ヨガのある暮らし ーCalm Oneself Yoga-

Calm Oneself              自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。         自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。             そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。

  1. 聴覚障害センター・ヨガ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

聴覚言語障害センター・ヨガ  2015.9月


毎月第4火曜日が聴覚言語障害センターでのヨガの日です。

今回は第4週が祝日で、第5週の29日でした。

毎回担当の山本さんが、その日のいろんなことを考えてメンバーを決められます。

今回、先月のブログで紹介した20代男性が初めて欠席でした。

その理由は、今回初めて参加される10代女性との信頼関係にありました。

参加される皆さんは、聴覚障害だけではなく、何らかの知的、精神的などにも障害を抱える重複障害者の方です。

担当者は、それぞれの日頃の様子、性格、障害の状態など、いろんなことを考慮して、その日の参加される方を決め、話し合われます。

それだけでも、想像するだけでも大変なストレスフルなことです。

そんなお話を伺うだけで、現場でそのことを体験することも含め、講演や本を読むのとは比べ物にならない学びがあります。


参加者  3名

10代  男性

40代  男性

10代  女性


それぞれ、聴覚以外にも様々な障害を抱えています。


ハンド・イン・アンド・アウト・ブリージング
ハンズ・ストレッチ・ブリージング
アンクル・ストレッチ・ブリージング
ムクタ・アーサナ
アイソメトリック・パシチマ・ターナ・アーサナ・ブリージング
パードッターナ・アーサナ
ターダ・アーサナ
シャバ・アーサナ

などなど、スタンディングのポーズも取り入れながら、

ゆっくりのペースで、担当者の手話による説明を交えて行います。

今回、参加された10代の男女が、ものすごい体の緊張に気づきました。

少しの動きで、特に肩、首、足首、足裏、など、強い痛みがあるようでした。

それで、いつもにもまして、ゆっくり、丁寧に、アイソメトリックも取り入れながら、進めていきました。

担当者の方は、最後まで部屋にいること、そして、ヨーガをすることは難しいと思われていました。途中で勝手なことをしたり、出ていくことも視野に入れられていました。

だけど、1時間30分。

最後までやろうとする気持ちが続きました。

ふざけているのではなく、ほんとに、肩や腕や足が痛いようです。

私には、同世代の子供がいるので、全然いらいらしないのです。

「うぉ~!」と言って、痛そうなのも、ほほえましく思えます。いろいろ大変だろうけれど、彼らも頑張って生きているのです。
そのことが肌で感じられます。
聴覚障害というのは、自分の意思が伝えにくく、また、相手の意思も正確にわかりづらいし、すれ違いや誤解が生まれやすい。ただ、話すということがこんなにも難しい。ストレスが計り知れません。

身体、心が硬くなるのもあたりまえですね。

それが、シャバ・アーサナは、とてもスムーズにできました。

呼吸も、呼吸法では難しいのですが、ゆっくり落ち着いた安定したリズムの腹式呼吸ができています。

目を開けているときは、必死で目から情報を受け取ろうとする必要がありますが、目を閉じることによって、情報が遮断され、心の静けさが戻るように感じられました。

本当のところはわかりません。

ヨーガ療法とはなんでしょうか。
意識を自分に向けるとはどういうことでしょうか。

今回も思いを馳せます。


彼らの心の声をいつか聞けるようになりたいと思うのです。

今日もありがとうございました。

合掌





スポンサーサイト

  1. fm GIG ねこのねごと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ねこのねごと  2015.9.28

nishizawa.jpg

9月28日から、日付けが変わった深夜12時半からの「ねこのねごと」

聴いていただけましたか?

今回は、たくさんの人が大好きな松任谷由美・荒井由美さんの特集3曲。

たくさんの中から、3曲を選びましたが、全部、荒井由美さんの曲になりました。

お届けした曲、3曲

1.「ひこうき雲」                         

2.「瞳を閉じて」                       

3、「中央フリーウェイ」                        



おすすめの1冊の本

  「七十歳死亡法案可決」          垣谷美雨


「こころのヨガ」  
ヨガからヒントを得て、生き方を見つめてみます。

   ヨーガの根本
  
   ~ヨーガ八支則~ について

   1、ヤーマ(禁戒)行わない方がいいとされる5つの行為

     よっつめ  プラフマチャリア (禁欲・無駄使いをしない)
     
     必要な欲は、なんでしょう?

     自分にとって、無駄使いってどんなことでしょう?

今夜は満月・スパームーンでした。

ほんとに大きくてきれいな満月でした。

それで「満月の瞑想」について、やり方やその思いをお話ししてみました。



*おやすみまえの言葉

「こんな薬を10錠飲むよりも 心から笑った方が、ずっと効果があるはず」

                         by アンネ・フランク

こんな感じで私のトークを交えて、お送りしました。

来週は、伊坂幸太郎さんの小説から、斉藤和義さんの特集です。
何がかかるかお楽しみに。

おすすめの本もお楽しみに♪

「心のヨガ」、自分の心をそっと見つめるコーナーになっているように願って。


寝る時間かも知れませんが、ぜひ、聴いてくださいね!

では、また来週。

お会いできますように。。。




  1. 日々、思うこと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

お・い・あ・く・ま (おい悪魔)

私はあまりテレビを見ません。

その代り、ほとんどFMラジオを聴いています。

最近では、自分がラジオ・パーソナリティーだと思い込み、DJさんの話し方や言い回し、話題の内容など、気になったり、参考にしたりしています。

意識を向けるって、ほんと凄いことです。。。

今日のラジオで聴いたこと。

「おいあくま」で生きる。

これは、自分が成長するための大切なことの頭文字から。


お・怒るな

い・威張るな

あ・焦るな

く・腐るな

ま・負けるな


なるほど。。。

ついついしてしまう心のことですね。

その内容も人によって、いろいろとり方はあると思いますが、私は「腐るな」ということを、最も大切にしたいと思うのです。

理不尽なこと、自分のせいではないと思うこと、やりきれないこと、どうしたらいいか見当もつかないこと。

そんな時に、他人から励まされたり、慰められても、よけいにきついこともあると思います。

そんな時「腐るな」としか言いようがありません。

自分で自分に。。。

どんな人間にも心の中に「悪魔」が住んでいることでしょう。

そんな自分の悪魔に

「おい!悪魔!」

と、問いながら、この言葉を思い出すようにしたいです。

「おいあくま」

書いておかないと、またすぐ忘れるので、記事にしました。

合掌




  1. ヨガの教室
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

自分のしたいこと

P2015_0926_101000.jpg

今週はシルバー・ウィークで変則的でしたが、土曜日を迎え、1週間が無事終わりました。

今日の若花亭のヨガの教室のお部屋には、秋のしつらえが。

床の間の花瓶には、秋のススキ。

掛け軸にも秋の俳句。

こんな風に季節を感じる心づかいに感謝です。。。

9月も終わりに近づき、上半期が終わります。

少し、この半年を振り返ります。


10月からは、いろいろ新しいことに取り組みます。

また、お知らせしたいと思います。

結果を先に考えずに、自分がしたいことに挑戦するということを忘れずにいたいです。

そしてその本質が、お金のためではないことに気づきます。

もちろん、お金は絶対必要で大切です。

でも、お金のためということを一番に考えると、だいたい間違います。

そのことは、政治家たちが十分に証明してくれています。

自分のできた対価として、それにふさわしいお金と言うエネルギーが回ればいいなと思います。

どんな考えでどんな行動をするかで、その人の真価が問われます。

自分に恥ずかしくないように、

自分の心の声を聴きながら、この後の半期の目標を立てようと思います。

ヨガの時間を持つことが、みなさんにとっても、そんなことのヒントになればと願いながら。。。

合掌



  1. 仏教とヨガ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

どんな種を蒔いているのだろう。。。

41K8MFCgcfL__SX298_BO1,204,203,200_

シルバー・ウィークも終わり、お彼岸も終わりました。

いいお天気も終わり、雨の朝、日常が戻ってきました。

私は仏教が好きです。

難しいことはわかりませんが、少しは勉強しています。

色んな本も読みます。

案外、すぅ~と違和感なく入ります。

この違和感がないというのが、とてもとても大切です。


仏教にもいろいろあるのでしょうが、浄土真宗は身近な感じで、緩い感じもあり、親鸞聖人の大胆さも好きです。

禅宗は厳しい感じがしますが、背筋が伸び、気持ちが洗われるようで、好きです。

仏教、禅宗、密教のルーツは、ヨガではないかと思うのですが、それは違うと言われる僧侶もいらっしゃると思うので、明言できません。
私はそんな風に感じますといつも言っています。

お釈迦様。

どんな人なのか。


この本は、とてもわかりやすく、日常に仏教を落とし込んで書かれているのでいいなあと思います。

本当に賢い人は、難しいことを簡単な言葉で教えてくださるのが常です。

生きる意味。

死ぬこと。

因果応報。

自業自得。

色んなことがわかります。

わからないことだらけだけど、ひも解くように少ずつわかることが生きるということなのかなあと思います。

そして、知れば知るほど、自分がなんてしらない、わからないことだらけなんだろうということがわかります。

全ては自分。

そのことだけは、なぜかわかっているのです。

合掌





  1. 日々のはなし
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

シルバー・ウィーク&お彼岸

彼岸

19日から始まったシルバーウィーク。

毎日とってもいい天気!

こんなにお天気に恵まれた連休ってなかなかないですね。

20日は、萬寿院でヨガの会。

21日は、妹とお墓参り。両親が亡くなり、月1回二人でお墓参り。お彼岸なので、僧侶にもご挨拶。そのあとの遅いランチとおしゃべりも恒例。

ちょうどいい距離感で、いつまでも仲よく、ふだんは何も連絡しなくても、何の問題もなし。ありがたいです。。。

22日は、「夢の寺子屋大修学旅行」と言う講演会というか、イベントというか、(この集まりを説明するのは難しすぎます)に行ってきました。

私も友達もこのイベントを楽しみにして、うきうきしているという怖さ。。。

みうらじゅん、いいなあ~!

その思考、いい感じ。

自分の根底にそれがあるというのが、また怖い。。。

シルバーウィークであり、お彼岸であるこの5日間は、ほんとは修行の時。

萬寿院のヨガの会でも、そのことはお話ししているのです。

私ときたら、どう?

今日は一日オフ。

静かに自分と過ごしたいと思っています。

笑う

肩の力を抜く

今を生きる

それは、ヨガだけど、やっぱり「みうらじゅん」が教えてくれたのです。

ありがとう♡




  1. fm GIG ねこのねごと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ねこのねごと  2015.9.21

nishizawa.jpg

9月21日から、日付けが変わった深夜12時半からの「ねこのねごと」

聴いていただけましたか?

今回は、私の大好きなベーシスト、京都在住の山田晴三さんの特集3曲。

9月13日に京都老舗のライブハウス「拾得」で還暦ライブをされ、もちろん行ってきました!

カリンバ奏者でもあります。カリンバの音がいいなあと思うのです。

お届けした曲、3曲

1.「羽の飾り」                         

2.「You send me」                       

3、「I shall be released」                        



おすすめの1冊の本

  「神さまの休日~僕らはまためぐりあう~」          岡本貴也


「こころのヨガ」  
ヨガからヒントを得て、生き方を見つめてみます。

   ヨーガの根本
  
   ~ヨーガ八支則~ について

   1、ヤーマ(禁戒)行わない方がいいとされる5つの行為

     みっつめ  アステーア (盗まない・不盗)
     
     今、社会を騒がせている盗作。
     他人の時間も盗んでいないだろうか?



*おやすみまえの言葉

「誰からも愛されないのは、大きな苦痛です。

 でも、誰も愛することができないのは、生きていても死んでいるようなものです。」

                         by グリューン・ベルグ

こんな感じで私のトークを交えて、お送りしました。

来週は、誰もが口ずさむことができる曲がかならずあります。
松任谷由美・私の中では荒井由美さんの特集。
何がかかるかお楽しみに。

おすすめの本もお楽しみに♪

「心のヨガ」、自分の心をそっと見つめるコーナーになっているように願って。


寝る時間かも知れませんが、ぜひ、聴いてくださいね!

では、また来週。

お会いできますように。。。




  1. お寺でヨガ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

お彼岸・お寺でヨガの会

P2015_0920_092411.jpg

今日は黄檗萬寿院ヨーガの会でした。

シルバーウィークで、どうだろうと思っていましたが、満員の御参加本当にありがとうございました。

黄檗山萬福寺の総門は、お彼岸だからでしょうか。
総門に飾り付けがされていました。

P2015_0621_093551.jpg

宮崎和尚のお経からヨガの会が始まります。
中国様式・中国語読みの「般若心経」です。
朗々とした通る声の読経に、心が洗われます。

今日の「壮美のポーズ」
なかなか楽しく盛り上がりました。

そのあとの片足を立膝の瞑想のポーズは静かな大好きなポーズです。


お彼岸ということで、「六波羅蜜」について、少しお話ししました。

6つの修行

1.布施
2.持戒
3.忍辱
4.精進
5.禅定
6.智慧

お彼岸にはこの6つの修行をなすのが本来だとか。
私は詳しくお話できる立場でもないし、もちろん修行もできてなどいないのですが、この「六波羅蜜」が、何回聴いても好きです。

特に
「禅定」
その言葉の響き、心を穏やかに鎮め、安定させ、自分と向き合う感じ。
私は勝手に、あぁ、私の思うヨガだなあと思のです。
そんなことをお話ししました。

そして最後の瞑想で、そのイメージで「ゆらぎの音・リン」を聴きながら、静かに目を閉じます。

お寺のお部屋は風が通り、静かで広く落ち着く贅沢な空間です。
この空間でこんな時間・ヨガができることに感謝します。

今日もまた、ありがとうございました。

来月も申し込み予約が始まっています。

たくさんの方の御参加、お待ちしています。

合掌



  1. 子連れでヨガ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

子育てサロンYururi「ココロゆったりヨガの会」

palletphoto.jpg

今日は毎月第3金曜日開催の「ココロゆったりヨガの会」でした。

毎回、赤ちゃん連れのママがたくさん参加されます。

ありがとうございます。

会場はこの写真のぱれっと城陽の「親子ルーム」です。

綺麗なフローリングのお部屋で、おもちゃもあります。

いつもこんなにたくさんの赤ちゃんや幼児が一緒で、ヨガがスムーズにできることが不思議です。

普段全然知らない同志のママたちの集まりというのもいいなあと思うのです。

なんていうか、いらないしがらみがないので。。。


今日も本当にうれしい感想をいただきました。

「前回初めて1回参加しただけで、その日の夜はぐっすり眠れ、帰りも体も気持ちもすっきりしたので、今回も楽しみにして参加しました。」

そんな方が、お二人も!!

恐るべし、ヨガの力。。。

しんどい子育て中に、ほんの少しでも、こんな風に役に立つことができたら、本当にうれしいです!

3人の男の子を育ててきて、そのこともやっぱり役に立っているなとつくづく思うのです。

この世の中、それぞれの方が、それぞれ誰でもその人の人生に無駄なことは何一つないのだと思います。

「自分の今までの人生もそれで良かった。

    そして、これからは、毎日を大切にする。」

そんな風に思えるように、ヨガの時間を持っていただけたらと思います。

主催者の西野さん、ほんとにありがとう!

来月もまた、お待ちしています。

来月の講師は、私が公用のため、初めて垣内早恵子先生です。

素敵な先生ですので、お楽しみに♪




  1. 日々、思うこと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

秋の気配

P2015_0917_162118.jpg

今年の夏は、ほんとに暑くて、何度も「ふぅ~。」と、息を吐きました。

なんだか倒れそうになるので、自分を落ち着けるために。

それが、ここ最近、一気に秋の気配。

テーブルの花も完全に秋の花たち。


季節は不思議なことに、いや、当然なのかもしれませんが、確実に廻る。

自然のサイクルには、人間など到底及ばない力がある。


そのことを知らしめようとしてか、大きな自然災害が、相次いで起きています。

私たちの生活から見ると、その映像を見るだけで苦しくなるような災害です。

だけど、

自然の立場から言えば、災害と言うのは人間の作ったことなのでしょう。

その事象があるだけで、災害という概念もないはずです。

そして、

実は、自然とは私たちの外にあるのではなく、私自身がすでに自然の一部です。

そのことをすっかり忘れて、自分のことばかりを考えている人間。


もっと五感を研ぎ澄まさなければ。。。

便利になって先進国になればなるほど、もしかしたら五感はその機能が衰えていくばかり。

そうなのに、進歩なんだろうか???


私にはいろんなことが、さっぱりわからなくなる時があります。

もっと、全ての人が心の真ん中の奥の奥に潜む、その感覚を呼びさまし、研ぎ澄ますことができたら、大きく生きるということが変わるのだろうと思うのです。

ヨガとは、そんなところにほんの少しでも近づくためのツール。

自分の五感をもっと信じたいと思います。

まさしく、「気配」をいつも感じたい。

どんなことにも必ず「気配」があるはず。。。





  1. fm GIG ねこのねごと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ねこのねごと  2015.9.14

nishizawa.jpg

9月14日から、日付けが変わった深夜12時半からの「ねこのねごと」

聴いていただけましたか?

今回は、布袋さんの素敵な曲を歌う今井美樹さんの特集3曲。

今井美樹さんの声がいいなあと思うのです。

お届けした曲、3曲

1.「PIECE OF MY WISH」                         

2.「私はあなたの空になりたい」                       

3、「PRIDE」                        



おすすめの1冊の本

  「極卵」          仙川環


「こころのヨガ」  
ヨガからヒントを得て、生き方を見つめてみます。

   ヨーガの根本
  
   ~ヨーガ八支則~ について

   1、ヤーマ(禁戒)行わない方がいいとされる5つの行為

     ふたつめ  サティア (嘘をつかない・正直)
     真実という意味もあるかも。。。



*おやすみまえの言葉

「ひとつのドアが閉まったときは、また別のドアが開くもの」

                         by セルバンテス

こんな感じで私のトークを交えて、お送りしました。

来週は、大好きなベーシスト・カリンバ奏者の山田晴三さんの特集。

おすすめの本もお楽しみに♪

「心のヨガ」、自分の心をそっと見つめるコーナーになっているように願って。


寝る時間かも知れませんが、ぜひ、聴いてくださいね!

では、また来週。

お会いできますように。。。




  1. 本のはなし
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

おとなスタイル

51bbRpuBMXL__SX384_BO1,204,203,200_

本が好き。

それで、もちろん雑誌も好き。

本離れの中、私はついつい本を買ってしまう。

こんな雑誌が創刊されました。


おとなか。。。

もう充分大人。それが50代ということで、ターゲットです。


この年齢でロングヘアは厳しいかと思うけど、
とにかく自分に似合う髪型を知りたくて、信頼するイメージコンサルタント川口亜紀子さんの自分のタイプを知る診断を受けました。

「グレース・フェミニン」という診断で、それは私の理想ともいうべき姿。そして、ショートよりより女らしいセミロングかロングが似合う。年齢に関係なく。というお言葉をいただき、ご満悦な私。

この風吹じゅんさんは、還暦を過ぎて、このスタイル。

自分はどんなタイプか?

客観的に。

自分はどうなリたいか?

主観的に。

その外見と中身がどちらもその人らしいほど、素敵だということなのかなあ。

自分を知り、年を重ねることが、うきうきするようになりたいものです。

自分に似合う色。

自分に似合う洋服、スタイル。

自分と向き合うこと。

自分を大切にすること。

自分が自分自身で生きていくこと。

なんだか、ヨガとおなじです。





  1. 猫のみぃー
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

みぃーが教えてくれること

P2015_0913_111639.jpg

わが家の猫のみぃー。

たぶんかなりのおじいさん。

だから最近、私が勝手に思ってることだけど、彼も認知症を避けられず、わけもなく突然大声の唸り声をあげる。

全くあらぬ方向を見て、遠吠えとも思える声を時と場所を選ばない。

「あぁ~、どうなってるんだろう。。。」と私があきらめてガックリきたころに、突然うなりは終わり、何事もなかったように澄ましている。


この写真でわかるだろうか?

後ろ足の毛が毛羽立っている。

高齢になって、身づくろいのおしゃれな猫でも、後ろまでできなくなってきたのだ。

この場所は代わりに毛をといでやろうと思っても、触ると嫌がるのでできない。

みぃーとしては、「どうぞ、ほっといてください」ということなのだろう。

P2015_0913_105647.jpg

一応、彼なりに、この辺りまでは毎日お手入れを欠かさない。

それで何か問題でも?と言うことなのだ。

この写真からわかるように、後ろ足の爪も伸びてしまって、歩くとカツカツと音がする。
爪とぎも後ろはうまくできなくなったようだ。
それも致し方ない。
自分の年齢のまま、自然に生きている。

猫を見ていると、

「にゃんとかなる。
  にゃるようにしかにゃらない。
          疲れたら、寝とこ。
            自分の意見は一応、聞いてもらえるまで鳴いとこ。」

そんな風に思えます。
尊敬しております。
全く年を重ねても加齢臭とは無縁。全然体臭がありません。
素晴らしい!

今もふと知らない間に、私が座る椅子の下に静かに待機しています。

見守ってくれているのでしょう。

ありがとう、みぃー。



  1. ヨガの教室
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

なぜ、孫は無条件にかわいいのか?

とんがりやま

毎週木曜日は「とんがりやまのてっぺんで!」のヨガ教室です。

午後からはシニアクラスで、平均年齢は73歳くらいでしょうか。。。

みなさん素敵な若々しい、なんといっても人間的に賢い方ばかりです。
そんな人生の先輩とヨガの時間を持てることが、本当にありがたく幸せです。

毎回ヨガの時間に何となく、ひとつのテーマで話し合うというか、それぞれの方の考え方や意見をお聞きするようなひと時があります。

不思議なことなのですが、意図したわけでもなく、そしてものすごく有意義な時間になります。

今回は「慈悲」ということから、「孫」と言う存在に話が進みました。
参加されているみなさん、それぞれお孫さんがおられます。

全員が「孫は無条件にかわいい。全部許せる」というようなことを話されます。

それはなぜかということに彫り下げていきます。

*子供を育てるときと、責任が違う
*子供を育てるときより、経験がある
*子供を育てるときより、気持ちに余裕がある
*子供を育てるときより、孫は客観的に観ることができる
*子供を育てるときより、感情的にならない

ただ産まれてきてくれただけで、そこにいるだけで、充分。
笑ってても泣いてても、許せる。

それは、自分自身の心の状態が安定しているということではないでしょうか。
自分で自分の心に振り回されていない状態。

子どもにとって、親は絶対で大切ですが、親も必死なんです!
自分のいろんな心と戦いながら。。。
だから感情的になって、子供を傷つけることもあるかもしれません。

だから、自分をいつも無条件に受け入れてくれるおばあちゃん、おじいちゃんがいてくれたら、心が苦しくても逃げ場があります。
そして、また、親のところに戻れます。

ワンクッションおいて、冷静に物事を見る。

それはとても優しく強いことだと思いました。

そして、ヨガを続けることで、そうなれたらいいなと思うのです。

いつもたくさんの学びと気づきをありがとうございます。

合掌




  1. ヨガの教室
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ガムランの音色

51ODlIcS-+L__SY355_.jpg


今日は、台風直撃。

けれども、案外雨も風も弱いです。

今日のヨガ教室「チャンネル」休講にしようかと思いましたが、おひとりでも来られたらしようと思い、教室に向かいました。

バイクや自転車で来られている方、徒歩で長い距離を歩かれる方など、次々とお休みの連絡が入りましたが、4人も参加者がありました。
ありがとうございます。

いつもゆったりとした時間を目指していますが、今日はさらにゆったりさが増した時間。


最後に何時も内観瞑想やテーマを決めた瞑想やお話などをしています。

今日はちょっとその時間を「ガムランの音色」にゆだねる時間にしてみました。

激しいガムラン音楽もありますが、今日のガムラン音楽はヨガで使われるようなどちらかと言えば静かなガムラン音楽。

ただ、目を閉じて好きな坐法でその音色を聴き、身を委ねる時間。

いつもの教室のはずが、目を閉じていると異空間。

バリとはこんな感じなのだろうか。。。


音の持つ力は、予想以上に強烈です。

だから自分が普段耳にする音にもう少し気を配ってみてはどうでしょうか。

雑音、不快音、意味もなく流れているテレビの音など。

たまには「しーん」という音を聴いてみるのもいいすね。

無音という音。

無音の空間。

それはもしかしたら、とても贅沢なことかもしれません。

自分の五感を大切に。。。





  1. fm GIG ねこのねごと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ねこのねごと  2015.9.7

nishizawa.jpg

9月7日から、日付けが変わった深夜12時半からの「ねこのねごと」

聴いていただけましたか?

今回は、永遠のアイドル・松田聖子さんの特集3曲。

あなたならどんな3組?

お届けした曲、3曲

1.「青いサンゴ礁」                         

2.「赤いスイトピー」                       

3、「スゥイート・メモリー」                        



おすすめの1冊の本

  「強運の持ち主」          瀬尾まいこ


「こころのヨガ」  
ヨガからヒントを得て、生き方を見つめてみます。

   ヨーガの根本
  
   ~ヨーガ八支則~ について

   1、ヤーマ(禁戒)行わない方がいいとされる5つの行為

     ひとつめ  アヒムサー (暴力を振るわない・非暴力であること)



*おやすみまえの言葉

「今日っていう日は、ほかにないんだからね」

                         by ルイス・キャロル

こんな感じで私のトークを交えて、お送りしました。

来週は、女性・「今井美樹」さんの特集。

おすすめの本もお楽しみに♪

「心のヨガ」に変え、より心に寄り添うコーナーになっているように願って。


寝る時間かも知れませんが、ぜひ、聴いてくださいね!

では、また来週。

お会いできますように。。。




  1. 本のはなし
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

特殊な能力・五感

419ErOgvjbL__SX298_BO1,204,203,200_

今日はオフで、読書三昧。

明野照葉さん。

大好きな作家さんです。

全ての本を読みたくなります。

ちょっと実はいつも怖いです。それが、恐いもの見たさとでも言いましょうか、読みたくなるのです。

今回もある意味、ホラーなのかもしれません。

主人公は恐ろしいほどに聴力がいいのです。
どんなことでも過ぎたるは及ばざるがごとしなんでしょう。
いいことより、つらいことの方が圧倒的に多いようです。
まず、普通に暮らすことができないのです。

普通ってどういう状態?

これももしかしたら、難問です。

相手の心の声まで聴こえたら、やっぱり怖いです。
そして、相手が聴かれていることがわかってしまったら、もう一緒にいられないでしょう。
神経が摩耗します。

もう一人の登場人物の女性が、目の前の人の頭で考えていることが映像で見えてしまうのです。
それも相当怖いです。

ぜひ、お二人とも警察にでも特殊能力として超高額所得で勤務してほしいところです。
嘘も黙秘も通用しないのですから。。。


現代では、五感はこの程度と誰もが思っていますが、果たしてそうなのでしょうか?
もしかしたら、こんな風に恐ろしいほどに五感の何かの能力が突出している方もあるかもしれません。

だけど、それは必ずしも幸せではないというのが皮肉です。

五感を研ぎ澄ますこともヨガの一つと思っていましたが、どうなんだろう?

特別なことは何もいらないと思う私です。

そんなことより、信じるという力を培いたいです。




  1. お寺でヨガ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

黄檗山 萬福寺 初めてのヨガの会から、節目の会に。

P2015_0906_093230.jpg

今日は、天気予報通りの雨の日。

法堂から観る本堂は、雨に打たれ、その姿はさらに美しく、光っているように見えました。

今日は、恒例の毎月第1日曜日の萬福寺「心おだやか、ヨガの会」でした。

この会は、2010年10月3日(日)が、第1回でした。

その時の様子は、今もはっきり覚えています。

こんな素晴らしい空間でヨガができることにほんとにほんとに感謝したことを。


今日でちょうど丸5年が過ぎました。

その年月の間、たくさんの方、ずいぶん遠方からも参加していただきました。

最初、「五雲居」から、始まったヨガの会でしたが、すぐに重要文化財「西方丈」に移り、暑い夏は自然の涼しさに感謝し、寒い冬は重要文化財のお部屋でストーブという危険を和尚さんが認可して苦労してくださり、続けることができました。

今年に入り、お寺の諸事情で、7月からさらに普段足を踏み入れることのない「法堂」で、開講となりました。

とても貴重な経験となりました。
P2015_0705_093329.jpg

そして今回、お寺と私の諸事情で、いったん休講にすることになりました。

来年4月に気候が良くなったら、再開する予定ですが、未定です。

いろんな思いが巡り、今日はいつもにもまして静かな気持ち、ずっと自分と向き合う気持ちでヨガの会をしました。

最後に参加してくださったみなさんと、最後に「慈悲の瞑想」をしました。

内容はクリックして見ていただければと思います。

坐禅をするたんの座布団の上に座り、自分に言い聞かせるように慈悲の瞑想を心の中で唱え祈ります。

それはとても心が落ち着きおだやかになる作業です。

一番最初にこのヨガの会を名付けたとおり
「心おだやか、ヨガの会」として、いったん終わることができました。

この5年間、たくさんの方にお世話になり助けていただきました。

そして何より本当にたくさんの方に参加していただきました。

心からお礼を言いたいです。

本当にありがとうございました。

また、お会いできますように。

合掌





  1. シンプルライフ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

服を買うなら、捨てなさい

51ewmoyR5TL__SX338_BO1,204,203,200_

前から気になっていた本。

友達も気になり買っていたので、借りて読んでみました。

著者の地曳いく子さんは、同世代。

今まで書かれた本も読んでいます。


その通りだなと思う内容なんですが、ちょっとだけ、無責任だなと思うのです。

バブルの時代をともに過ごし、いっぱい買いものして洋服もバッグも靴も。

そして誰よりも雑誌で引っ張ってきた代表的なスタイリスト。

それが今さら、雑誌は妄想の世界と言われても。

服が大好きでご自身が飛び切りおしゃれだと自負されているのに、ちょっと体型が残念だなあと思うのです。


そんな意地悪な見方はしなくてもいいのですが。。。


この本の内容も突き詰めれば、自分を知るということのように思います。

自分を客観的に観て、そして、長所を知り、そこに焦点を当てて、伸ばしていく。

今を生きる。

過去の若い自分にしがみつくことなく、今の自分を大切にするということ。

他人にどう見られているかを気にするのではなく、どう見られたいのか自分に問う。


ファッションもまた、自分がどうありたいかということの一つだと思いました。

「客観視」

恐ろしいほどに大切です。

そして、大切なことは必ずシンプルです。

シンプルに生きる。

それに尽きると思います。




  1. 子連れでヨガ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

子どもを叱るとき、やってはいけない10か条

51GZNG71KPL__SY355_.jpg

このCDは、もう何年も何回も聴いています。

そして、このCDジャケットを見るたびに、育児の幸せに気づきます。

9月1日。
京都市左京区聖護院保育園にて、京都市子育て支援事業の「ヨーガ教室」を担当しました。

もう5年以上、もっとかな?続いている人気講座です。

今回も19組の親子、満員の参加でした。


子育て・育児は妊娠中、夢見たような毎日赤ちゃんとニコニコ暮らす、なんていうのとは程遠い生活。
自分の時間はないし、赤ちゃんは泣くし、ぐずるし、泣きたいのはこっちだと途方に暮れることばかり。。。

そして、怒りたくないのに、大声あげたり、叱ったり、そのあとまたまた落ち込んで。
やってられないよ、育児なんて。。。

そう思うのは当たり前。
だけど、ちょっと深呼吸!
身体を伸ばして、気持ちも伸ばして、ゆっくりまず自分自身を落ち着けてみよう。

そんな願いを込めて、いつもヨガをしています。

今回は「子供を叱るとき、やってはいけない10か条」についてお話しました。

クリックして、詳しい説明文を読んでみてください。

もちろん、私も偉そうなことは言えません。だけど、ちょっとこのことを頭の片隅に置いてみてはどうでしょうか?

こどもにとって、母親は絶対的な存在。
しかもこの世にたった一人。

そんな特別な幸せが。

次回は10月26日です。

たくさんの方の御参加、お待ちしています。






  1. fm GIG ねこのねごと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ねこのねごと   2015.8.31

nishizawa.jpg

8月31日から、日付けが変わった深夜12時半からの「ねこのねごと」

聴いていただけましたか?

今回は、先週に引き続き、夏を惜しむ、男性のこころにぐっとくる曲。

ばらばらの3組。

お届けした曲、3曲

1.「夏のクラクション」         稲垣潤一                

2.「ガラス越しに消えた夏」     鈴木雅之                  

3、「何も言えなくて、夏」        J.WALK                



おすすめの1冊の本

  「怒り 上・下」           吉田修一


「こころのヨガ」  
ヨガからヒントを得て、生き方を見つめてみます。

   ヨーガの根本
  
   ~ヨーガ八支則~ について



*おやすみまえの言葉

「想像力は、知識よりずっと重要なのです」

                         by  アインシュタイン

こんな感じで私のトークを交えて、お送りしました。

来週は、女性・永遠のアイドル「松田聖子」さんの特集。

おすすめの本もお楽しみに♪

「心のヨガ」に変え、より心に寄り添うコーナーになっているように願って。


寝る時間かも知れませんが、ぜひ、聴いてくださいね!

では、また来週。

お会いできますように。。。





NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

Junko

Author:Junko
聖名 ADAMYAPRIYA DEVI
  (アダムヤプリヤ デヴィ)

西澤 潤子

Calm Oneself Yoga主宰

インド中央政府認定ヨーガインストラクター
インド中央政府認定ヨーガセラピスト

日本ヨーガ療法学会会員
日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会京都支部幹事長

認定 メンタル心理カウンセラー

獅子座 A型
京都市出身
京都府城陽市在住

コンセプト

毎日を、気持ちよく暮らす

毎日を、ていねいに暮らす

毎日を、おだやかに暮らす

 

そのために、

ゆったりとした深い呼吸

体のすみずみまで、意識を向ける

 

ヨガを続けると、毎日の暮らしが変わります。

 

ヨガを続けるコツは

自分のペースで無理なく、

他の人と比べることもなく、

ポーズにはこだわらない。

 

「こころ」と「からだ」

どちらも、大切・・・