京都・ヨガのある暮らし ーCalm Oneself Yoga-

Calm Oneself  自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。 自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。 そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。
1

家をととのえる

P2014_1230_150830.jpg

今日は一日、家のことを。

年末大掃除と言いたいところだけれど、東京から帰ってきてる二男と一緒に「マーヴェリックス」サーフィンの男の感動的な映画を観てしまった。

それはとてもとても幸せな時間だった。

一応、掃除もする。

年月とともに、真っ白だったはずの壁は、かなり薄汚れてしまった。

その壁面をちょっと変えてみた。

モネの絵

先日、ナカガワ暢さんの個展「六暦」で買ったポストカードを額に。


六暦

左から、新年、春入学式、梅雨、真夏、晩秋、そしてクリスマス。

すべての絵の中に、私の大好きな猫が描かれている。

写真が残念すぎるが、この壁面に、大満足な私。

今年も明日でおしまい。

大晦日は、三男の誕生日。

恒例の年1回の上・握り寿司のお祝い夕食が待っている。

長男も帰ってくるようで、ずいぶん久しぶりに家族5人がそろう。

これも三男の誕生日。握り寿司のおかげ。

幸せ満載♪


スポンサーサイト
0

今年を振り返って

キャンドル

昨日はヨーガ療法士京都支部のカウンセリング勉強会でした。

これで今年の予定はすべて終わりました。

カウンセリングの勉強はとても大切だと思いますが、そんな簡単なことではないなあと思います。

ヨーガ療法士を一つのセラピストととらえ、カウンセラーの一つと考えてみて、その知識、技術、手法、経験などありとあらゆることが必要でいくら勉強してもこれでいいとはならないのですが、しないわけにもいかず、勉強はたぶん永遠に続くのでしょう。

けれども、昨日の勉強会でもつくづく感じましたが、一番大切なことは勉強して得られることではなくて、自分自身、セラピスト自身がどんな人間、どういう人物であるかが、とびぬけて大切だということです。

この人なら信じられるとか、魅力的な人だとか、一緒にいると安心するとか、話したくなるとか、自分のことをわかってくれる人だとか、そんな人間としての資質がすべてのように思います。

そう言ってしまったら、身もふたもないのですが、そこのところを無視して、こんなに勉強したのだからというのは、ちょっと違うと思いました。

勿論勉強は絶対必要です!

To do より、 To be

どうするかより、どうあるか。

今年を振り返り、反省や後悔もあるかもしれないけれど、そうじゃなく、その時はそれでよかっただと自分自身を受容。
自分勝手という意味ではなくて。

来年はどうなりたいかも大事だけど、どうありたいか。

そのためには、どうしたらいいか。

そんな風に思いながら、今年1年を振り返り、出会ったすべての人に感謝です。。。


0

宇治市社協・障害者デイヨガ

瞑想瞑想
(1986/11/01)
宮下富実夫

商品詳細を見る


今日の障害者デイヨガの教室で、今年のヨガの教室はすべて終わりました。

すべての教室の参加者の皆様、今年1年、本当にありがとうございました。


デイヨガの参加者の皆さんは、聴覚障害センターと違い、いろいろな障害の方が一緒にヨガをしています。

定員満員で、ヨガマットを社協が購入され、参加者の皆さんの一人ずつ専用のマットです。

年齢、男女、障害もさまざまですが、それでも一緒にヨガができることに感謝しています。

視覚障害の方が一番多くて、半分くらいの方がそうです。

言葉だけで伝えるということの難しさにいつもぶつかっています。

すべての所作をものすごく丁寧に正確に話す必要があります。

今日も思わず「こんな風に足をまげて」とか言って、「こんな風ではわからへんわ」と笑われています。

ホンマですね。。。

教えてもらってばっかりです。


音楽を取り入れているのですが、好評です。

気持ちが落ち着くと教えていただきました。

今日は、私がヨガを始めたころから聞いている宮下富美夫氏の「瞑想」

今でも一番好きなアルバムです。

ヨガの時に「人と比べない」ということをよくお話ししますが、このクラスでは、今日もTさんが、

「見えへんから、比べんですむし、ほんましあわせやわ~。」と、明るく話されます。

みなさんの笑い声や弾む会話がアクセントのように、ヨガの時間にこぼれることがあります。

そんなとき、ものすごく幸せな気持ちになります。


来年3月で2年になりますが、このヨガの仕事を依頼していただいた担当者のYさんには、本当に感謝しています。

こんな貴重な経験はなかなかできないなあと思うのです。

今年最後のヨガの時間。

心の真ん中から、幸せだなあとつくづく感じるのです。

ありがとうございました。

合掌

0

わたしの中の自然に目覚めて生きるのです: あたらしい暮らしのちいさな魔法 (単行本)

わたしの中の自然に目覚めて生きるのです: あたらしい暮らしのちいさな魔法 (単行本)わたしの中の自然に目覚めて生きるのです: あたらしい暮らしのちいさな魔法 (単行本)
(2014/11/25)
服部 みれい

商品詳細を見る


自然に目覚める。

実は人間だれでも自然そのもの。

だから自然じゃないことは違和感がある。

自然の流れや大きなうねりには、抗わず身をまかせる。

だから、アンチエイジングって、なんだかなあと思う。

世界最高長寿も空恐ろしくなる。

今ここを一生懸命生きることは、きっと最も自然なことだと思う。


この本を買ったのは、このページを見つけたから。

「声のよい人に」

私はあまりにたくさんの人に、声について褒められる。
それは、魅力的というよりは落ち着くとか癒されるということかもしれないが、そんな風に思ってもらえる声であることに親にとても感謝している。

この章では、

生まれながらに「声がすてき」という人ももちろんいますが、どんな人でも精神的に成熟し自立してくると、声がとても魅力的になります。

と、書かれている。

おぅ~!そうなのか?そうだとしたら、いい感じ。

さらに、

呼吸が深く、長くなると、自分自身が成熟し、自立する方向に向かいます。

と、書かれている。

あぁ、やはりヨガのおかげだったのか。。。

容姿が綺麗、顔が綺麗。

最高にいいなと思うけど、声が素敵というのは、それを超えるかもしれないと思う。

色んな意味で、外側は内側を現しているのだろう。。。

「セラピーやヒーリングを受けるときに」

という章も、なかなか面白く思わずふきだしたので、ぜひ、読んでみてください。

0

聴覚言語障害センター・ヨガ 4回目



12月22日 10時28分

ヤギ座新月

19年に1度の新月と冬至が重なる日でした。

すべてのことが新しく始まるような気がします。


その日にヨガをする。そのことにも意味があるように思いました。

参加者  20代男性1名、20代女性1名、40代男性1名の3名でした。

*呼吸と動作を合わせること

*深い呼吸、自分自身の鼻呼吸に意識を向けること

*自分自身の体の状態に意識を向けること


それらのことが、ブリージングエクササイズ・坐法での腹式呼吸、寝て立膝の腹式呼吸で確実にできるようになってきています。

ダヌル・アーサナを各自できる範囲で行いました。

いつも最後に内観瞑想を取り入れています。

今回は少し長い時間を取り、「新月の願い事」についてお話しさせていただきました。

みなさん初めて聞かれたようで、とても興味深い様子でした。

そして、自分が願いを持つということを考えもしていないということにも気づかれました。

おそらく今までに人生、私には想像もつかない色んなことがあったのだと思います。

だけど、どんな人もどんな境遇であっても、実はみんな同じように自由なんです。

何が自由かというと、「自分の思考」です。

誰も頭の中で考えることに邪魔はできないのです。

自分がどんな思考をするかは、完全に自分次第で自由なんです。

20代の男性は本当に謙虚な方で賢く、真剣にヨガに取り組まれていて、いつもこちらが勉強になるのですが、「願い事」を教えていただくと、「もっとちゃんと片づけられるようになる」と、答えられたんです。

何を願ってもいいし、叶うはずがないという枠を取り払ったうえでの願い事です。
とお話しさせていただいたにもかかわらずです。

彼の願い事は、実は願いではなく、「to do」です。しなければならないこと。



自分の意識と思考がすべてそのまま自分をつくります。

これはもう、法則です。

彼にこれからどんどん自分が幸せだと感じることを意識し、イメージしてほしいです。

今日はその第1歩。

新しいことを始めるのにふさわしい日になりました。

頭の中は自由!何を願ったっていいんです!誰にも迷惑はかけません。

誰かの不幸や否定的な言葉願いはもちろんダメです。

「~じゃない」「~ではありませんように。」など否定語の願いは意味を成しません。

そのことを肯定的に表現したもの。

普段の生活の中での思考もそこに意識を向けることで、自分が変わります。

ヨガの大切なことに認知間違いに気づき、自ら正すということがあります。

そのために自分の中に意識を向けるのではないでしょうか。

すべての人が自分の幸せに気づくことを願います。

合掌

0

今年最後の「Yururi 子育てヨガの会」

safe_image.jpg

城陽駅近くの「ぱれっとJOYO」親子ルーム。

この部屋で初めて子連れでヨガをしたのは、もう5年近く前のこと。

毎年毎年新しく赤ちゃん連れのママたちと出会ってきました。


主催者の西野真実さんとも、ともに歩んで5年。

本当に頭が下がります。

私たち二人の共通の考えでぶれないものに、

ママが幸せだと感じられないと子供も幸せだと感じられない。

完璧なママを目指さなくてもいい。

ただ子供の存在に、頭で考えるのではなく、心の真ん中でいつまでも「ありがとう」と感謝してほしい。


誰でも初めて子供を産み育てるときは不安でいっぱいで辛いこと投げ出したいこともいっぱい。

だけど、子供にとってたった一人のママ。

その代りは他の誰にもできやしない。

少々出来の悪いママでも、子供はママのことが大・大好きなんです♪

こんなに、そんなに、好きになってくれる人はめったにいない。
そのことを思うと、あぁ、なんてありがたくて幸せなんだろうと思うのです。

その気持ちをいつもいつも思い出して、大切にして、子育てを乗り切ってほしい。

そのお手伝いを惜しみなくできるとしたら、それはそれは幸せなことなんです。

私の3人の息子もこんな私を母親だとずっとずっと思ってくれている。
生まれたときからこれからも死ぬその時まで。


それはもう、ほんとに「ありがとう」としか言いようがないのです。。。

来年もそんな思いが伝わるような子連れヨガが出来たらいいなあと思っています。

たくさんのママのご参加お待ちしています。


感謝

0

京都伏見・恵福寺ヨガ

恵福寺1

~お寺でヨガ~

本堂のご本尊・平安時代の木像阿弥陀如来立像、木像地蔵菩薩像の前で、深い呼吸とゆっくりした動作のヨガ。

特別な空間での自分自身と対話する、ヨガの時間をぜひ体験してください。

日時     2015年1月18日(日)開講 毎月第3日曜日開講予定

        10:30~12:00

場所     浄土宗 蕙福寺(えいふくじ)

         京都市伏見区日野西大道町8-1
         地下鉄東西線 石田駅より徒歩20分  (駐車場有)

会費      1回  1000円

お申込み   蕙福寺  075-571-2271

持ち物     ヨガマットかバスタオル
         動きやすい服装でお願いします。

  春にはしだれ桜がとてもきれいで、有名なお寺です。

恵福寺2


0

はなのいろ

はなのいろはなのいろ
(2013/06/28)
浦沢 美奈

商品詳細を見る


本屋さんをぶらぶらと。

この綺麗な花たちから目が離せない。

ページをめくると、「ふぅ~。」とため息が出た。

なんてきれいなんだろう。。。


出版社も京都で著者も著者というか写真の花たちを作った人も京都の花屋さんだった。

それで、迷わず買うことにした。

いつもこんな素敵な花を家に飾ることはなかなかできないけれど、こうやって写真を眺めることはできる。

それが予想以上に幸せな気持ちになる。


胸のあたり、心ということか、

中から、ほぉわわぁ~んと広がっていく心地いい感覚がある。

これはもう、とてもとても大切で幸せな感覚だ。


花はすごい。

そんなことは何も思っていないだろうけれど、花を見た人は幸せな気持ちになる。

ただ、そばにいるだけで幸せな気持ちになる。

そんな人になれるだろうか。


そんな人を目指してみようと思った。


0

選挙に行こう!

今度の日曜日は、選挙・投票日だ。

その日は一日予定が詰まっているので、今日、期日前投票に行こうと思う。

投票に行くのに、家に届く投票所入場券が必ず必要だと思っていた。

そう思っている人が多いのではないだろうか?

お知らせいただいているだけで、免許証など身分証明ができるものがあれば、あのハガキを忘れても大丈夫なんだそうだ。

この世は知らないことばかり、思い込んでいることばかりなり。。。


さて、誰に投票するのがいいのだろうか?

とりあえず、公平に投票権があるということがどんなに幸せなことか思い知る必要がある。

これも日本では当たり前すぎて、全然ありがたいと思っていなかった。

私は支持政党もないし、支持する宗教もないが、戦争と原発はアカんのちゃうか??!!

と、強く思う。

そうなると、そのことをずっとぶれずに訴え続けているのは共産党ということになる。

なんかちょっとイメージ悪いし、ヒステリックな女性の叫び声なんかも聞こえてきそうで、いやかもと思っていたが、それも知らないうちに刷り込まれたイメージなんだろう。

こうなったら、1回共産党さんが政治をやってみたら、どうだろう?

ダメだったら、また変わればいいわけだし。。。

投票率100%になって、いつも行かない人が誰にいれたって同じと言うなら、共産党に投票してみる。

うわぁ~!

世の中根本からひっくり返るようで、ちょっとわくわくするのは私だけだろうか。

みなさんも、どうですか?

ビッグサプライズ!


0

自分の生き方

P2014_1209.jpg

JR城陽駅。

なんか改修工事なのか、ものすごい高さまで工事現場の足場が組まれていく作業を見た。

金髪や刈上げの若者たち。

たぶん息子と同世代。

親方に怒鳴られながら、「はい!」「だいじょうっぶす!」とか言ってどんどん高いところに上っていく。

建設業界は今、人手不足とか。。。

ここでまた、学歴、職業、大企業、働くって、なんだろうと思う。

こうして、世の中を支えてくれている若者がここにいる。

心の中で、どんなつらいことがあっても、腐らず、頑張れ!と何度も思った。



同じ日、地下鉄で隣に某有名私立小学校の制服を着た低学年と思われる男の子が坐る。

おもむろに何か参考書と思われる本を出し、読み始めた。

ちらっと見ると、英語の参考書のようだ。

さすが。。。

いや、よく見ると、フランス語だった。。。

なんで???

もう授業があるのか?それともそんな塾に今から行くのか?

心の中で、ほんとにそれが好きなのか?したいの?親の期待に応える必要なんかないんだよと何度も思った。


工事現場と地下鉄の男の子。

どちらがいいとか悪いとか、そんなことではない。


自分で考え、自分で選んで、そして、自分に誇りを持ってほしい。

世間の目なんて、ありゃしない。


今日はおまけに、大きな虹も見た!


0

イマジン ・12月8日

イマジン ~ミレニアム・エディション~ ( リミックス&デジタル・リマスタリング盤 )イマジン ~ミレニアム・エディション~ ( リミックス&デジタル・リマスタリング盤 )
(2000/02/16)
ジョン・レノン

商品詳細を見る


12月8日

昨日の萬福寺の「心おだやか、ヨガの会」で、僧侶がお話しされたように、お釈迦様が悟りを開かれた日。



12月8日

戦争を知らない人が、私を含めたくさんになったが、真珠湾攻撃の日。

そう教えられても、実感としてわからず、まるで歴史の年表を覚えるような感覚だ。



12月8日

ジョン・レノンの命日。

この日のことは、よく覚えている。

音楽をしているたくさんの人に囲まれていた時だったので、男の人が涙を見せるんだと胸に刻んだ覚えがある。


12月8日

こうしてみると、まさしく、生と死を考える日のように思う。


生まれてきて、いずれ必ず人は死ぬ。

だからこそ、生きるということを考えなければならない。

自分はどう生きたいのか?

どこに向かっていこうとしているのか?

たとえ明日死ぬとしても。。。

イマジン。

誰もが自分の想像した通りの人生をおくるのではないだろうか?

強く強く信じられることを自分がこうだと思うことを想像する日が、12月8日。

そんな風に思う。


0

成道とイチョウ

萬福寺イチョウ

今日は、萬福寺「心おだやか、ヨガの会」今年最後の日でした。

今日もまた、満員のご参加本当にありがとうございました。

今日は加藤和尚の計らいで、非公開の松隠堂のお庭の素晴らしいイチョウを参加者の皆様と観ることが出来ました。

今年は毎年見事な紅葉が終わり、残念に思っていましたが、まさかの初イチョウの素晴らしいじゅうたんとの出会いでした。

萬福寺イチョウ1

四季がある。それぞれの景色を楽しむことが出来る幸せ。

幸せはそこらじゅうにあふれている。
そのことに気づくことが幸せ。

今日の和尚さんのお話は、そんなことも教えていただいたのです。

12月8日は、お釈迦様が悟りを開かれたとされる日。

仏(覚者)となったことを成道といい、その日が12月8日。

禅宗の大寺では12月1日から8日の朝まで7日間不眠不休の坐禅が行われる。

禅宗の萬福寺でもその修行が行われるということでした。

和尚さんも「悟り」は、我々ができることではないが、「決意」ならできるのではないかと、わかりやすく話されました。

今年ももうあと少し。

どんな生き方をするのか、それはすべて自分自身が決めること。

何かのせいや誰かのせいにするのは簡単ですが、それは違うと思うのです。
何かが自分に起きたとしても、そのことさえも自分で自分の意志で生きていくと決意すること。

誰も他人の人生を生きることはできない。たとえ親子でも。。。

自分の人生は自分でしか生きることが出来ない。

それはとても幸せなことではないかと思うのです。

今年の自分はこれで良かった。

来年の自分はこうありたい。

1年の区切りがあるおかげで、そんな風に考えることが出来る幸せがあります。


今年も1年、どうもありがとうございました。

来年は、1月11日です。

来年も、どうぞよろしくお願いします。

合掌

0

ドクターX・大門未知子

無題

昨夜も見ました!ドクターX

かなりの高視聴率らしい。。。

確かに私も毎週楽しみに見ています。珍しくテレビドラマを。

大門未知子、やりますねぇ~!

天童総長、一番怖いですね。もしかして、めちゃくちゃ悪い人なんじゃないですか?!

まぁ、悪い人って、いったいどんな人?っていう疑問もありますが。

私としては、白木看護師長から、目が離せません。その貫き具合、半端ないです。

でもこれは、演じる高畑淳子さんが凄すぎるからです!

神原所長の岸部一徳さんもものすごい俳優さんにならはりました。

その昔、タイガースの時の彼がこんな役者になるなんて誰が想像することが出来たでしょうか。。。


誰しも大門未知子のように生きたいと思っている部分があるのかもしれません。

自分の考えを持つ。
自分のしたいことをする。
誰の指図も受けない。
他人にどう思われるかなんて無関係。
組織や名義体分に興味なし。

本当は誰でもそうしたいならできるはず。
しないのは他でもない自分。
すべてのことを自分の判断でしたなら、そのすべての責任を自分がとる覚悟が必要でそれを本当にできる人がなかなかいないのでは。

わざわざもめたり問題を起こす必要はないけど、自分軸で生きる姿勢はずっと私も貫いていきたい。

大門未知子がそうできるのは、なんといっても誰もが認める外科医としての抜きんでた実力があるからで、ただの暴れん坊では話にならない。

では、ヨガのインストラクターとしての本物の実力っていったいなんなんだろう???

私には想像もできないことだが、自分のできることをしていくしかない。


さて、大門未知子のいつも履いてるヒールの裏が「赤い」って、気付いてました?

どんな意味があるのかなあ。。。

該当の記事は見つかりませんでした。