FC2ブログ

京都・ヨガのある暮らし ーCalm Oneself Yoga-

なにで勝負しますか?

今週も土曜日の若花亭のヨガで、1週間が終わります。すべての教室の皆様、本当にありがとうございました。若花亭のおかみさんは、とても明るい人で、70歳を超えた人ですが、「やすこちゃん」と呼んでと言われているので、みんなで「やすこちゃん」と呼んでいます。料亭の前にあるおうどんやさんで、毎回おうどんをいただいています。御出汁をていねいにとられているので、とてもおいしいです。帰りぎわ、いつもドアをガラガラと...

fm GIG 番組担当「ねこのねごと」

エフエム・ギグは京都から発信するNPOのインターネットラジオ。日本最大!(たぶん)6月1日から、パーソナリティとして、番組を担当することになりました。スタジオは京都四条烏丸にあります。和風のおしゃれなスタジオです。その昔、バブルのころの大学生の私。今の大学生はほんとに尊敬することばかり。。。勉強も就職も。私なんか、毎日楽しいことばかり。将来だって、何でもできると本気で思っていた。というか、何の危機感もな...

聴覚言語障害センター・ヨガ  2015  5月

今日もまた真夏並みの暑さでした。最高気温30度です。いい気候の春を飛び越え、冬から夏です。なんか地球の異常を感じます。聴覚言語障害センター・ヨガ参加者  4名10代  男性20代  男性40代  男性20代  女性みなさん、聴覚以外にも様々な障害を抱えています。フルバタフライ    アイソメトリックハンド・クレンチングネック・ムーブメント、ネック・ローテーションハンド・イン・アンド・アウト・ブリー...

死と向き合うこと

宇治市社協・障害デイサービス「デイ・ヨガ」2013年4月から担当しています。今日は2015年5月のデイ・ヨガの日。初めて、参加者の方の「死」と向き合うことになりました。社協の担当の方から、教室でみなさんに参加者のおひとりが亡くなられたことのお話がありました。担当者の方の心を感じるお話で、その後、全員でご冥福を祈り、1分間の黙とうをささげました。それで、ヨガを始める前に、少し「生きることと死ぬこと」...

言葉の壁と文化

先日、ヨーガ療法学会の3学会合同研究総会について、ブログにアップしました。私はその後、ウクライナからの招待講演のタマーラさんとジュリアさんを京都案内という大役が待っていたのです。ヨーガ療法士仲間で一緒にキエフに行ったあゆみさんと。私のできることは生まれたときからずっと京都で誰よりも京都を愛する気持ちから、心を込めて案内すること。車の運転も英語の通訳もぜ~んぶあゆみさん。。。学会からずっとタマーラさ...

幸せな日常

今日のヨガ教室「若花亭」のお庭のつつじ。綺麗です。雨上がり、一層色につやを感じます。先週5月8日から10日までは、日本ヨーガ療法学会研究総会でした。3学会共同で、最先端医療と伝統医療の理想の統合をテーマにたくさんの講演があり、貴重な経験でした。私なりに各教室で学会で学んだことをお話ししています。突き詰めると、いつも思うことですが、自分の生き方を自分で考えることではないでしょうか?人は誰しも生まれた...

京都・お寺でヨガ 黄檗山 萬寿院ヨガの会

6月から、京都・宇治 黄檗山の塔頭のひとつ「萬寿院」で、ヨガの会が開講となりますここで靴を脱いでください。ヨガをするお部屋です。定員30人の予定です。総門横の駐車場です。1時間500円なんですが、ヨガの会に参加される方に限り、ヨガの時間停めていただいて、500円にしていただきました。ご配慮いただき、ありがとうございます。              * ご案内 *日時   2015年6月21日(日)...

人生はニャンとかなる!

今日は、子供の日ですね。3人の息子たちがちいさいころは、毎年実家に連れて行き、京都の今宮神社のお祭りに行ったり、母の作ってくれたご馳走を食べたり、たくさんの子供の日のプレゼントをもらったり、買いに行ったり。。。そんな事々を思い出します。連休で帰省した二男が、「実は子供ながら、こんなにいっぱいおじいちゃん、おばあちゃんに買ってもらったりごちそうになったり、ゲームもしたいだけしたり、お金をいっぱい使わ...

ヨーガ・ニドラー

新緑の候。今日は黄檗山萬福寺「心おだやかヨガの会」でした。西方丈のお庭の新緑です。秋には紅葉して全く違う趣になります。紅葉がお庭のメインかと思っていましたが、実は、「松竹梅のお庭」だったのです。松竹梅なるほど。5年間もこのお庭を見てきたのに、こうして教えていただき、その素晴らしさにあらためて気づきました。今日もまた、満員のご参加ありがとうございました。お寺の諸事情で、今回で西方丈のお部屋でのヨガは...

クリオネのように。

このかわいらしい植物についていた名前は「クリオネ」薄いピンクのような藤色のような花のようなものが咲いて、揺れている。お花やさんの店先で見つけて、思わず、家に連れて帰りました。「クリオネ」ハダカカメカイという和名で、巻貝の仲間らしい。水中を舞うように泳ぐ姿から天使にもたとえられるクリオネ。そのクリオネに似た花を咲かせる植物。その姿は、物事に逆らわないで、身をまかせて、ただよって、それでいて、自分とい...