1年ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。

*明日は「とんがりやま」で「アロマとキャンドルの瞑想」です。
定員20名満員のご予約をいただいて、本当にありがとうございます。
何やらマヤ暦など、いろいろありますが、静かで平和な気持ちになれる瞑想の夜になればと思っています。
明日お会いできるみなさん、どうぞよろしくお願いします。。。

この記事のみを表示する赤ビーツ

未分類

beet.jpg


赤ビーツは日本ではあまり見られませんが、キエフではとてもポピュラーで食事によく出てきます。

先日の祇園四条にあるロシア料理の「キエフ」でもボルシチはビーツたっぷりの赤い綺麗なスープでした。とてもおいしいです。

この商品は、その赤ビーツ98%とレモン2%の飲み物です。
すごい!!

赤ビーツはポリフェノールやカリウム、食物繊維を多く含む野菜とか。。。

そのまま飲むということで、どんなものか飲んでみました。

濃い!

唇に赤い液体がついてしまうくらいです。

味もまた濃厚。

おいしいという感じではないけれど、本物という感じ。

ヨガの助手をしてもらっているH先生にも飲んでもらいました。

やっぱり濃い!!でもおいしいと感じ、体が喜ぶと言ってくれました♪

1本で赤ビーツ2個分とはすごいです。
血圧を下げ、冷えを改善してくれ、むくみ解消も期待できる奇跡のような野菜。

野菜ってやっぱりすごい。

本物の野菜ってなかなか手に入らないかもしれないけど、できるだけ作り手の見える本物の野菜を取りたいなあと思います。

赤ビーツ!
ありがとう!!

タルゴジャポン ファンサイトファンサイト参加中





この記事のみを表示する印度古典音楽LIVE 音宵

音楽のはなし

ナーダ・ヨーガ

先日、12月5日、6日のヨガ教室は、シタールとタブラーの音を聴く「ナーダ・ヨーガ」でした。

都合が合わなくて、参加できなかった方は是非どうぞ!

同じ二人で、「音宵」としてライブをしてもらえることになりました。

高名哲郎:シタール   中尾幸介:タブラー

12月27日(木)

開場   18:30  開演 19:30

入場料  1500円(1ドリンク込)

      中学生以下入場無料

場所   城陽 ダーチャ
     JR城陽駅から徒歩3分 東部コミュニティーセンター隣

*当日おいしいカレーも販売されます。
 お仕事帰りに、そのままどうぞ!

お問い合わせ 080-3806-6823  ダーチャ店主まで

私も行く予定です。
師走の夜に、ゆっくりした時間をどうぞ。。。

    

この記事のみを表示する川村妙慶さんの法話

仏教とヨガ

妙慶さん

今日は、京都・祇園四条にあるロシア料理のお店「キエフ」に行ってきました。

川村妙慶さんの法話とキエフの特選ランチの「ロココ・カフェ」です。

川村妙慶さんは、ラジオ、新聞、講演、著作など大活躍されている僧侶です。
ほぼ同世代、KBSなどいろんな番組でアナウンサーをされていたこともあり、私もKBSに勤めていた時期があり、浄土真宗でもあり、勝手に縁を感じています。

著書も何冊か読ませていただき、大切なことをなんてわかりやすく書かれているのだろうと感心しました。
私は仏教が大好きで、特にお釈迦様、親鸞聖人の教えという本を見つけると読みたくなるのです。

それは、やはりヨガと根本が同じだからではないかと思うのです。

ランチのコースが本格的でとってもおいしかったです!

そのあと、妙慶さんの法話が始まりました。

今回のテーマは「人間の3つの生き方」でした。

1.動物的(本能のまま)に生きる

  誰しもその部分はあるのでしょうが、それだけだと生きてはいけません。

2.道徳的に生きる

  倫理観の強い人、正義感の強い人
  また学校でそのことがいいこととして教育されること。

  けれども、過度な道徳観は、善悪という二元論にとらわれ、自分は正義だと思うことで、他者を悪として排除するというとても危険な考え方で生き方でもあるのです。
  それは常々そう思います。ヨガでも二元論から離れるという意識を大切にします。
  そして、決して他人を変えることはできないことも教えられます。

  根本的な考え方が同じだと感じました。

3.宗教的に生きる

  現代社会では、「宗教」という言葉は何かいかがわしい感じがするのが本当に残念だと私も思います。
  それは実際にいかがわしい宗教と名乗るものが存在するからなのですが、本来の宗教は、妙慶さんのお話で私もしっかり明らかにすることができました。

それは、「教えを宗(むね)とする」ということでした。だから、「宗教」なるほど。。。
絶対的な軸を持つということです。
それは自分勝手な考えや自己流ではなく、ぶれない縦糸(経糸)としての「お経」でした。
ヨガでは、根本経典でしょうか。。。
横糸が自分の積み重ねる人生で、しっかりとした軸の縦糸があり、織物のように成り立つことができる。

そして自分のこころの闇から目をそらさずに、闇に光を当てることで自分の心をしっかり見るということです。
それは自分を客観視することではないかととらえました。

宗教に癒しを求めるのも、否定はしないが本来の目的からではないというのもよくわかるのです。
外側からの癒しは一時的ということも、よくよくわかります。

「宗教」
それは、凝るものではなく、逆に自分の心を柔らかくするもの

本当にそうですね。

スピリチャルという言葉はなんだか好きになれませんが、本来の「宗教」は自分の魂のために、自分自身が生きていくための指針、方法なのでしょう。

ヨガも私は「生きる方法」ではないかと考えています。

そう考えると、やはり根本が同じだと思えるのです。

仏教のルーツがヨガだと考えれば、当たり前かもしれませんが、真実というものがやはりちゃんとあるのではないかと思うのです。

妙慶さんの話を目の前で聴くことができて、本当に幸せでした。

素敵な会があるものですね!

次回もぜひ行きたいなあと思いました。

妙慶さん、本当にありがとうございました。

合掌


この記事のみを表示する茶香炉

日々のはなし

ちゃ香炉


実家の京都市北区紫野のあたりは、商店街があり、お魚屋さん、お肉屋さん、野菜のお店、靴屋さん、お豆腐屋さん、金物屋さん、金魚屋さん、店先で大きな昆布を削る昆布専門店などもありました。毎日母が買い物かごを下げて、財布をかごの中に入れて買い物に行っていました。

大徳寺から、北大路駅までの北大路通りもいろんな個人の店が並んでいて、いつも通る道でした。

その中に同級生の家で、お茶屋さんがありました。

小学生だったとき、遊びに行くと、お茶の炒ったいい香りがいつもしていました。

その香りを時を超えて思い出しました。

アロマの香り、お香を炊くのも好きですが、今日はお茶で茶香炉を楽しみました。

お茶はやはり高価なものがおいしくて、ケチってしまい、ものすごく安い煎茶を買うと、飲みきれなくて残ってしまいます。結局もったいないことになります。

そんなとき、こうして茶香炉にして楽しむことができます。

飲みきれなかった紅茶もウーロン茶もいろんな茶葉が大活躍です!

お部屋にほんのりお茶の香り。。。

全く嫌味がありません。

掃除をすませて、茶香炉をたくと、部屋がさらに澄んだ空気になるように思います。

お試しあれ♪

この記事のみを表示する「吐き出す」ということ

日々、思うこと

魚ほう1

ヨガをしているときに、息を吐くということに意識を向けます。

毎日の教室で何回も口にする言葉が、「吐く」


この写真は、萬福寺の「開梆(魚梆)」です。

口に玉をくわえていますが、玉を食べようとしているのではなく、吐き出そうと努力しているのだそうです。

このたまは、三毒(貪り・怒り・愚痴)を表しています。

この玉を吐き出しやすいように開梆(魚梆)の腹を打ってやり、その心の戒めをする。ということです。

三毒に、貪りと怒りというのは、すぐになるほどと思うのですが、「愚痴」というのがそれほどまでに悪いことだとは。。。

確かに愚痴は自分も周りに居る人も暗く嫌な気持ちになるものです。

ただ「吐く」のではなく、「吐き出す」ということは、なかなか大変です。

息も「吐く」のとすべて「吐き出す」というのでは、明らか違います。

吐き出さないと、新しいものは入ってこないように思います。

明日は新月です。

新しいスタートの日。

願い事の日でもありますが、まず新月までにいらないものをすべて吐き出さないことには、願うこともままならないのではないかと思いました。

今年ももうすぐ終わります。

今年中にたまったいろいろなこと、そして三毒をできれば「吐き出す」ということをして、まずは家を掃除していらないものをすべて掃出し、整えて新しい年を迎えたいです。

魚梆の腹を打つように、自分の腹を打たないと。。。

合掌

この記事のみを表示する樋口可南子のいいものを、すこし。

シンプルライフ

樋口可南子のいいものを、すこし。樋口可南子のいいものを、すこし。
(2009/10/05)
清野恵里子

商品詳細を見る


昨日の「透き通る美しさ」というのにぴったりな人は、樋口可南子さんではないかなあと思います。

たぶん同い年だったような。。。

素敵な人ですね!

樋口可南子さんは、京都が大好きで、京都に家を建てられました。

まだお会いしたことはありませんが、週末など結構京都で暮らされているようです。

今年、20年以上のロングをショートにした私ですが、樋口可南子さんのこの本を眺めていると、このくらい思い切ったショートもきれいだなあと、もっと切ってみるか?という誘惑の声が聞こえますが、いくらなんでも無理だと気づきます。。。

このくらいのショートヘアーにできるということは、きっと生活そのものも、いらないものを切り捨てることができる人なのではないかと思いました。

こだわりを感じる京都のお店、人物がいろいろ紹介されています。もちろん、他府県の素敵なところもいろいろ紹介されています。

私も茶道をしていた時、生菓子のおいしさに目覚め、特に「きんとん」は、大・大好きです。

紹介されている京都・紫野という地名は実家の住所で、「嘯月」さんの見るだけで幸せになる生菓子は、まさに抹茶に合うお菓子です。そのおいしさといったら!

「いいものを、すこし。」

理想ですが、意外と難しい。。。

やっぱり私も京都が大好きです♪

この記事のみを表示する透き通る美しさ

未分類

サプリ

「美しい」と言われて、うれしくない人はいないかと思います。

私も、もちろんお世辞だと重々わかっていても、心がニンマリしてしまうのです。

とくに「透き通る美しさ」という言葉はすごい威力を感じます。

このサプリメントは「桜と白美人」という名前で、ますますきれいになれる感じです。

桜の花エキスは、シミやくすみに働きかけ、さらにその原因をガードするホワイトニング素材とか。。。

毎日の生活、ヨガで自分を整えることはもちろんですが、ちょっとサプリメントで助けてもらったりします。これはいいなあと思うとよけいに効果が期待できる感じです。

このサプリメントの一番いいと感じる点は、カプセルで飲みやすいのはもちろんですが、ふわっと桜の香りがするのです。

香りが何より大切だと感じる私にとって、とてもうれしいことなのです。

さてさて飲み続けたことによって、「透き通る美しさ」を手に入れることができたかどうかは。。。

株式会社グロースジャパン

美健宣言

毎日の生活の中で「健康であること」が幸せの基本

日本の四季と共に、「しあわせ」を感じる瞬間をより美しく、より健やかな自分で過ごしたい

私もそうだなあと思います。

健康補助食品・サプリメントの美健宣言ファンサイト参加中



この記事のみを表示する「今、此処」

音楽のはなし

CD.jpg

このCDを知ったのは、「THE TWINS」のふたごのバンドを10年以上前に聴いたことから始まります。

そのおにいちゃんの小竹直君の歌う曲は最高でした。

そして、今では彼と親しくなることができ、弟の親君のライブ「夜な夜な」もこの間行きました。

若い直君の歌声を聴き、また感動するのです。。。

このアルバムはなかなかほかにはない魅力でいっぱいです♪

ゴトウゆうぞうさんも大学時代は「ジャマイカ」というバンドで活躍され、ただ聞いていただけでしたが、今では身近に感じる存在です。

そのゴトウゆうぞうさんの曲「今、此処」が素晴らしい曲だったのです!!

メロディが綺麗です。

でもなんといっても、歌詞が秀逸です!


昨日じゃなく

あしたじゃなく

今 ただこの時を 生きている



何処かじゃなく

何処でもなく

此処 そう此処にいるぞ

此処にあるぞ



誰かじゃなく

誰でもなく

君 ただ君だけを今

愛している


すごいぞ!ゴトウゆうぞう!

ヨガの教えかと思ったぞ!

いつも教室で言ってることばかりだし、ほんとのホントのことばかり。。。

京都中心ののミュージシャンばかり6人のアルバムですが、ギター1本の弾き語りっていうのが最高です!

1曲目の和佐田さんの曲「好きさ好きさ」もシンプルでいいなあ。。。

こんなアルバムもたまにはどうでしょう♪





この記事のみを表示するプライド とは?

日々、思うこと

プライド (新潮文庫)プライド (新潮文庫)
(2012/08/27)
真山 仁

商品詳細を見る


「プライド」と「誇り」

同じことなのでしょうが、私には全然違うように聞こえます。

プライドが高いという言葉は、あまりいい意味で使われないように思います。
少し、鼻持ちならない感じがするし、人を見下しているようなところもあるし。

それが誇り高いという言葉は、なんだか崇高な感じがします。
人と比べたことから生まれる感情ではないように思います。

著者である真山仁さんがあとがきで

日本人の誇り

胸の内で強く思い、黙って行動しているとき、「誇り」ほど人を強くする情熱はない。ところが、ひとたびこの言葉を口にすると、急に怪しくなる。

「プライドにかけて」とか「誇りを傷つけられた」と言い始めると、我欲が剥き出しになり、やがて、失敗の原因となる。己を信じて苦難を切り開く一念だったものが、周囲の評価を強要するメンツに変わった瞬間、人間も社会も堕落させてしまう。

この文章は、いつも私が思っていることそのものでした。
今の政治家たちは、みなさんそろって、こうやって口にすることで、自分も社会も堕落させているのでしょう。。。

いじめの問題も、いじめてはいけません。悪いことだといくら教育してもなくなるはずがありません。
一番大事な「自己肯定感」自分の中から自分自身を支える「誇り」が、全く育っていないからです。

自分を肯定し、誇りを持つことができれば、自分に対して恥ずかしく、いじめたり低レベルな中傷等できるはずがありません。人からどういわれるか、どう思われるかではなく、自分自身が恥ずかしいからです。

どんなにすばらしい家庭環境で最高の学歴があっても、そこのところが間違っているとどうしようもありません。そのことは、またまた政治家が見事に証明してくれています。

彼らが持っているのは「誇り」ではなく「優越感」ではないかと思います。
優越感は人と比べることから生まれる感情ですが、誇りは自分の中から生まれる感情です。
そこが決定的に違います。

どんな家庭環境でも学歴でも、それが劣悪だとしても、それでも自分はまっすぐ生きているとしたら、そのことこそ「誇り」を持つことなのです。

またすべてのことを数字で判断したり、優劣で判断する教育の根本を変えなければ、それぞれの人間が自分を肯定することは、なかなか難しいのではないかと思います。

ヨガで呼吸を整えたり、静かに坐って自分と対話する時間を持ったり、体の隅々まで意識を向けて、ああ、自分は生きているということに気づくことができれば、いいのになあと思うのです。

持たなければならないのは、「優越感」ではなく「誇り」

しかもそれは口にすることではなく、自分を支えてくれる唯一のこと。

そう思います。

この記事のみを表示する12月。。。

日々のはなし

eclat (エクラ) 2013年 01月号 [雑誌]eclat (エクラ) 2013年 01月号 [雑誌]
(2012/12/01)
不明

商品詳細を見る


今日は一日オフでのんびりしています。

長い間雑誌を買っていませんでしたが、久しぶりに買いました。

「JJ」から始まって「STORY」まで愛読していましたが、ついにこの雑誌です。

髪の毛を切ってから、自分を「黒田知永子」と妄想することにしています。(泣)

特集で、「白隠の禅画」のページがあり、萬福寺も無関係ではありません。禅の祖師達磨さんのことも書かれています。

「幸福になれる「お掃除」術」というページもあって、今日は一日家を片付けたり、掃除したりしています。

「大人のボブ&ショート」というページも気になるし。。。

12月リース

12月のカレンダー

冬

編みぐるみも冬のスタイルに衣替え。

テーブルバラ

テーブルにもバラの花。

一日家にいて、ゆっくりして、家を整えて、心も体も整うのかなあと思う日です。

この記事のみを表示する12月の予定

毎月のヨガのお知らせ

カモミール花かご


今日から12月。
今年最後のカレンダーをめくりました。
本当に時のすぎるのは、あっという間ですね。


12月の予定


*城陽・東部コミュニティーセンター PM7:15~8:45

  4日(火)、11日(火)、25日(火)

  18日(火)は、会場都合で休講です。第3火曜日は休講の場合があるので確認してください。
         

*城陽・チャンネル         AM10:30~12:00

  5日(水)、12日(水)、19日(水)、26日(水)

  5日は、シタールとタブラの生演奏を聴くナーダ・ヨーガをしますので、お楽しみに♪


*とんがり山のてっぺんDE!!
  
  6日(木)、13日(木)、20日(木)、27日(木)

  AM10:30~12:00
  PM1:30~3:00 (シニア中心のクラスです)

  6日は午前だけの開講で、シタールとタブラの生演奏のナーダ・ヨーガです♪

  
 場所は、とんがり山バス停から徒歩5分。
    願楽寺からすぐです。
    駐車場もあります。

1階のカフェで、無農薬野菜を使ったマクロビランチと無添加ランチが好評です。
ヨガの後に、ぜひどうぞ!
        


*心おだやかヨガの会 萬福寺

  12月2日(日)   原則、毎月、第1日曜日の開講予定です。
           
         
       AM10:00~     僧侶のお話
       AM10:30~12:00  ヨガ       

  
       詳細、お申し込みは萬福寺まで、お願いします。

萬福寺は、1年中、その季節のお庭の様子、風の違いを楽しむことができます。
日常の喧騒、ストレスから解き放たれる時間をどうぞ。。。
今月は、寒いので、お部屋が「西方丈」から「五雲居」に変更になるのではと思います。


*ひとやすみ 親子ヨガ

  12月21日(金) AM 10:00~12:00

   
  毎月、第3金曜日開講です。

 
       詳細・お申し込みは、ひとやすみの会まで、お願いします。



*宇治・黄檗子連れでヨガの会

  12月7日(金)AM10:30~12:00

 毎月、第1金曜日開講です。
 
 JR黄檗駅からすぐの、マンション集会室で開講しています。


*潤子先生に学ぶヨーガの会 in marron

 今月は、年末のため休講です。

   毎月第4金曜日の開講です。

 青谷コミュニティセンター
 
(JR山城青谷駅直結)



  詳細・お申し込みは「アトリエ・マロン」岩井麻美さんまでお願いします。

  TEL:(0774)55-8288


*アロマとキャンドルの瞑想

  とんがりやまのてっぺんDE!は、1周年を迎えました。
  ご自身の1年を振り返り、この日のためにブレンドされたアロマオイルの香りに包まれ、
  キャンドルの灯りのもとで、静かに一緒に瞑想したいと思います。

  12月22日(土) 17:30~19:00

  場所  とんがりやまのてっぺんDE!

  参加費  1000円

  アロマオイルは、アトリエマロン主宰の岩井麻美さんです。

ご予約は、私に直接電話かメールでお願いします。

ご参加お待ちしています。
         


また、何かイベントなど入りましたら、お知らせします。

プライベート・ヨガ
こころのヨガ
会社でヨガ
親子ヨガ

などなど、なんでも気軽にお声をおかけください。
090-9058-9444  junko までお願いします。