猫とワタシ

ヨガのある暮らし ーCalm Oneself Yoga-

Calm Oneself  自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。 自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。 そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。

この記事のみを表示する8月の予定

毎月のヨガのお知らせ

カード




8月の予定


*東部コミュニティーセンター PM7:15~8:45

  6日(火)、13日(火)、20日(火)、27日(火)

   今月は、毎週あります!ぜひ参加してくださいね!
         

*城陽・チャンネル         AM10:30~12:00

  7日(水)、21日(水)、28日(水)

   14日は、お盆のため、休講です。

  
 

*とんがり山のてっぺんDE!!
  
  1日(木)、8日(木)、22日(木)、29日(木)

  AM10:30~12:00
  PM1:30~3:00 (シニア中心のクラスです)

   15日は、お盆のため休講です。



 第1・第2・第3火曜日 AM10:30~12:00の講座が始まりました。

 講師は、幡じゅんこ先生です。どうぞよろしくお願いします。

 
    
 場所は、とんがり山バス停から徒歩5分。
    願楽寺からすぐです。
    駐車場もあります。

1階のカフェで、無農薬野菜を使ったマクロビランチと無添加ランチが好評です。
ヨガの後に、ぜひどうぞ!
        


*心おだやかヨガの会 萬福寺

  8月4日(日)   原則、毎月、第1日曜日の開講予定です。
           
         
       AM10:00~     僧侶のお話
       AM10:30~12:00  ヨガ       

  
       詳細、お申し込みは萬福寺まで、お願いします。

萬福寺は、1年中、その季節のお庭の様子、風の違いを楽しむことができます。

日常の喧騒、ストレスから解き放たれる時間をどうぞ。。。


*子育てサロンYururi「ココロゆったりヨガの会」

  子連れでも大丈夫!ママだけでも、もちろん参加できます。 

  8月は夏休みのため、休講です。

   
  毎月、第3金曜日開講です。

 
       詳細・お申し込みは、子育てサロンYururi

西野真実さん090-9885-9163(西野)
            Yururijoyo@gmail.com

            までお願いします。


  


*宇治・黄檗子連れでヨガの会

  8月2日(金)AM10:00~12:00

 毎月、第1金曜日開講です。

  
 JR黄檗駅からすぐの、マンション集会室で開講しています。




*潤子先生に学ぶヨーガの会 in marron

  8月は、夏休みのため休講です。

   毎月第4金曜日の開講です。

 青谷コミュニティセンター
 
(JR山城青谷駅直結)



  詳細・お申し込みは「アトリエ・マロン」岩井麻美さんまで、お願いします。


*宇治障害者支援デイ・ヨガ

  8月23日(金) PM1:30~3:30

  毎月第4金曜日開講です。
  
  参加は関係者に限ります。


8月は休講がありますが、よろしくお願いします。

猛暑が続きますので、お身体どうぞ気を付けてください。


また何かイベントなど入りましたら、お知らせします。

プライベート・ヨガ
こころのヨガ
会社でヨガ
親子ヨガ

などなど、なんでも気軽にお声をおかけください。
090-9058-9444  junko までお願いします。

 
 
スポンサーサイト

この記事のみを表示する亀井勉先生講演会

ヨーガ・ニケタン

亀井先生

昨日、亀井勉先生講演会に行ってきました。

亀井先生とは、キエフでご一緒させていただき、特別な思いがあります。

亀井勉先生の略歴をあらためて見て、本当に驚きました。ものすごい立派過ぎる方なのです。数々の大学で素晴らしい研究をされていることは知っていましたが、国土交通大臣賞や文部科学大臣賞を受賞されていて、そんな簡単に身近でお話しさせてもらえるような方ではなかったみたい。。。

古市先生も、こんなところに来ていただける方ではないと初めのあいさつでされていて、こんなところって、ニケタンか?って、笑いが起きていましたが。。。

そんなすごい経歴の亀井先生ですが、ほんとになんていうか失礼ながら、私はいつも独特のかわいらしい方だなあと思うのです。小柄でひょこひょこ歩かれて、どんな人にもどんな時もていねいな言葉で話されます。そしてちょっとおちゃめなジョークを飛ばしたり。。。

一番すごいと思うのは、私なんかと比べたら、一億倍ほど賢くて恐ろしいほどの知識があるのに、何か質問されたとき、必ずちょっと上を見るような視線の後、「それはちょっと私にはわかりませんね。」と答えられることがあるのです。わかることとわからないことが明確で、わからないことをわからないという。うわぁ~と思うのです。


今回の講演で一番印象的だったのは、呼吸の凄さです。

脳波検査、免疫力検査で、ヨーガとの関連を調べられたのですが、アルファ波がより多く出るのは、先生も瞑想かと思われていましたが、呼吸法だったのです!

そしてこれは当たり前ですが、ヨーガを長く継続して続け、熟練者ほどその数値が圧倒的に高いのです。

私たちヨーガ療法士も全員脳波を測れば、本物かどうかすぐにわかるのか。。。

怖いやん!!

何百年、何千年と続いてきたものには、必ずそれなりの理由がある。残るだけのいいことがあるから。
本物でないものはすたれていく。

仏教の禅宗・坐禅にもやはり意味がある。

なるほど。

亀井先生はそこにヨーガの可能性を感じておられます。

脳の根幹に関わること。新皮質ではない根本的なこと。人間の生きることの根源をなすこと。

人間は脳。

そしてそれは呼吸が大きく関係するのだろうなあと思いました。

講演会を企画運営していただいたヨーガ療法士会・大阪・兵庫のスタッフのみなさん、本当にありがとうございました。そしてお疲れ様でした。

亀井勉先生と一緒にキエフに行けたこと、現地でのチェルノブイリ被爆者に対しての研究調査にほんの少しでも参加できたこと。あらためて感謝の気持ちでいっぱいになりました。ありがとうございました。

合掌

この記事のみを表示するヨガとヨガ

ヨガの教室

マヤン・カレンダー―13の月の暦マヤン・カレンダー―13の月の暦
(2000/03)
高橋 徹

商品詳細を見る


7月26日(金)

午前は、アトリエ・マロンさん主催のヨガの会でした。

夏休みに入り、子供連れのママがたくさん参加されました。

子供といっても、年齢によって全然違います。1歳違うともうそれは大きく変わります。

小学生になると、一緒にヨガができます。

もしかしたらママより自分に集中できています。いらない雑念が少ないですから。。。

そんな姿を見ていると、なんだかとても気持ちが広がって、勝手に心の中で「ありがとう♪」って思います。

最後にいつもいろいろお話しするのですが、今日は、マヤン・カレンダーのお話を。

暦もいろいろあります。

そして、生まれた日・誕生日にはとてもとても大切な意味があることがわかります。

難しいことはわかりませんが、マヤン・カレンダーでは、7月26日が1年の始まりの日。

ぜひこの本を読んで、暦に触れて、自分の誕生日の意味を知ってください。

まあ、あんまりカチカチに考えないで、こんなんもあるなあっていうくらいでちょうどいいです。。。


午後は、宇治障害支援のデイヨガでした。

いろんな障害のある方、年齢もさまざまで、視覚障害の方が3名。

なぜかけがをされてたり、来る途中で転んだ方や、調子が良くない方が多くて、始まる前に今日の調子はどうですか?と聞くことがほんとに大切なことだなあとつくづく感じました。

それで急遽、「ヨーガ・ニドラー」をすることにしました。

長く続いているデイ・ヨガの教室で、20年以上も続けている方も。

私はこの4月から引き継ぐことになり、まだ新人。。。

そんな先輩もみなさんヨーガ・ニドラーは初めての体験でした。

終わってから、全員の方に感想を聞かせていただきました。

気持ちよく眠れたって、みんなで笑っていたのですが、ふわふわした感じととか、心がどんどん落ち着く感じとか、なかなか鋭い感想も。

視覚障害の方に対して、イメージの視覚化というものがどうかと思いましたが、それは心配する健常者の思い上がりで、イメージというものはたとえ色であったとしても、それぞれの方の心の中にあるものではないかと思いました。ものが見えるということはどういうことか。。。私たちは本当に見えているのか。。。

ほんとのことを見る。

この日ほど、「ヨーガ・ニドラー」を勉強しておいてよかったと思った日はありません。

毎日、教えられることばかりです。。。

合掌

この記事のみを表示する母性

本のはなし

母性母性
(2012/10/31)
湊 かなえ

商品詳細を見る


湊かなえさん。

今回の作品も、ドンと落ち込むような人間の心の中身が描かれています。

「告白」から読み、次々と作品が出るたびに読み「夜行観覧車」はテレビドラマでも見てしまいました。

気持ちがドンとして、いやな気分にさえなるのに、やっぱり読んでしまうすごい作家です。

「母性」

お母さんのことに関するブログが続いています。

お母さんって、根幹をなすように思います。

赤ちゃんが宿り、出産し、母になれば、誰でも自動的にあふれるばかりの母性があるのかというと、そうでもないのではと思ったりします。もしかして、全く本人のせいではなく、母性というものがない場合もあるのではないかと。

けれども、子供というものは、たとえどんな母親であっても、ただただ愛されることを願っているものだと思います。

虐待や暴言など極端な場合でも、母親を求めることは止まないし、母親を悪く思わず、自分の方に何か悪いところがあるから愛されないと思ったりします。

この性は、ほんとに胸を締め付けられるし、泣けてきます。

女性がいつまでも女性として綺麗であったり素敵なことは、とてもいいことだなあと思いますが、子供に対しては、女性ではなく母親でありたいと思うのです。

女の子とライバルのように競い合ったり、また姉妹の様だったり、友達関係ということを若さを保ちいいことのように言われたりしますが、ちょっと違うのではないかと思います。

男の子に対しても、いつまでもきれいではいいとしても、恋人みたいというのはいかがなものか。。。

子供にとって必要なのは、一番安心できて自分を受け止めてくれる母親としての母性なのではないかと思うのです。

無償の愛

いうほど簡単なことではありません。

また、頭で考えてしたり、できてもそこはまた、ちょっと違うように思います。

「子供のためにしている」なんて言ってる間は、自分のためなんでしょう。

そんなこと思いもしないただそこにある思い。

さて、私はいったいどうなのか。。。

人生を決めてしまうような気がする、産まれた時からずっとの自分と自分の母親の関係。
そして、自分と自分の子供の関係。

湊かなえさんの小説は、なかなかきついです。。。



この記事のみを表示する大谷大学博物館

日々のはなし

伊能

今日、招待券をいただいたので、大谷大学博物館・伊能忠敬展に行ってきました。

北大路駅は実家の近くで、いろんなことを思い出します。

また今日は大谷大学のオープンキャンパスの日だったようでたくさんの受験を考えている学生と保護者の方が来られていました。

今の大学生は私たちのころより、ずっと素晴らしいと思います。
今日も博物館では案内をされていたり、丁寧にいろんな説明があったり、道案内も大学生が大活躍です。

何も考えず、毎日楽しいだけの私たちとはえらい違いです!(私だけか?)
就職もたいして苦労した人もいなかったと思うけど、今の大学生の頑張りは、半端ないです。

にもかかわらず、今日の保護者の多さには正直驚きです。

大学に行くのは子供なのに、いったい何を聞くのでしょうか?

前回のカウンセラーのブログでも書きましたが、子供の代わりにできることはないのです。ましてや大学、もう大人。そんな子供のことにしゃしゃり出てどうするのか?できることは子供が話したいことを聞くことと、腹をくくって、どこに行きたいといっても、経済的に支援することしかありません。親が子供の大学を決めてどうするのか。。。

この親世代というのが、実は私たちの世代。
あ~ぁ。。。


そんなことより、伊能忠敬。

気の遠くなるような作業。

尊敬とかという言葉では、到底語れないこと。

どうやってやり遂げることが出来たのか、その精神力が凄すぎます!

大谷大学

北大路通りに面した門から、帰るとき、校門の横のこんな言葉に釘付けになりました。

「おぉ~、バカヴァッド・ギーターの言葉が光っている!」

あまりにもピカピカのために、哀しいかな情けない私が写真を撮る姿が鮮明に映ってしまっているのです。トホホ。

さすが、仏教を教える大学。

もっといろいろ大学で今だから学べることがあるように思いました。

公開講座など、行ってみたいと思う私です。



この記事のみを表示するお母さんは、カウンセラー

カウンセリング

プロカウンセラーの聞く技術プロカウンセラーの聞く技術
(2000/09)
東山 紘久

商品詳細を見る


ヨーガ療法士は、カウンセリングをするということも広義で含まれるので、カウンセリングの本をよく読みます。

この本はその中でも、もっともよく読んでいます。

内容がほんとに腑に落ちるし、プロとはどういうことかよくわかります。

人の話を聞くということは、ものすごく難しいことです。

下手をすると説教をしかねません。そんなことをしたら、完全に失格です。

プロにはものすごい経歴学歴がないと駄目なようにも思いますが、決してそうだからいいというのではないようです。

聞き手の資質。これがすべてのように思います。そして、訓練。

9、他人のことはできない

この章は、何度も読みました。

人間として、そして母親として、根本的に大切なことが書かれています。

「人間は他人のことに口出ししたくなります。また相手が親しい身内だと、ついつい当人になり代わってやってあげたくなります。しかし、人がなり代わってやれることはほとんどありません。」

このことはとても大切です。乳幼児なら、自分でできないことが多いので親がしてやったり、手伝うことが多いし必要ですが、親が子供に教えてやったっり、意見して聞かせたりすることのほとんどが、10歳くらいで終わります。

口出しの多い親は、親自身の不安や心配が関連していることが多く、夫婦仲が悪く、親が不安定になっているとこの傾向に拍車がかかります。

怖いです。。。

子供に親ができること。

それは小さいときは、一緒にとことん遊ぶことで、少し大きくなったら、話をよく聞くことです。

忙しいときに限って、「遊ぼう」とか「「聞いて」と言ってきますが、それはとても大きなサインです。
「いま、忙しいから、あとで」が、子供を失望させることに。それでも、ほんとに忙しい仕事が一段落したときに、
「遊ぼうね」とか「話したいことなんだった?」と言ってあげる人はまれだとか。。。

耳が痛い話ですね。

人間は自分中心で物事を考え、拒否したくせに、その罪滅ぼしのように自分のしたいときに何かやってあげようとしたり、また物質を与えようとしたり。。。

お母さんは、家族にとっても子供にとっても一番のカウンセラーではないかと思います。

家族や子供が心の病にかかることを予防する最良の方法は、遊んでやることと話を聞いてやることです。これが、家族や子供をストレスから守る。

と書かれています。

言って聞かせる話し手モードより、聞き手モードのほうが効果的。

お母さんは、こんな素晴らしい役目があります。

そのためにも、お母さんは、自分自身が安定していないととても無理です。

ゆっくり深い呼吸をしよう!

お母さんにできること、してあげられることなど限られている。

じっくり自分の意見を挟まずに、話を聞いてみよう。

それが唯一できることかもしれません。

言うほど簡単ではありませんが、いつもそう思っています。

この記事のみを表示するほんまでっか?

日々、思うこと

植木理恵のすぐに使える行動心理学植木理恵のすぐに使える行動心理学
(2012/12/06)
植木 理恵

商品詳細を見る


テレビでも有名な植木先生。

すぐに使えるらしいので、読んでみた。

行動心理学は、仮説と実験、その検証に基づいて理論を組み立てていく科学的なもの。莫大な量のアンケートや実験をして調べて、比較数値化したもの。

すなわち西洋医学と同じく、エビデンス(根拠)が非常に大事だ。説得力がある。

けれども、その通りなのだが、統計的にそうである可能性が高いということはわかるが、一個人としては、統計と無関係に、0%か、100%。一般論となんら関係なき所に自分個人はあると私は思う。

だから例外もある。

人間全体に共通するような普遍的な心理で、個人個人の事情を考慮しない、大多数になればなるほど当てはまるものだ。

私が興味を持ち、またカウンセリングで大いに役立つと感じるのは、それとは違う認知心理学だ。

個人が持っている過去のトラウマや文化的背景、人による違い、当人が置かれている状況や感情なども含めて、その人の心理を解明しようとする心理学。

誰でもには当てはまらないが、個人に当てはまる。

そこがいいんじゃない!と、みうらじゅんのように言いたい!!

この本は面白いし、とても役に立つが、私はまるで占いの本のように感じた。

占いは未来のことを当てる。

みんな大好きだ。

お金を払ってもみてもらう。

私には考えられないことだ。

未来はわからないものだから。

けれども、あたるとしたら、それは占いも莫大なことの統計学だからだと思う。

その傾向がきわめて高いことなのだろう。

けれども、これも同じことでいくら確率が高くても、本人には0%か100%かどちらかしかない。

がんになる確率をいくら教えてもらっても、なるか、ならないかのどちらかだということと同じことだと思う。

それでも学問は素晴らしいと思う。ものすごい研究がなされているから。

占いも統計学としては素晴らしい。

けれど、占い師は信じない。

「あたってる!」っていうことは、初めからちゃんと自分の思いがあったということではないのか???

そして「外れてる」と感じるのも、すでに自分の思いがあるからだろう。

ゲームや安心として、楽しむのはいいけど、占いにすべてをゆだねるとか、決めてもらうっていうのはいったい何のことか私にはさっぱりわからない。。。

未来がわかって、いったいどうするんだろう。。。

この記事のみを表示するタオライアーとヨガ

ヨガの教室

ライアー

先週の火曜日のヨガの教室。

生徒さんにタオライアーを演奏される方がいて、持参してくださり、その音色で最後に瞑想の時間を持ちました。

Nさん、本当にありがとうございました。

タオライアーって、みなさん初めて聞く見る楽器でした。

とても癒し効果のある音色、楽器です。


タオライアーの詳しいことはこんなサイトがありましたので見てください。

タオライアーとは

参加されていたみなさんと感想などシェアするする時間を持ちました。

想像していた音より激しく感じられた方。

気持ちよくて寝てしまった方。

引き込まれるように感じた方。

今までの知っているどの音とも違うと感じられた方。

などなど、全員感じ方は違います。

ヨガというものをどう考えるか。

私は「気づき」というのが一番近いように思います。

自分には確かに心の中に静かな平和な部分・核があるということを。

そのことに気づくのに自分の身体と呼吸に意識を向けますが、五感をすべて自分の気づきのために意識するとしたら、聴覚もそのひとつ。

タオライアーの音色は耳から心、もしかしたら脳?に確かに届く音色です。

素敵な場所でタオライアーの音色と瞑想の会を考えています。

その時はぜひたくさんの方に参加していただければと思っています。

お楽しみに♪



この記事のみを表示する快眠のために・夢見香

日々のはなし

夢見香

毎日暑いです。いや、暑すぎます。

毎年年を重ねるごとに、夏の暑さがつらくなり、今ではもう、夏がなくならないかと願うほどです。

夏生まれの私はあんなに夏が大好きだったのに。

何と言っても開放的だし。。。

とくに夜寝るのが快適とは言えず、寝るのが大好きな私はほんとにつらいのです。

快眠グッズといわれるものがいろいろありますが、こんな素敵なものを見つけ、早速購入しました。

京都の老舗「鳩居堂」さんの「夢見香」です。

香りは平安のころから私たちのそばに。天然香料の持つ効果を上手に使ってきました。

夢見香は、従来の箪笥用や、匂い袋と大きく趣を変え、就寝用に調香されています。

それであの想像される匂い袋の香りとは全く違っていて、どちらかというとヨーロッパあたりのサシェのような天然のハーブのような植物の落ち着く香りがします。

こんな素敵な京都の代表のような和のたたずまいから、そんな香りがするなんて、いい感じ♪

枕元に置いたり、枕に忍ばせたり、ほのかに香る香りは、とてもとても落ち着く香りです。

暑いけど、心が少し鎮静化します。

香りの持つ効力はほんとにすごいです。

逆に間違った香りは危険。

低価格すぎる香りものには、要注意!専門家に相談を。。。

いい香り、それは幸せのもと。

この記事のみを表示する猫が教えるヨガ

本のはなし

猫が教えるヨガ猫が教えるヨガ
(2004/10)
クレール ゴーダン、クリスチャン ゴーダン 他

商品詳細を見る


大型本で、まるで外国の絵本みたいな表紙です。

ところが、こんなに内容が素晴らしいヨガの本はめったにないのではないかと思うほど、びっくりです。

ずっと絵本のように猫が描かれて、お話は進みます。

そして、それが一番大事ということがちゃんとわかりやすく、しかも難しいことを。

最初のページには、

「ヨガは移ろいやすい私たちの心を鎮めていく。

   そして心の静けさの中にこそ、
  
       私たちは本当の自分を見つけ出す」

     パタン・ニャ・リの格言

ほぅ~、やるじゃないですか。。。

パタン・ニャ・リとは、ヨガを知っている人なら、思わずにやけるおまけつき。。。

猫が師匠の猫に訊くのです。

「師匠、ヨガって何ですか?」

師匠は答えます。

「難しいポーズばかりを思い浮かべてはいかん。そもそもヨガとはトイレの最中にだってできる、生活に根差したものなのじゃ。心身を目覚めさせ、そして猫のようにしなやかで、ピュアな意識との出会いへいざなってくれる、内なる旅というところじゃな。」

おぅ~、その通り過ぎて、やるじゃないですか、猫の師匠!
そこら辺のヨガインストラクターよりよっぽどわかってらっしゃる。

あと、どのページの猫のイラストもその内容も、今まで読んできた素晴らしいヨガの本、哲学者、ポーズの解説書なんか、かすんでしまうかと思うほど、ガッツリヨガの本です。

いい本に出会えた!!!

やっぱり猫はヨガの師匠でした。

1日の中で、「そこにあるもの」を本当に気にかけている時間って、いったいどのくらいなんだろう?

一瞬の静けさが、永遠の平穏に。

そうありたいものだにゃ。。。

合掌

この記事のみを表示するお気に入りの場所

猫のみぃー

みい3

我が家のみぃー。

暑いのに、天然毛皮でも文句も言わず。。。

みい1

この爪とぎが、大のお気に入り♪

ちょうどいいへこみ具合に、ピッタリ身体を乗せています。

みい2

寝てしまうと、身体がでかいので、落ちそうになります。

しかも、しっぽがめちゃくちゃ太いのです。

ただいてくれるだけで、うれしい存在。

すべての子育て中のお母さんも、そんな風に子供を押しつぶす期待も虐待もしないで、
ただいてくれるだけ、そのままを愛せるといいなあと思います。。。

みぃーが教えてくれること。

私のお師匠さん♪

この記事のみを表示する蓮の花の瞑想

お寺でヨガ

七夕

今日は萬福寺「心おだやか、ヨガの会」でした。

満員のご参加、本当にありがとうございました。

今日は七夕。

萬福寺さんも七夕飾りがしてありました。

七夕の日に雨が降らないのは珍しいのではないでしょうか。。。

今月は萬福寺が蓮の花が満開で萬福寺中が蓮の花でいっぱいになっていると思っていたのですが、今年は少し生育が遅いのかちらほらと咲き、まだつぼみもかたいものや、大きく育った葉だけのような鉢も。

ハス

この写真は去年の8月のヨガの会の時にまだ咲いていた蓮の写真です。

ということは、来月が満開なのかもしれません。

楽しみです♪

今日は、蓮の花の有名な言葉

「蓮は泥から出でて、泥に染まらず」

のお話をしました。

泥は汚いもの。しかしそこからすでに生育が始まり、その花は泥から育ったとはとても思えない美しさ。

人間もどんな劣悪な環境で育ったとしても、そのことで変わることなく、いや、劣悪な環境だからこそそのことをエネルギーとして、きれいな花を咲かせることができるような人間として育ちたい。

環境や他人のせいにすることなく、自分の軸をしっかり持って、自分自身に恥ずかしくないようにしたい。

そんな風に私は解釈しているのですが、もっと正しい解釈があるのかもしれません。

じっと目を閉じて、ご自身の思う一番好きなきれいな蓮の花のイメージを瞼に、あるいは心にありありともち、坐る瞑想です。

内観瞑想ではなく、イメージ瞑想でしょうか。。。

集中することができ、また集中することで、その綺麗なイメージが自分と重なります。

自然の風がこんなにも気持ちいいものかと参加されたすべての方が感じられたのではないかと思います。

暑いですが、お寺の自然の涼しさをぜひ体験してください。

来月も、お待ちしています。

合掌

この記事のみを表示する京都のエステ

未分類

京エステ1

京都四条河原町の近くにできた素敵なお店。

kyo.miori

なんだか「和」へのこだわりが。

京エステ

お店に行けなくても、セルフでお店と同じオリジナル製品を使用することで、エステ感覚。

とくに洗顔ペーストが今まで体験したことがない使い心地。

本格的で、香りも医薬品のように感じました。

自分で自分を大切にする。

洗顔やマッサージは顔、肌に触れるというとても基本的なこと。

自分が幸せで安定すると、人に対してもそんな風でいられると思うのです。

「美」は「心」

キレイは素敵♪

ミュゼ・キレイ館ファンサイト参加中

この記事のみを表示するこの世で一番大切な日 ・誕生日

日々、思うこと

この世で一番大切な日 (Sanctuary books)この世で一番大切な日 (Sanctuary books)
(2011/04/24)
十川ゆかり、MinxZone 他

商品詳細を見る


今日は二男の誕生日です。

先週6月28日は、長男の誕生日でした。

三男は忘れることのない大晦日12月31日が誕生日です。

誕生日は、実は自分で選んでいるのかなあと思います。

3人共に予定日より2週間ほど早く産まれてきました。

3人共に自然分娩で安産でしたが、それでも腰が砕けるかと思う痛みでした。

あっという間に成長してくれて、あれれという感じです。

長男が生まれたとき、この子が小学校に行く時が来ることさえ信じられませんでした。

あまりにも遠い道のりに思えて。。。

出産は母親も頑張るけど、赤ちゃんはもっともっと頑張って産まれてくるに違いありません。

今日の黄檗での子連れヨガの教室で、しみじみとそう思いました。

子育て中のママ。

しんどくなったら産まれて来てくれた日のことを思い出して。。。

鳥

黄檗の駅の近くで鳥の声がして、見つけました。

ツバメも子育て真っ最中♪

この記事のみを表示する一緒にご飯を食べること

日々、思うこと

京都町家でごはん209 (Leaf MOOK)京都町家でごはん209 (Leaf MOOK)
(2013/05/27)
リーフ・パブリケーションズ

商品詳細を見る


毎日ご飯を食べる。

今日も三食食べた。

誰かと一緒にご飯を食べる。

そうすると、話が弾んだり、新しい発見があったり、あぁ、この人と一緒にいると落ち着くなあとわかったりする。

仕事の話で一緒にご飯を食べることは賛否両論あるけれど、一緒にご飯を食べることでわかったり、うまくいくことがあるように思う。

最近、いやずっと前から、私はすぐに何かをするとき、

「一緒にご飯を食べませんか?」

と言っている。

会議やお茶だけ飲む話し合いとは違うほんとのことがわかったりする。

お酒を飲むというのも打ち解ける一つの方法かもと思うけれど、お酒を飲めない人もいるし、飲んだら厄介な人やめんどくさい人もいるので、やっぱりごはんがいいなあと思う。

ちょっといろいろ立て続けに、いろんな人といろんな理由でご飯を食べに行くことが続く。

楽しみ。

話すということとおいしいご飯。

一緒にご飯を食べるということは、きっとものすごく大切なことだと思う。

何かがぐっとつながるし、嫌な人とは食べたいとは思わない。

家族が一緒にご飯を食べる。

なんて大切で、心地いい関係の基本だろうと思う。

同じものを食べる。

おいしいものをおいしいと感じて一緒にご飯を食べる。

そんな毎日のこと。

今日しみじみ大切だと感じることがあった。。。