ヨガのある暮らし ーCalm Oneself Yoga-

Calm Oneself              自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。         自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。             そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。

  1. 毎月のヨガのお知らせ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

2016年 2月の予定

カード


今年に入り、あっという間に1月も終わり。
ほんとに早いです。

2月は新しい講座が始まります。
*とんがりやまのてっぺんで!      第1・第3土曜日  垣内早恵子先生
*京都府南部アイ・センターでのヨガ   第1月曜日
*Knocks講座                 第4日曜日

2月の予定


*城陽・京料理 若花亭

  毎週土曜日  AM10:30~12:00

  受講料 1回 1000円
  
    
  6日(土)、13日(土)、20日(土)、27日(土)

     

*城陽・チャンネル         

  毎週水曜日  AM10:30~12:00

  受講料 1回  1000円

  3日(水)、10(水)、17日(水)、24日(水)

 
*とんがり山のてっぺんDE!!

  毎週木曜日

  受講料  1回  1200円
  
  4日(木)、18日(木)、25日(木)、 11日は祝日のため休講です。

  AM10:30~12:00
  PM1:30~3:00 (シニア中心のクラスです)

 
  第1・第2・第3火曜日 AM10:30~12:00
 講師は、幡じゅんこ先生です。


  第2・第4月曜日  AM10:30~12:00
  第1・第3土曜日  AM10:30~12:00
 講師は、垣内早恵子先生です。
    
      駐車場もあります。

 1階は、カフェになっています。ランチもありますので、ぜひどうぞ♪


 *心おだやかヨガの会 萬福寺

  6年間続いたたくさんの方に参加していただいたヨガの会でした。

  本当にありがとうございます。

  会場都合で、3月まで休講となります。

 今年開講4月10日(日)に法堂で開催決定しました!!!
 またたくさんの方のご参加、お待ちしています。


*お寺でヨガ・黄檗山 萬寿院ヨガの会

 
 2月21日(日)  原則、毎月第3日曜日の開講です。

   AM10:00~   僧侶のお話し
   AM10:30~   ヨガ
  
   会費  1回  2000円

  予約お申込み  萬寿院  0774-31-8085   


*子育てサロンYururi「ココロゆったりヨガの会」

  子連れでも大丈夫!ママだけでも、もちろん参加できます。
 

  2月19日(金) AM10:00~12:00
   
  毎月、第3金曜日開講です。

 
       詳細・お申し込みは、子育てサロンYururi

西野真実さん090-9885-9163(西野)
            Yururijoyo@gmail.com

            までお願いします。

  
 
*子育てママのヨガ倶楽部ひまわり

  2月5日(金) AM10:00~12:00

 毎月、第1金曜日開講です。

   JR黄檗駅からすぐの会場で開講しています。

詳細・お申し込みは、代表者・柳澤晴美さん

   masaharukeiyou@docomo.ne.jp

   まで、お願いします。

 

*宇治障害者支援デイ・ヨガ

  2月26日(金)  PM1:30~3:30

  毎月第4金曜日開講です。
  
  参加は関係者に限ります。


*京都市聴覚言語障害センター・ヨガ

  2月23日(火)  10:00~11:30

  センター利用者の方限定です。



*第一生命 洛西営業オフィス職員のためのヨガ

  
   2月  日(木) 、 日(木)   PM5:00~6:30

  講師は垣内早恵子先生です。
 
   関係者のみ参加可能です。


*友愛センター・施設でのデイ・ヨガ

 プロボノワーカーのご縁で、引き続きボディコンディショニングの上前先生とコラボの講座です。
 ヨガの講師は、垣内早恵子先生です。

  2月10日(水)  14:00~15:00

*Knocks講座「誰でもできる椅子ヨガとこころのヨガ」

  2月28日(日)  10:30~12:00
  会費        2000円(薬膳茶つき)

詳細  レンタルキッチン&スペース  Knocks


  また何かイベントなど入りましたら、お知らせします。

**出張ヨガとして
    プライベート・ヨガ
    こころのヨガ
    会社・職場でヨガ
    子連れでヨガ
    ヨガの講演
              などなど、いろんなことをしています。


気軽にお声をおかけください。
お問い合わせ、お待ちしています。

090-9058-9444  junko・西澤潤子 までお願いします。

 
 
スポンサーサイト

  1. ワークショップ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

「誰でもできる椅子ヨガとこころのヨガ」 Knocks講座

P2016_0129_112338.jpg

こんな画像で失礼します。

このチラシ、ほんとはとっても素敵です。

ヨガの生徒さんがレンタルキッチン&スペースKnocksを2月8日にオープンされます。

そこで、月1回毎月テーマを決めてヨガの講座をとの依頼を受けました。
オープンおめでとうございます。
そして、ありがとうございます。

それで、毎月第4日曜日の朝に開催したいと考えています。

第1回目は最近いろんなところで増えてきた「椅子ヨガ」
そして、なんといっても「こころのヨガ」のコラボです。

オーナーである彼女は薬膳の資格者でもあります。

それで、季節に合わせた薬膳茶付きです♪

日時   2月28日(日)  10:30~12:00

会費   2000円(薬膳茶付き)

申し込み・お問い合わせ
   レンタルキッチン&スペース Knocks
   宇治市宮東9-6  バス停 城南荘
   駐車スペース2台

私(西澤潤子 090-9058-9444)まで直接ご連絡いただいても結構です。

たくさんの方のご参加お待ちしています。




  1. ヨガの教室
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

聖句瞑想法


日本ヨーガ・ニケタン

3年間ヨーガの勉強をしました。
現在も定期的にヨーガ・ニケタン関西支部に研修会等で勉強に行きます。
死ぬその時まで、ずっと勉強を続けられたらいいなと思っています。

ヨーガ・ニケタンでは、毎月「聖句瞑想法」という課題があります。
今年はそのことを教室でも伝え、深めていきたいと考えています。


2016年度  1月度   聖句瞑想法


「言葉に気をつけよう  それは行動になるから

    行動に気をつけよう   それは習慣になるから」

とても有名な聖句です。

其々の方がそれぞれの思いでこの聖句から自分のことを瞑想の中で調べていきます。

正解はありません。

自分が自分を客観的にみることで、何か気づくことができたらそれで素晴らしいです。

誰かとその思いを共有してもいいですが、自分の胸にそっと落とし込むだけでも十分だと思います。


現在使っている言葉の中で、変えたほうが良いと思われる言葉に気づくことができたら、それを素直に変えてみる。
きっとそれだけで、生活は変わります。

気づき
素直
行動する

これほど大切なことはありません。

1月ももう終わり。

どうぞ、ご自分の言葉で、ご自分の幸せな習慣を。。。

合掌




  1. 日々のはなし
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

無理しない・体の声を聴く

P2016_0129_131358.jpg

今日のテーブルの花。
ラナンキュラス。
大好きな花の一つです。

今日は雨。
今月は急に冷え込み、雪が降ったり、また、暖かくなったり。
今日は少し気温が高く、一日中雨の予報。

今日はオフでほんとは、月1回の妹とのお墓参りの日でした。
ところが姉妹そろって、体調が少し悪い。
こんな時は無理は禁物と母が雨を降らしたかと二人で話ました。

そして、お墓参りは今月は中止。

それでいい。

予定を決めるのも自分。

その後、実行するのも自分。

やめる決断も自分。

責任を取るのも自分。

ぜ~んぶ自分。

だから、気持ちが楽です。

相手のことはもちろん考えないといけないけれど、無理は禁物。
それはかえって失礼になることも。

雨の日は、とても静かです。
日常の音も、そして、心のなかも。

今の自分の体調、心に、いつも自分で気づき、耳を澄ましてみよう。

そのことこそ、ヨガじゃないかなあと思うのです。




  1. fm GIG ねこのねごと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

FMGIG「ねこのねごと」  2016.1.25

nishizawa.jpg


昨年から始まった「ねこのねごと」たくさんの方に聴いていただき、本当に感謝しています。
今年から放送時間が毎週月曜日の夜の9時30分からの30分番組となりました。

今回も、「まったり、ゆったり」をキーワードに。
と変わったので、まさしくまったりゆったりで、ハナレグミ。
彼のCD「だれそ、かれそ」から。


お届けした曲、3曲

1.「空に星があるように」                                      

2.「オリビアを聴きながら」                                       

3、「ウイスキーが、お好きでしょ?」                            



* おすすめの1冊の本

  「四十九日のレシピ」          伊吹有喜


* 「こころのヨガ」 
 
ヨガのことを根幹において、もし私が本を出版するとしたら、どんなことを書きたいか?
東京の出版社から、「100項目挙げてみてください」と言われ、ランダムに書いてみた100項目。
そのことを順番にお話ししていきたいと思います。

  自分の感情は、自分で選べる


これは最近講演を聞いたアドラーの考え方にも通じるところがあるかなあと思います。

いろんな感情に人間はなるわけですが、怒りやねたみや負の感情は、その感情になるのに原因があると思いがちだし、思いたいですが、
なんと!
そこには、直接の因果関係はないのです。
もちろん、影響はあります。
だけど、怒りの感情を選んだのは自分自身。
声を荒げ、大声で怒り爆発!
そうしたのは自分。
そうしたかったから。。。
他にも方法はあったにもかかわらず。

こんな冷静なことは瞬時になかなか思えませんが、その怒り爆発大声の時でも電話がかかってきて、大切な方だとわかると、よそ行きの声でちゃんと応対できる不思議。
笑えますね。

感情に飲み込まれないようにしたいものです。


 *今夜の名言

「見えないところにヒーローはいる」

            目立つところではなく、縁の下の力持ち。
            こっそり支える人こそが、もしかしたら、ヒーローなのかも。。。

                   

こんな感じで私のトークを交えて、お送りしました。


では、また来週。

この番組の再放送は、その週の金曜日の朝の7:30~の放送になります。

そこでも、お会いできますように。。。



  1. 聴覚障害センター・ヨガ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

聴覚言語障害センター・ヨガ   2016.1月




毎月第4火曜日が聴覚言語障害センターでのヨガの日です。

毎回担当の山本さんが、その日のいろんなことを考えてメンバーを決められます。

参加者 3名
20代 男性
20代 男性
40代 男性

参加される皆さんは、聴覚障害だけではなく、何らかの知的、精神的などにも障害を抱える重複障害者の方です。

担当者は、それぞれの日頃の様子、性格、障害の状態など、いろんなことを考慮して、その日の参加される方を決め、話し合われます。

ハンド・イン・アンド・アウト・ブリージング
ハンズ・ストレッチ・ブリージング
アンクル・ストレッチ・ブリージング
ムクタ・アーサナ
アイソメトリック・パシチマ・ターナ・アーサナ・ブリージング
片足でスクワット
大地に触れるポーズ
ターダ・アーサナ
シャバ・アーサナ


ゆっくりのペースで、担当者の手話による説明を交えて行います。

今回、最後の瞑想は、光を感じるきれいな風景の写真を数枚見て、自分が好きな風景の写真を瞼に焼き付け、静かに目を閉じ、その風景に包まれるようなイメージ瞑想を試みました。

其々の方の好きな写真を教えてもらい、その感想などもお聞きしました。

そして、今までヨガに参加されて、どんな変化、あるいは気持ちになりますか?と、聴いてみました。

~とてもリラックスする
~気持ちがいい
~元気になる
~体を知ることができる
~緊張がわかる

なんと、ご自身の声で、そして、手振り身振りを加えながら、答えていただけたのです!

今回もまた、とても感動しました。
そして、
今回もまた、大きな学びがありました。
こうやって何回も一緒の時間を過ごすことから肌で感じることの大切さを実感します。

聴覚障害というのは、自分の意思が伝えにくく、また、相手の意思も正確にわかりづらいし、すれ違いや誤解が生まれやすい。ただ、話すということがこんなにも難しい。ストレスが計り知れません。

呼吸も、呼吸法では難しいのですが、ゆっくり落ち着いた安定したリズムの腹式呼吸ができています。


今日もまた、前回と同じように、ずっと思い続けていることですが、
彼らの本当の心の声をいつか聞けるようになりたいと思いました。

今日もありがとうございました。

合掌





  1. 本のはなし
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

岸見一郎先生

41f67rP2fQL._SX330_BO1,204,203,200_

1月12日(火)京都・長岡京市で岸見一郎先生の講演会があり、初めて参加しました。

ヨガの教室を一緒にしているK先生と。
K先生がこの本を購入されて、貸していただき、読みました。

岸見先生は大ベストセラー「嫌われる勇気」の著者で、アドラー心理学の第一人者でとても有名ですごい人なんですが、お会いしてみて、その謙虚さには、ほんとに驚きました。
ほんとに素晴らしい人の特徴です。
小柄な先生はまさに、嫌われる勇気に出てくる哲人なのですが、全然威圧感はありません。

アドラー心理学の考え方は、私にとって、今まで知ったどの考え方より、腑に落ちます。
心理学でありながら、哲学的だということもとても納得できることです。

そして何より、岸見先生のお人柄が私は大好きなんだなとつくづく思いました。

同じこと、同じ考え、教えを伺ったとして、そうだなと思ったとしても、やっぱり誰から教えを乞うたかということは大きく関係するのではないかと思います。

岸見先生が話されると、結構きついことや驚くことでも、ふっとすっと胸に落ちていくのです。
こんな方をメンターというのかもしれません。

この本もとても心が落ち着きます。
私自身の両親とその介護もリンクする部分が多く、静かな気持ちで両親のことを思いました。

両親・親子関係

これは対人関係の基礎なのではないでしょうか。

アドラーはどこまでも対人関係について言及しているように。

この本は決して介護の本ではありません。

人間として生きることをすべての人に問う本です。

そして、岸見一郎先生の人間としての優しさにふれることができます。

素晴らしい本でした。



  1. お気に入り
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

オーダー・ねこのはんこ

P2016_0123_105454.jpg

相変わらず、ガラケーの写真はまずい仕上がりです。

皆さんがアップされている写真とは大違いです。。。

だけど、「これでいいのだ!」BY バカボンです。

とりあえず、いけるところまで、ガラケーで突き進む私です。


新年にあたり、新しくハンコをつくりました。

シャチハタ・オーダーのネーム印。
いろいろ種類があります。
銀行でも使えるそうですよ!

ねこのポーズ3番。
いいなあ~!

ひとりご満悦です。

今年から、ヨガ教室に参加される皆様の目に留まることになります。

どうぞよろしくお願いします♪



  1. ヨガの教室
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

身体障がい者デイサービス・ヨガ


今日は今年最初の宇治市社会福祉協議会・身体障がい者デイサービス・ヨガの日でした。

このクラスが始まったのが、2013年4月。

毎月第4金曜日の1:30~3:30の2時間。

2時間のヨガの時間。
受け持った最初の頃は、時間が長く感じられ、内容を考えるのに、いつも悩みながら取り組んでいました。

気づけば、今日は2016年。
早いなあと驚きます。

このクラスには、いろんな障害の方が参加されています。
年代も20代から80代の方も。
性別もちょうど半々くらい。

一人でこの会館に来ることは困難でガイドヘルパーさんやご家族と一緒に。
おひとりの方も、杖をついたり、わざわざタクシーを使って。。。

そのことに思いをはせると、毎回参加していただくということが、ただそのことで、胸がいっぱいになるのです。

ヨガをしていることで、このような出会いがあること。
いつも真摯な気持ちでヨガをしているけれど、それでもおざなりになっているかもしれないとき、
到底ごまかしがきかないということを、肌でひしひしと感じます。

一生懸命前を向いて生きている人に、恥ずかしい自分では前に座ることなどできないと、教えられるのです。

ヨガってなんでしょう。。。

ヨガに限らず、小手先の技術や口先だけの道徳の教科書のような表現では、この場の人たちには、見透かされてしまうのではないかと思います。

ただ、知識が豊富というのとも違う、人間としてどうあるか。
ヨガで学んだ「治療的自我」ということの大切さをつくづく感じるのです。

自分があまりにもまだまだだと気付きますが、
今年も、そして、これからもどうぞよろしくお願いします。

合掌






  1. 日々、思うこと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

雪。小学生の私の雪。

P2015_0201_093022.jpg

昨年の雪の萬福寺のお庭。

今年は暖冬かと思いきや、やはり大寒あたりに冷え込み雪が降った。

私は小学生から大人になるまで、よく勝手に詩を書いていた。

もしかしてと探してみると、詩のノートが出てきて、小学4年生の1月17日の雪の日の詩があった。


    さむいそうじ

雪の降っている日のそうじ
さむいな。
ただ、その声だけが聞こえる。
手袋をはめた手はあたたかい。

松の葉がぬれている。
木をゆすると白い花びらが落ちる。
それは、真っ白な雪。
私はそれをただぽかんと見てるだけ。

強い風が吹いてくる。
北風は雪を散らして遊んでる。
鼻の頭にひとつぽつんと雪が乗る。
とけて口の中に入る。

足の先が冷たくなってきた。
早くそうじを済ませよう。
私は急いでほうきを持ってはく。


自分でも驚く。

今の40年以上たった自分と何も変わっていない。
むしろ、このころのほうがいい詩を書いていたのでは。

人は変わるというが、本当か?

そして、変わる必要などあるのだろうか。。。


毎年冬が来て雪が降るように、同じことを繰り返しながら、その日、その瞬間を大切に生きる。

それ以上に大切なことがあるとは思えない。




  1. fm GIG ねこのねごと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

FMGIG「ねこのねごと」 2016.1.18

nishizawa.jpg


昨年から始まった「ねこのねごと」たくさんの方に聴いていただき、本当に感謝しています。
今年から放送時間が毎週月曜日の夜の9時30分からの30分番組となりました。
今年3回目の放送です。
ますますたくさんの方に聴いていただけたら、うれしいです。


今回も、「まったり、ゆったり」をキーワードに。
と変わったので、まさしくまったりゆったりで、今回は男性ハナレグミ。
彼のCD「だれそ、かれそ」から。


お届けした曲、3曲

1.「Hello My Friend」                                      

2.「接吻」                                       

3、「中央線」                            



* おすすめの1冊の本

  「スターバト・マーテル」          篠田節子


* 「こころのヨガ」 
 
ヨガのことを根幹において、もし私が本を出版するとしたら、どんなことを書きたいか?
東京の出版社から、「100項目挙げてみてください」と言われ、ランダムに書いてみた100項目。
そのことを順番にお話ししていきたいと思います。

   物事の二元性から離れる


今回は非常に難しいです。

それは実践することも、言葉で説明することも。

好き・嫌い、白・黒、いい・悪い

など、二元性の世の中。
それは当たり前のようでありながら、物事をカテゴライズしてしまうこと。

もっとまるごと、全部ひとつ、全ては同じ。

ますます分かりづらいですね。

わからないということがわかります。
だけど、これはまさしくヨガの教えなんです。。。


 *今夜の名言

「一度サボると癖になる」

            by  孟子

                   

こんな感じで私のトークを交えて、お送りしました。


では、また来週。

この番組の再放送は、その週の金曜日の朝の7:30~の放送になります。

そこでも、お会いできますように。。。




  1. お気に入り
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

鉄瓶のある暮らし

MG_1844.jpg

宇治の妙楽、宇治橋商店街の道を少し入ったところに、ギャラリー「ナナクモ」さんがあります。
2014年7月にオープンされたそうです。

町屋を改造した素敵な空間です。
オーナーの森さんは写真家です。
縁あって森さんご夫婦と知り合うことができました。
同世代で素敵なご夫婦なので、大好きになり、ちょくちょくお邪魔しています。

ずっと気になっていた「鉄瓶」をついに思い切って買いました。
まあまあ高価なものなので、信頼できる方から、そして丁寧に説明していただき、そして、何よりお気に入りを手に入れられたこと。
とてもとてもうれしいです。

P2016_0118_103846.jpg

下部のデザインが羽のように広がっています。
それはデザインが素敵なだけでなく、熱伝導がいいという効率性も兼ね備えているそうです。
ガスの直接の火はダメらしく、ストーブの上が最適とか。

鉄瓶を暮らしに取り入れることで、暖房の形やお茶を飲むことも丁寧になり、なんだか時間がゆったり流れていくようです。
使用した後も必ず水分を全部飛ばすというお手入れも必要。

まさに丁寧な暮らしです。

P2016_0118_105203.jpg

部屋全体がふんわり暖かくなり、加湿もできます。

目にもやさしいし、いいことばかりです。

ありがとう、鉄瓶。。。






  1. お寺でヨガ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

2016.1.17  震災の日。萬寿院でのヨガ。

P2016_0117_092540.jpg

萬寿院へと続く石畳の道に咲く万両。

今日は今年最初の萬寿院ヨーガの会。
そして、阪神大震災の日。
21年前ですが、その時のことを、はっきりと覚えています。

おそらくすべての人がそうなのではないでしょうか。

P2015_0621_093551.jpg

始めに震災の日に向けての宮崎和尚の読経。
そして、
宮崎和尚の計らいで参加者全員で黙とう。
とても静かな時間でした。

その後、ヨガの時間。

今日は太陽礼拝を連続して行いました。

寒い日でしたが、少し汗ばんだ方も。

そして、

最後に、「死」ということをそれぞれが考えてみました。
避けることではなく、自分がどうとらえているか、自分に問うのです。

そして、
震災の日に、また、それぞれがそれぞれの思いで祈りました。

人がいればその人の人数分だけ、いろんな思いがあります。
そこには正解も間違いもありません。

自分がどう思い、どう考え、どう感じるのか。
人がどう思うだろうということは、何も関係がありません。

そこにはある意味、自分としての覚悟が必要なのではないかと思うのです。

哀しくなるようなニュースばかりですが、ニュースも見る必要など、ないのかもしれません。

今日、こうしてたくさんの方とヨガの時間を持てたこと。
それは本当に幸せで感謝としか言いようがないのです。

来月もさらに寒くなるかもしれませんが、たくさんの方のご参加お待ちしています。

背中に貼るカイロをどうぞ。。。





  1. 子連れでヨガ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

2016年  今年最初の「子育てサロンYururi ヨガの会」

P2016_0115_124133.jpg

新しくできた城陽市地域子育て支援センター「ひなたぼっこ」

以前、深谷幼稚園だったところです。
素敵な幼稚園でした。
少し、感慨にふけりました。

そのあとに、こんな素敵な建物が建ちました。
城陽市の子育て支援に大きな役割を担うことを願います。

今回からこの多目的ルームでヨガの会の開催です。

IMG_4280.jpg

寒い中、今日もたくさんの子連れママのご参加、ありがとうございました。

新しい方も何組も参加されました。
気を使うことなく、ゆったりしていただけたら嬉しいです。

子連れでも、ママのためのヨガの時間を過ごしてもらうというのがコンセプトです。
もちろん、ママが頼りの赤ちゃんたちから、ママが目を離すということではありません。
そばにいて子供といるけれど、自分を取り戻してもらう時間です。

自分が落ち着いたり、安定したり、ゆったりした気持ちにほんの少しでもなれたら、不思議なことに赤ちゃん、子供も落ち着いてきます。

決して、理想通りにはいかないし、常に落ち着いたままでいられるはずもないけれど、
それでも自分を静かに見る時間があると、なんだか気づくことがあったりして、これでいいと思えたり、もう少し頑張ってみようと思えたりします。

子育てに正解はないけれど、自分を大切にできなければ、とても子供のことを大切になんてできません。

ヨガをすることや、みんなで輪になって自分の思いを少し口にすることで、子育てが少し楽になればいいなと思います。

いい子なんてありません。

自分が産み、育てている子がここにいてくれる。

ただそのことを、そのまま受け入れありがたいなあ、幸せだなあと思えたらいいなと思います。

子育てから逃げ出したくなる時にも、このヨガの会が、逃げ場になればいいなとも思います。


来月もこの場所で。

たくさんの方のご参加、お待ちしています。






  1. fm GIG ねこのねごと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

インターネットラジオ「ねこのねごと」  2016.1.11

nishizawa.jpg


昨年から始まった「ねこのねごと」たくさんの方に聴いていただき、本当に感謝しています。
今年から放送時間が毎週月曜日の夜の9時30分からの30分番組となりました。
今年2回目の放送です。
ますますたくさんの方に聴いていただけたら、うれしいです。


今回も、「まったり、ゆったり」をキーワードに。
と変わったので、まさしくまったりゆったりで、私の大好きなアン・サリーさんの特集にしました。


お届けした曲、3曲

1.「蘇州夜曲」                                      

2.「星影の小径」                                       

3、「ハレルヤ」                            



* おすすめの1冊の本

  「女たちの審判」          紺野仲右え門


* 「こころのヨガ」 
 
ヨガのことを根幹において、もし私が本を出版するとしたら、どんなことを書きたいか?
東京の出版社から、「100項目挙げてみてください」と言われ、ランダムに書いてみた100項目。
そのことを順番にお話ししていきたいと思います。

   自分の持って生まれたカードで生きてゆく


先週の「すべてのことをくらべない」とも通じることです。

自分の持っていること、すでにあるもの、自分を受け入れて、
そんな自分で生きるということでしょうか。。。

トランプでゲームをするとき、各自にカードが配られたら、交換はできません。
その配られたカードを最大限に生かしてゲームに挑みます。

自分を自慢することもないし、もちろん卑下することもない。

難しいけれどね!



 *今夜の名言

「人の心は顔に表れる。
だから、ABCの読めない人でも、
顔を見れば性格を読み取れるのだ」

            by  トーマス・ブラウン

                   

こんな感じで私のトークを交えて、お送りしました。


では、また来週。

この番組の再放送は、その週の金曜日の朝の7:30~の放送になります。

そこでも、お会いできますように。。。





  1. 日々のはなし
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

成人式

今日は成人式。

1月15日ではないけれど。

私の成人式は、1月15日。
雪の舞う日だった。
朝5時に起きて、美容院に行って、アップの髪型と振袖の着付けをしてもらった。
その帰り道、「うわぁ~!きれい。着物が。」
と、わざと聞こえるように言ってすれ違った同世代の女の人のことを今も覚えている。

そんなこと聞き流せばいいことだけど、妙にひっかかり、あぁ、今でもかすかに傷ついているんだなと気づく今日。
そのことを思い出すたびに、嫌な気持ちがするので、なるべく思い出さないようにしていたが、そうじゃなくて、思い出して、
「そんなことをわざわざ言うなんて、かなしいぞ!あなた。」とつぶやいてみる。

他人にはいつもそんな風にアドバイスしている。
それは、絶対的にいいことだから。。。

もしかしたら、私はいつも自信に溢れ、壁にぶつかったことなどないと思われているかもしれないが、そんな人間などいやしない。
誰も心の中に辛かったことや悲しかったことがあって当たり前。
それで、いいやん!
それも自分だけれど、もういいか。。。と思う。

もう大昔ともいえることなのに、
こんなに生まれつきポジティブとしか思えない私でも
こんなおバカな心の中。

だから、無理やり明るくする必要もないし、
常に前を向かないといけないこともない。

毎日を大切にする。
自分を大切にする。

それだけだと思う。

母が言っていた。

いいときもわるいときも

「なむなむ(南無南無)と生きる」

今、わかった!!

なむなむという言葉。変換したら、こうなった!

そうか!母の言っていた「なむなむ」は「南無南無」だったのか。

恐るべし、母。

成人の日に寄せて。。。

合掌





  1. ヨガの教室
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ヨガ教室のある暮らし

41bCGSR3+2L._SS280_PJStripe-Robin-JP,TopLeft,0,0

7日(木)から、平常のヨガ教室が始まり、今日土曜日で今週のヨガ教室が無事終わりました。

参加していただいた皆様、本当にありがとうございました。


お正月や休日というものも、とてもうれしいものですが、こうやって毎日どこかでヨガ教室をさせていただいていることがどんなに幸せか、お休みが続くことで、なお一層はっきりとわかります。

私はヨガが好きですが、それ以上にそのことをお伝えすることがもっと好きなんだなと思います。

たくさんの方の笑顔や変化される姿を見させていただき、幸せ感がマックスになります。

519r19iboZL.jpg

8日(金)の黄檗の子育てママのヨガ倶楽部ひまわりで、最後のシェアの時間に皆さんにお雑煮のことを教えていただきました。

なんと!
全員お雑煮の内容が違っていました!
しかも、
京都だというのに、白みその京都のお雑煮は私だけ!!

食べ物の話はとても興味深いです。
その人の歴史やバックボーン、育ちや好み考え方などいろんなことがわかります。
食は人を育み、育てるのだなと実感しました。

私はいろんな形でヨガ教室をさせていただいています。

其々の教室には、それぞれのカラーがあります。
私は同じ人間なのに不思議です。

でも生徒さんに共通しているのは、皆さんとてもいい方というか、いじわるとか攻撃的とかそんなものはかけらもない方ばかりで心がきれいな方ばかりです。

なんて、ありがたいことだろうと思っています。

そんなたくさんの生徒さんに支えられながら、今年も毎回の教室を一期一会ととらえ、大切に取り組みたいと思っています。

どうぞよろしくお願いします。

そして、また新しい方にもたくさん出会えますように。。。

合掌






  1. 日々、思うこと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

「占い」って、信じますか?

51GaL64rgAL._SX345_BO1,204,203,200_

「謎の転倒犬」 柴田よしき

最高に面白かったです。

(株)魔泉洞とは、占い師の会社なのです。

その超売れっ子占い師とひょんなことから助手になってしまった石狩君とのドタバタコメディミステリーです。



女の人は占いが大好きで、そんなイベントはいつもたくさんの人が集まるとか。。。

占いを信じるかどうか。
占いはいろいろあるけど、一応統計学や根拠のあるところから始まっているのだろうし、占い自体を非難するのはおかしいし、ましてや目に見えるものしか信じないということもなく、目に見えないものにこそ大切なものがあり、人間がすべてわかるなどおこがましいことだと思っています。

だけど、私個人として、占いはいらない。
それは信じないというより、必要だと思わないということかと思います。

それから、いつも占いをして「当たってる!」という人たちが不思議で仕方ない。

性格占い・血液型占い・星座占い・動物占いなどなどいっぱい。。。

当たってるというからには、すでにもう自分で「こうだ!」と思っていることがあるということで。
それがあって、当たってるということなら、なぜそれで喜んだり驚いたるするのか、さっぱりわからないのです。

この本の中でこの答えが書いてある部分がありました。

~占いというのは、つまり、カウンセリングなのだな、と思う。未来というのは占って欲しい人間の心の中にすでにあるもので、ただ、どれを選ぶか、というか、選択はすでにしているのだが、その選択に自信がないというその人の心をカウンセリングして、背中を押してやるわけだ。摩耶優麗は、背中を押すタイミングが抜群なのだろう。だから優麗に占ってもらった客は、どんな選択をしても、それで良かった、これが正解だったと思うことができる。その結果、優麗の占いは当たった、ということになる。~


そうなのだろうと思うのです。

私もやってみたい!占いという名のカウンセリング。
ちょっと楽しそうだ。

だから、占いで、不安や恐怖をあおったり、肩に何かついてますとか、たたりとか、先祖とか、そんなことを言う輩は、恐ろしいほど偽物で悪徳業者の占い師だろう。

将来・未来のことなんか、わからない。

わからないから、生きていける。

自分でいいことを想像したらいいから。。。

予想外のことが起きたとしても、「これでいいじゃない!」

by みうらじゅん

そんな感じで生きていこう♪と、今日もまた思う私。




  1. 日々、思うこと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

今年も読書

410R8O-aNKL._SX336_BO1,204,203,200_

私は本も読書も好きだ。

本離れ、読書離れと言われているが、哀しいことだと思う。

役に立つとか勉強とか頭がよくなるとか、そんなことではない。

とてもとても幸せで楽しいことだから。。。


もちろん、人によって違うし、押し付けても意味がない。

だけど、私と知り合って、本を読むようになったという人が案外たくさんいる。

そして、その全員が幸せな時間だと感じると話してくれる。


それで、ますます私は幸せになる。

まず自分が好きな本・作家に出会えるといいなと思う。


こんな本があった。

好きな本に出会える近道になるかも。


だいたい本は最初の目次や小説なら3行読めば、もうちょっと1ページ読めば、面白いか自分が好きかどうかわかる。

だからぜひ、まずページをめくってほしい。


テレビのワイドショーややらせ番組はもういいだろう。。。

CMばっかりで、うんざりだ。

auの桃太郎・金太郎・浦島太郎は好きだけど!


とにかく、だまされたと思って、本を読んでみてください。




  1. fm GIG ねこのねごと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

インターネットラジオ「ねこのねごと」  2016.1.4

nishizawa.jpg

あけましておめでとうございます。

昨年から始まった「ねこのねごと」たくさんの方に聴いていただき、本当に感謝しています。
今年から放送時間が毎週月曜日の夜の9時30分からの30分番組となりました。
ますますたくさんの方に聴いていただけたら、うれしいです。


今回は、今年最初の放送。
オープニングも「まったり、ゆったり」をキーワードに。
と変わったので、まさしくまったりゆったりで、私の大好きなアン・サリーさんの特集にしました。

今回は曲も大好きな曲を選びました。
アン・サリーさんはお医者さんでもあるというのが、ほんと凄いです!

お届けした曲、3曲

1.「I Wish You Love」                                      

2.「Only Love Can Break Your Heart」                                       

3、「Happier Than The Morning Sun」                            



* おすすめの1冊の本

  「ラプラスの魔女」          東野圭吾


* 「こころのヨガ」 
 
ヨガのことを根幹において、もし私が本を出版するとしたら、どんなことを書きたいか?
東京の出版社から、「100項目挙げてみてください」と言われ、ランダムに書いてみた100項目。
そのことを順番にお話ししていきたいと思います。

   トップに書いたこと

   すべてのことを比べない
  


基本の基本ですが、むずかしいし、生きていくうえでの真実です。

「すべてのことを」というのが、みそです。

生まれた時からずっと今までのすべてのこと。。。


 *今夜の名言

「アピールしなきゃ、パスは来ない」

            by  マライア・キャリー

いくら優秀でも準備ができていても、そのことを伝えないと。                      


こんな感じで私のトークを交えて、お送りしました。


では、また来週。

この番組の再放送は、その週の金曜日の朝の7:30~の放送になります。

そこでも、お会いできますように。。。






  1. 日々、思うこと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

今年の目標

瞑想ニャンCUT

今日は1月4日。

お正月気分も少し抜けて、平常が戻ってきました。

私自身は今年はゆっくりで、ぼぅ~っと過ごしています。

そんな時間が大好きで、何もしない時間も何かしなければと焦るということも皆無です。


そろそろ今年の抱負など考えてみようかと思いました。

ところが、今年はこうなりたいとかこれをやり遂げるという目標ははっきりと浮かばないのです。

潜在意識とやらにイメージしてしっかり思えば思うほどいいとか聞きますが、きっとそうだろうなと思いますが、一番近い感じは


       今年も天に任せよう

という目標です。

目標ではありませんね。

昨年も、思いもかけないところからヨガの依頼をたくさん受けて、おまけに思いもよらず、FMのラジオのパーソナリティまでさせていただくことになり、自分の思いよりはるか素敵なことがおこるものだとつくづく思うのです。

それで、この猫のように、少し澄まして(なぜか私は澄ましているとよく言われますので。。。)静かな気持ちでゆったり過ごせばいいのかなあと思っています。

世間の情報に惑わされることなく、踊らされることもなく、自分でものを考えたいと思います。

そうだ!

今年の目標は
「自分でとことんとことん考える」「しっかり感じる」

今、そう決めました。

合掌




  1. 日々、思うこと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

新しい年

o0800060013522652223.jpg

あけましておめでとうございます。

今年もどうぞよろしくお願いします。

今年は申年。

    良く見て

    言うべきことを言って

    丁寧に聞く


そんな風に1年を過ごせたらと思います。

全ての人が、心穏やかに暮らせることを願って。。。

合掌




NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

Junko

Author:Junko
聖名 ADAMYAPRIYA DEVI
  (アダムヤプリヤ デヴィ)

西澤 潤子

Calm Oneself Yoga主宰

インド中央政府認定ヨーガインストラクター
インド中央政府認定ヨーガセラピスト

日本ヨーガ療法学会会員
日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会京都支部幹事長

認定 メンタル心理カウンセラー

獅子座 A型
京都市出身
京都府城陽市在住

コンセプト

毎日を、気持ちよく暮らす

毎日を、ていねいに暮らす

毎日を、おだやかに暮らす

 

そのために、

ゆったりとした深い呼吸

体のすみずみまで、意識を向ける

 

ヨガを続けると、毎日の暮らしが変わります。

 

ヨガを続けるコツは

自分のペースで無理なく、

他の人と比べることもなく、

ポーズにはこだわらない。

 

「こころ」と「からだ」

どちらも、大切・・・