ヨガのある暮らし ーCalm Oneself Yoga-

Calm Oneself              自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。         自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。             そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。

  1. 毎月のヨガのお知らせ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

2016.3月の予定

カード


今日は2月29日。うるう年。
不思議な一日です。

2月から、新しい講座が始まりました。
たくさんの方のご参加、ありがとうございました。
今後とも、どうぞよろしくお願いします。

*とんがりやまのてっぺんで!      第1・第3土曜日  垣内早恵子先生
*京都府南部アイ・センターでのヨガ   第1月曜日
*Knocks講座                 第4日曜日

3月の予定


*城陽・京料理 若花亭

  毎週土曜日  AM10:30~12:00

  受講料 1回 1000円
  
    
  5日(土)、12日(土)、19日(土)、26日(土)

     

*城陽・チャンネル         

  毎週水曜日  AM10:30~12:00

  受講料 1回  1000円

  2日(水)、9(水)、16日(水)、23日(水)

 
*とんがり山のてっぺんDE!!

  毎週木曜日

  受講料  1回  1200円
  
  3日(木)、10日(木)、17日(木)、24日(木)、31日(木)

  AM10:30~12:00
  PM1:30~3:00 (シニア中心のクラスです)

 
  第1・第2・第3火曜日 AM10:30~12:00
 講師は、幡じゅんこ先生です。


  第2・第4月曜日  AM10:30~12:00
  第1・第3土曜日  AM10:30~12:00
 講師は、垣内早恵子先生です。
    
      駐車場もあります。

 1階は、カフェになっています。ランチもありますので、ぜひどうぞ♪


 *心おだやかヨガの会 萬福寺

  6年間続いたたくさんの方に参加していただいたヨガの会でした。

  本当にありがとうございます。

  会場都合で、3月まで休講となります。

 今年開講4月10日(日)に法堂で開催決定しました!!!
 またたくさんの方のご参加、お待ちしています。


*お寺でヨガ・黄檗山 萬寿院ヨガの会

 
 3月20日(日)  原則、毎月第3日曜日の開講です。

   AM10:00~   僧侶のお話し
   AM10:30~   ヨガ
  
   会費  1回  2000円

  予約お申込み  萬寿院  0774-31-8085   


*子育てサロンYururi「ココロゆったりヨガの会」

  子連れでも大丈夫!ママだけでも、もちろん参加できます。
 

  3月18日(金) AM10:00~12:00
   
  毎月、第3金曜日開講です。

 
       詳細・お申し込みは、子育てサロンYururi

西野真実さん090-9885-9163(西野)
            Yururijoyo@gmail.com

            までお願いします。

  
 
*子育てママのヨガ倶楽部ひまわり

  3月4日(金) AM10:00~12:00

 毎月、第1金曜日開講です。

   JR黄檗駅からすぐの会場で開講しています。

詳細・お申し込みは、代表者・柳澤晴美さん

   masaharukeiyou@docomo.ne.jp

   まで、お願いします。

 

*宇治障害者支援デイ・ヨガ

  3月25日(金)  PM1:30~3:30

  毎月第4金曜日開講です。
  
  参加は関係者に限ります。


*京都市聴覚言語障害センター・ヨガ

  3月22日(火)  10:00~11:30

  センター利用者の方限定です。



*第一生命 洛西営業オフィス職員のためのヨガ

  
   3月  日(木) 、 日(木)   PM5:00~6:30

  講師は垣内早恵子先生です。
 
   関係者のみ参加可能です。


*友愛センター・施設でのデイ・ヨガ

 プロボノワーカーのご縁で、引き続きボディコンディショニングの上前先生とコラボの講座です。
 ヨガの講師は、垣内早恵子先生です。

  3月9日(水)  14:00~15:00

*Knocks講座「誰でもできる椅子ヨガとこころのヨガ」

  3月27日(日)  10:30~12:00
  会費        2000円(薬膳茶つき)

詳細  レンタルキッチン&スペース  Knocks


*ぱれっとJOYO「ぽれぽれマルシェ」
  
  子育て中のママのためのヨガ


  3月7日(月)  10:30~11:00

  参加費  500円


  また何かイベントなど入りましたら、お知らせします。

**出張ヨガとして
    プライベート・ヨガ
    こころのヨガ
    会社・職場でヨガ
    子連れでヨガ
    ヨガの講演
              などなど、いろんなことをしています。


気軽にお声をおかけください。
お問い合わせ、お待ちしています。

090-9058-9444  junko・西澤潤子 までお願いします。

 
 
スポンサーサイト

  1. ワークショップ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ぽれぽれマルシェ「子育て中のママのためのヨガ」


2016.3月7日(月)  10:30~14:00

ぱれっとJOYO親子ルームリニューアル記念事業

「ぽれぽれマルシェ」

JR城陽駅から徒歩3分。

長年、子連れでヨガ!で、お世話になった親子ルーム。

リニューアル記念事業をされます。

私も「子育て中のママのためのヨガ」で、参加させていただきます。

10:30~11:00  親子ルーム

参加費   500円

子連れママももちろんですが、子育ての経験があるママならだれでも、もちろんお一人でも参加できます。
短い時間ですが、ほっと一息、体と心をのびのび。

他にもたくさんゆっくり楽しんでいただけるお店が出店されます。

癒しや食べ物・飲み物もいろいろあります。

ぜひぜひ、たくさんの方のご参加、当日、お待ちしています。

一緒にゆったり楽しい時間を過ごしましょう♪






  1. ワークショップ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

「誰でもできる椅子ヨガと薬膳茶」

e115c5_02715d8404a1411e9dd46f4315fcdf5a.gif

第1回 記念すべき講座。

定員満員のご参加、本当にありがとうございました。
遠方からの参加の方、初めてお目にかかる方、今日もまた、ヨガのおかげで、出会いがありました。

ヨガの教室を続けてきたことで、こうして参加してくださる輪が広がるんだなと、感謝の気持ちがわきました。

今日はプロの写真家とくおかじゅんさんの撮影もあり、いい緊張感がありました。

ヨガは呼吸をしていれば、全ての人ができる。
ヨガは、命とつながる呼吸を感じること。

そして、、椅子ヨガは、全ての人にヨガをという可能性を広げてくれます。

今日は85歳の方も参加され、そのことを強く感じました。

e115c5_a338e7dbc5004d6d983981e7db42d2d9.jpg

こんなスペースで行いました。

講座の様子の写真は撮り忘れていますが、プロがいっぱいとってくれたので、いつか主催者から公開していただけるのでは?と、期待しています。

今日の薬膳茶は「如月」
西田オーナーのブレンドです。
薬膳茶だけど、とても飲みやすく、おいしいです。

ご自分やお土産にオリジナル薬膳茶のブレンドティーバックも購入される方も。

毎月第4日曜日、「椅子ヨガとこころのヨガと薬膳茶の会」
の開催が決まりましたので、ぜひ、3月からのご参加お待ちしています。





  1. 音楽のはなし
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ピアノ・ライブ

33737949f5e0cb34e1b6e5e48d5eeccb.jpg

京都ライブスポット・ラグ

2016.2.23~2.29 は、グランドピアノ2台のピアノ・デュオ・ライブ。

昨夜25日は、和泉宏隆×高橋亜土

またライブ招待に当選したので、行ってきました。

和泉さんは、もとTスクエアのキーボード。
恐ろしいほどピアノが上手い人ですが、高橋さんは、存じ上げず、どんな感じかなあ?この右の写真からして、ちょっときつい音楽か?と思っていました。

写真って、あてになりませんね。
どうしてこの写真を使用されているのでしょうね。

坊主頭で、大柄で、そしてとても穏やかで、ちょっとシニカルで優しい方でした。
トークと実際に会うということでその人が、ずいぶんわかるものだなあとつくづく感じました。

2台のピアノの演奏は、それはもう上質で、メローでジャジーで、ゆったりだったり、かっこよかったり、そして、最高のブレイクがあったりと、予想をはるかに超える最高に素敵なライブでした。

ラグは大人の空間。
飲み物も食べ物もおしゃれでおいしいです。

こんな風に時間を過ごせるなんて、本当に幸せです。
お金を使うって、こんなことだろうなあと思うのです。

私もほんの少しはピアノを弾いていたので、
もう一度弾いてみようかと思うのですが、いかんせん、もう我が家にピアノはありません。

音楽。

いろんなことを飛び越えて、つながることができる。

それは、まるでヨガみたい。。。







  1. fm GIG ねこのねごと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

FMGIG 「ねこのねごと」2016.2.22

nishizawa.jpg


2月22日。にゃん・にゃん・にゃん ねこの日。
「ねこのねごと」に、ぴったりの日でした。

今回は、またリクエストにお応えして「憂歌団」の特集です。
でも誰より、憂歌団が好きなのは、この私です。
10代の頃から、何度もライブに行っています♪


お届けした曲、3曲

1.「嫌ンなった」                                      

2.「10ドルの恋」                                       

3、「君といつまでも」                            



* おすすめの1冊の本

  「謎の転倒犬」          柴田よしき


* 「こころのヨガ」 
 
ヨガのことを根幹において、もし私が本を出版するとしたら、どんなことを伝えたいか?
ランダムに書いてみた100項目。
そのことを順番にお話ししていきたいと思います。

  変えられないことと変えられることを区別する


このことはほんとにほんとに大切です。

まず、悩みのほとんどが対人関係ですが、このことがわかっていないことから、悩みと苦悩が始まります。

今急激に世の中に流行りだした「アドラー心理学」の課題の分離にも通じます。

変えられないもの  自分以外の人すべて 過去の事象

変えられるもの    自分  今   そして、過去のことへの意味づけ

すべては自分。

変えられないことを変えようとし、変えられることを変える勇気がない。
そこから1歩、踏み出したいですね!

 *今夜の名言

「自分の姿をありのままに直視する。それは、強さだ。」

            by  岡本太郎

さすがですね!
                   

こんな感じで私のトークを交えて、お送りしました。


では、また来週。

この番組の再放送は、その週の金曜日の朝の7:30~の放送になります。

そこでも、お会いできますように。。。


  1. お寺でヨガ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

黄檗・萬寿院ヨーガの会・2月

P2016_0221_092548.jpg

2月21日(日)
第3日曜日・萬寿院ヨーガの会でした。

一番寒い季節でしたが、見事に晴れて、そして、超満員のご参加、本当にありがとうございました。

始めの間に、素晴らしい生け花が。

お寺の空間というのは、なぜ、こんなに気持ちが安らぐのか。

それは、今回の加藤和尚のお話から、
その土地そのものの持っているパワースポット言われるような力だけではなく、そこに集う人々の思いからなのではないかと思いました。

どんな思いかは、その人しかわからないものですが、確かに身体からその思いが発信されているように思います。

ヨガに参加される皆様が、邪悪な思いが無いということではないでしょうか。

確かにすべての人の利己的ではない「祈り」という思いがつながり、広がることほど、この世を変えるのに値することはないように思います。
そして、そのような思いが集まる場所はお寺のような静謐な場所なのかもしれません。

そこでの毎月のヨガの会。

あらためて、ありがたいことだなあと思いました。

P2016_0221_152652.jpg

加藤和尚が申の絵を描かれました。
今年の干支の「開運干支手拭」

~厄がサル、ご縁(猿)多き、円満な家庭となりますようにと願いを込めて。~

と、書かれています。

なるほど。。。

ご自身のお寺浜松の「不動寺」にて。


来月はちょうどお彼岸になります。
来月は少し春を感じるかもしれませんね。
たくさんの方のご参加お待ちしています。

合掌






  1. ねこの話
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

映画「ねこタクシー」

20091105_ent03.jpg

昨日BSで映画「ねこタクシー」を観た。

本もあり、テレビドラマにもなっていたようで全然知らなかった。
BSは、毎日どこかの局で映画を放映しているので、ほんとにありがたい。

カンニング竹山が主人公というキャストだったのでコメディと思いきや、とてもとてもハートフルないい映画だった。
私がねこ好きだからというのではなく、その根底に流れているのが、人の優しさだった。

本当の主人公のねこ。御子神さま。
素晴らしい演技だった。
撮影は大変だったらしいが、堂々と落ち着いて、ほんとに期待通りの演技をしてくれたらしい。
ねこなのに。。。

私はカンニング竹山演じる主人公の長女がとても好きだ。
愛想がいいわけではないけど、人間として一番大切な所をちゃんと押さえている。
これはやはり年齢とは関係が無いと思った。

ねこをいっぱい保護して、近隣から苦情が出ている老婆役の室井滋さんが、ほんの少し我が家に新しくやってきた猫を保護して育てていたご住職蓮月っさんとかぶったり。

最後の場面。

こういう終わり方なのかと希望がわく。

そして、御子神さんの尊厳な死。

私は映画のストーリーとは別のところで、胸の奥深くから慟哭のような強い思いで、涙が溢れて止まらない。
自分でもどうしたものかと思ったが、
「あぁ~、そうなのか。
私は今やっと、心からこの映画の主人公のように、昨年に亡くなったみぃーに対して、感謝と深い悲しみにつつまれたのか。」
と、わかった。

みぃーに対する思いがこんなに深かったことをこの映画が教えてくれた。

言葉は大切だ。

けれども一方では、

言葉はいらない。

そばにいるということが、何よりも大切なことだと思う。

この世のすべての猫に敬意を表して。。。

合掌




  1. ねこの話
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ナキとなもの鳴き声

P2016_0216_110151.jpg

ナキとなも。
二人(二匹)は、仲良し♪

猫の鳴き声というと「にゃ~」「みゃ~」「にゃお~ん」とか、そんな風に思っていますが、我が家のこの二匹。
全然違います。

P2016_0219_132553.jpg

最初はあんなに怖がって隅っこに入って出てこなかったなも。
このまま出てこなかったら、どうしようと思っていましたが、何を何を今では堂々たる態度で、自由自在に走り回り、いたずらし放題。
大変喜んでいます。(泣)
なものおかげで、テーブルの花は諦めました。

そのなもの鳴き声。
泣き方は猫らしいのですが、声があまりにもハスキーです。
なんというかスナックの年季の入ったママのようです。
たばこの吸い過ぎちゃう?
と思うくらい。。。
あるいは、超幼いころに、のどなど虐待されていないかと心配になるほどです。
ちょっと、がら悪いなもなのです。

P2016_0206_135138.jpg

その声音は対照的なナキ。

声の質はソプラノ歌手かと思うほど、清らかで澄んだ音。
そして、
全く猫の鳴き声とは違う鳴き方。

なんというか「ふん・ふん・ふん」あるいは「ほ・ほ・ほ」という感じで鳴きます。

帰ってきてドアを開けると、首を傾向け「ふん・ふん・ふん」と「おかえりなさい」と言ってくれるのです。

抱っこや膝の上に乗りたいときも、近くに寄ってきて「ふん・ふん・ふん」と言いながら、目を見ます。
まるで会話です。

何とも高貴で上品です。

同じ猫とは思えません。

だけど、どっちがいい悪いはありません。
どちらも大切、大好きです!

やっぱりいろいろ、すべての生き物はそれぞれが唯一の存在。

だから人間だって、誰かのまねをしたり自分以外の誰かになりたいなんて思わなくてもいいのです。

唯一の存在、自分自身を大切に。

そう、ナキとなもが教えてくれています。





  1. 日々、思うこと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

大人になるということ


大人になりたくない。
あるいは、いつまでも、子供の心を忘れない。
そして、
「私って、大人になれないのよ。」
とか、いい年をした男女が、まるで大人になれない自分を自慢するかのような発言をよく耳にする。

それは、魅力的で心がきれいということなのか?

そんな言葉や文章を見るたび、何とも言えない違和感を抱いていた。

先日の岸見先生の講演。

岸見先生は大人に成れないことが問題だと話された。
大人になる。
すなわち、成熟するということだと。

大人になる、成熟するとは、
 
  自分のことが自分でできる。

  共同体感覚がある。

あれっ?

確か3つ大事なことが。。。

私は心底ほっとした。

大人になるということがまるで、悪いことのように語られることがあるが、そうではない。
未熟ということは、生きていくうえでトラブル。
自分のことしか見えないからだ。
成熟するということは本当に大切だ。

優しいということは強いということだと思う。

そういう意味でも、成熟しなければ、他人のことを考えることはできない。
相手の課題にまで介入するのも成熟してないから。

大人になる。
成熟するということ。

そこには自分本位な束縛や執着はないはずだ。
そして、意味のない自意識過剰も。

それが、前を向いて生きていくということなのではないだろうか。

私はぜひとも成熟した大人になりたいものだと思う。




  1. fm GIG ねこのねごと
  2. tb: 0
  3. cm: 2
  4. [ edit ]

FMGIG 「ねこのねごと」2016.2.15

nishizawa.jpg


今年から放送時間が毎週月曜日の夜の9時30分からの30分番組となりました。
そして、あっという間に2月になりました。

今回は、昨日がバレンタインデーということで、全ての音楽好きの男性にプレゼント。

エリック・クラプトンの特集です。

アンプラウド・アコースティックのアルバムから。


お届けした曲、3曲

1.「ティアーズ・イン・ヘブン」                                      

2.「いとしのレイラ」                                       

3、「オールド・ラブ」                            



* おすすめの1冊の本

  「ナオミとカナコ」          奥田英朗


* 「こころのヨガ」 
 
ヨガのことを根幹において、もし私が本を出版するとしたら、どんなことを伝えたいか?
ランダムに書いてみた100項目。
そのことを順番にお話ししていきたいと思います。

  真に愛するところに苦しみはない


愛  それは必ずしも男女の恋愛感情だけを指しているのではありません。
だけど、恋愛感情にあてはめてみると、非常に耳が痛い話です。

昨日はバレンタインデー。

愛していると言いながら、相手を束縛したり、
相手に執着しているとしたら、それは愛ではなく、自己愛。

もし、真の愛なら、苦しまないらしいですよ♪



 *今夜の名言

「リーダーとは希望を配る人のことだ」

            by  ナポレオン

素晴らしい言葉ですね!
                   

こんな感じで私のトークを交えて、お送りしました。


では、また来週。

この番組の再放送は、その週の金曜日の朝の7:30~の放送になります。

そこでも、お会いできますように。。。




  1. 講演
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

岸見一郎先生


今日は、岸見一郎先生が講師の子育て講演会の日でした。

2回目の参加です。

「子どもと良い関係を築くために~自分が成長する育児~」

岸見先生の人気は、うなぎのぼりです。
それは、当然のように思います。
淡々と厳しいことを優しく話される、まさしく公平な人だと感じます。

Eテレにも出演され、「嫌われる勇気」は、ミリオンセラーになり、超有名人にもかかわらず、そんなこととは全然関係なきところで、ずっとご自身のままです。

これぞ、そのままの自分です。
まさしくアドラーです。

私は参加されてる皆さんの悩みをお聞きして、「へえ~!」と、心の中で驚きます。
そんな風に悩まれるのだなと。。。

そして、岸見先生の返答に、「おぅ~!やっぱり。」と、心の中で深く相槌を打ちます。

とても心が落ち着きます。

素晴らしい講演会でした。

ありがとうございます。






  1. ねこの話
  2. tb: 0
  3. cm: 1
  4. [ edit ]

ナキとなも

P2016_0212_085526.jpg

左のきじとらがなも。
右のファーのような毛並みがナキ。

ずっと隠れて震えていたナモは、今では、ナキより部屋中を自由自在に暴れ倒しています。
ほんとによかった!!

家じゅうで一番あたたかいと思われる巨大ジャーの上。
仲良く並んで日向ぼっこ。
下はぬくぬく。
日差しは暖かです。

P2016_0212_085602.jpg

ただそこにいてくれるだけで、ありがたい。

そんなことを教えてくれる。

一緒にいるということが暖かい。

明日はバレンタインデー。

チョコは私には何の関係もないけど、
誰かを大切に思う気持ちは、ずっとずっと持ち続けていたい。

いつもそばにいてくれて、ありがとう。。。

大切な人は必ず自分の一番そばにいる。






  1. お気に入り
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

糠漬けは、最高です♪

P2016_0211_141755.jpg

宇治橋商店街を抜け、平等院に向かう参道は、たくさんのお店が並んでいる。

毎月第1日曜日に宇治黄檗萬福寺でのヨガの会の後、中村藤吉さんでお茶をしたことがきっかけだっただろうか。

参道に軽トラでお漬物を販売されているご夫婦と出会った。

その糠漬けは、本当においしかった!!

大根と白菜の糠漬け。
季節によって、ひの菜や赤カブなんかもある。

なんと実は八百屋さんで、野菜にまずこだわりがあった。

P2016_0211_141719.jpg

お店は、伏見区中書島駅近くの「三栖勝商店」さん。

土曜日・日曜日・祝日は、宇治の参道に来られて、臨時のお漬物屋さん。

仲が良くて、明るく気さくな素敵なご夫婦。

自分の手から、丁寧にものを作り出されていることがわかる。

こんな人たちばかりと出会いたいし、付き合っていきたい。

今日からまたおいしいお漬物が食卓に並ぶ幸せ。

丁寧な暮らし。

ありがとうございます。



  1. シンプルライフ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

ミニマリストとヨガ

51ZicSeGbZL._SX338_BO1,204,203,200_

現在話題を集めているミニマリスト。

私は20年以上も前から、シンプルライフというか、いらないものを捨てるという本を読み続けている。

この手の本は実はずっと前からあって、その時々でタイトルが変わる。

断捨離はとても有名だし、捨てる技術やシンプルというタイトルが付いただけで、本が売れるという時もあったと思う。

この手の本を読むとなぜかとてもすっきりする。

気持ちが落ち着く。

内容はだいたいわかっているにもかかわらず、買って読んでしまう。

結婚し、子供が次々に増え、その時もできる限り、住まいを整えたいと思い、実際狭いスペースを今まで何とかうまく使ってきたなと思う。

今は、子供たちが巣立って行って、また暮らしの形が変わりつつある。

それで、今の自分にまたちょうどぴったりのシンプルライフがきたように思う。

佐々木さんの記事はいろんな雑誌で読み、知っていて、今さら本を買うかどうか迷った。

本屋さんに行って、驚いた!

ミニマリスト関係の本だけを集めたコーナーがあった。

そこで、何冊も最初のページを読んでみた。

どうしても佐々木さんのこの本が気になる。ほかの本はあまり買いたいとは思わなかった。

じっくり読んでみて、彼の言っていることは、暮らしの実践やミニマリストのやり方というより、生き方の哲学ではないかと思う。
そしてそれはまさしく、ヨガそのもだった。

そのことが行間から読み取れて、この本に魅かれたのだと思う。

さらに、彼は編集者だった。
本そのものが大好きなのだろう。
私もそうだ。
本を書くことが好きな人、本を書いて有名になりたい人。いろいろあると思うけど、
あぁ、本が好きなんだなあと思える人だった。

好みの問題だが、私は流行のミニマリストの本で何か1冊おすすめは?と聞かれたら、この本をおすすめしたいと思う。

人生は本当にシンプル。

幸せはあるのではなく、感じるもの。

そう、思う。。。




  1. fm GIG ねこのねごと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

FMGIG 「ねこのねごと」2016.2.8

nishizawa.jpg


今年から放送時間が毎週月曜日の夜の9時30分からの30分番組となりました。
そして、あっという間に2月になりました。

今回は、リクエストにお応えして。
私も大好きなちょっとなつかしいオレンジ・ペコ。

デビューCD「Organic Plastic Musuc」から。


お届けした曲、3曲

1.「太陽のかけら」                                      

2.「Happy Valley」                                       

3、「やわらかな夜」                            



* おすすめの1冊の本

  「はぶらし」          近藤史恵


* 「こころのヨガ」 
 
ヨガのことを根幹において、もし私が本を出版するとしたら、どんなことを伝えたいか?
ランダムに書いてみた100項目。
そのことを順番にお話ししていきたいと思います。

  愛の三角形


インドの思想家、スワミ・ヴィヴェーカーナンダ「愛の叡智」という書物の記述

愛は1個の三角形にたとえられる。

第1角  愛は取引を知らない
第2角  愛は恐れを知らない
第3角  愛は競争者を知らない

愛  それは必ずしも男女の恋愛感情だけを指しているのではありません。
だけど、恋愛感情もこの三角形のたとえと同じにはちがいありません。
「愛」と言いながら、「束縛」や「執着」になっていないか、自分に問うて見たいです。



 *今夜の名言

「隙間に、チャンスがある」

            by  井深 大
                   

こんな感じで私のトークを交えて、お送りしました。


では、また来週。

この番組の再放送は、その週の金曜日の朝の7:30~の放送になります。

そこでも、お会いできますように。。。


  1. ねこの話
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

水道の蛇口から水を飲むナキ

P2016_0207_072927.jpg

今朝のナキ。

水を水道の蛇口から飲む。

なぜ、キッチンをウロウロし、流しの上を歩いているのか、最初はわかりませんでした。

たまにいるらしい。
こうやって水を飲む猫が。。。

P2016_0205_075256.jpg

昨日のナキ。

ちゃんと飲めているのが不思議。

水を飲みたいとき、いつもそばにいてあげられるとは限らない。

普通にお皿からも飲んでね!

お願いします。

今日もいい日。。。





  1. ねこの話
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

「なむ(南無)」改めて「なも(南無)」に、改名。

P2016_0205_201158.jpg

2月1日、我が家にやってきて、ずっと隠れて出てこなかったなむ(南無)。

少しずつ、少しずつ、様子をうかがい、餌だけ食べて、すぐに棚の奥底に引っ込んでいました。

トイレだけは、ちゃんと夜中に済まているので、尊敬していました。

昨夜、ついにこんな風に同じ空間に長い間一緒にいてくれました。

写真を撮れるほど。。。

でもまだ、そばによって来たり、体を触ることは許してくれません。

でも、もう震えてはいません。

ほんとによかった!!

なむ(南無)という読み方。

調べてみると、浄土真宗本願寺派だけは、サンスクリット語どうりの「なも」と唱えます。

それで思い出しました。

私の両親が亡くなった時、それぞれの時、本当にお世話になった実家のお寺のご住職は、いつも素晴らしい声で
「ナモ・アミ・ダーブ」
と唱えられていたことを。
不思議に思ったので、とても印象に残っていました。

それで、「なも」と呼ぶようになって、「なも(南無)」は、どんどん心を開いてくれたように思うのです。

「なも」と一緒に少しずつ変化を楽しみたいです。

なも。
ほんとにありがとう♪




  1. 本のはなし
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

脳科学からみた「祈り」

519Nd9bsTzL._SX354_BO1,204,203,200_

この本は、ヨガのシニアクラスのNさんに貸していただき、読みました。
素晴らしい内容でした。

Nさんは80歳という年齢とは思えません。
聡明で前向きで努力家です。
ヨガも今年で7年目になります。

車も運転し、スイミングにも通い、和裁もし、着付けの先生でもあります。
そして、パソコンまで自由自在に使いこなされているのです。
お手本にしたい方です。
ヨガ教室にずっと参加していただき、ほんとにありがたいなあと思っています。

この本の著者がまたすごい人です。
東京大学大学院医学系研究科脳神経医学専攻修了。
一体どれだけかしこい人なんでしょう。
想像するだけで気が遠くなります。

ところがこの本の文体はとても分かりやすく平易な言葉で大切なことが書かれているのです。
まさに、ほんとにかしこい人の特徴です。
難しい言葉の羅列は辟易しますから。。。


「祈り」という言葉から、宗教的なにおいや偽善的なイメージが浮かんだりしますが、まったくそんなことはありません。
人間にとって、「祈り」とは生きていくうえで不可欠なものだし、誰しも無意識に行っているのです。
この本はタイトルは祈りですが、幸せを感じる脳の仕組みの解明がされています。

ミラーニューロン「共感細胞」

人間は一人では幸せになれないということを脳科学がまさか、証明しているのです。

「社会脳」
人間の脳には、自分の行動を逐一観察して、「その行動が良いのか、悪いのか?」を判断する機能が備わっている。

そして、「利他行動」は、脳にとっても「快感」である。

利他行動をとるとき、誰かからほめられなければ、大きな快感を得られないのでく、「他者からの良い評価」は、必ずしも必要ではない。誰かから褒められなくても、自分の内側前頭前野が自分の行動を「すばらしい」と評価することにより、非常に大きな快感がもたらされる。

人間は貢献感が無ければ生きる意味が見いだせない。
それで自己評価が低いと生きづらい。

利他行動と自己犠牲とは、全く違う。
そこを取り違えてはいけないと感じました。

「世界平和」を祈る
は、ちょっと現実的ではないです。

こんな文章が記載されています。

~まず、自分には大切な人、守りたい人がいて、その人にもまたそれぞれに大切な人、守りたい人がいる。
この慈悲の連帯で世界中をつなごうと願う時、それが真の世界平和の祈りになっていくのではないでしょうか。

私も常々そう思い、ヨガの教室でもお話ししてきました。
空々しいことは苦手なんです。

脳科学に裏付けされて、おぅ!と思いました。


ぜひ、一読を。



  1. 日々、思うこと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

節分「鬼は外、福は内」

images.jpg

昨日は節分でした。

我が家では、もう豆まきはしません。

もちろん恵方巻きも食べません。

子どもがいてくれて、小さい頃ならではなんだなあとあらためて思います。


今日は立春。

その日にふさわしく、いいお天気で春の訪れを感じることができました。


「鬼は外、福は内」

それは、自分の外側にある福(幸せ)が来てくれるように。
そして、外から鬼(悪いこと)が内に入ってこないように。
ということでしょうか。。。

ヨガ的に考えると少し違ってきます。

鬼も福も、実は自分の内側に自分の中にあるのです。

だから、

すでに自分の中にある福(幸せ)に気づき、自分の中にある鬼(悪い感情など)を外に出してしまう。

自分で自分に気づき、意識を向け、自分で整える。

幸せも不幸も、自分次第。

節分は節目。

仕分けして、新しく踏み出そうとするとき。

全ての人が自分の幸せに気づき、自分で作った不幸なことからサヨナラできますように。。。

合掌




  1. ねこの話
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

「ナキ(NAKI)」と「なむ(南無)」

P2016_0202_111723.jpg
P2016_0202_111809.jpg

大阪守口市覚了寺から譲り受けた2匹のねこ。

この猫の命名「ナキ(NAKI)」

ラグビー日本代表選手・アナマキ・レレイ・マフィ。
ニックネーム・通称「ナキ」から。。。

彼のプレーは素晴らしい。
いつも100パーセント全力投球。
そして、1990・1・11生まれ。我が家の息子たちと同年齢。
京都花園大学でプレーしていたし、とても勝手に親近感を持っています。
彼のことが大好きな旦那の命名。

P2016_0202_111600.jpg
P2016_0202_111341.jpg
P2016_0201_153426.jpg

2月1日に我が家に来てくれて、すでに私の膝の上が一番のお気に入りの場所。
なんてありがたいことだろう!!

P2016_0203_154446.jpg

自由にくつろいでいます。



ところが、もう1匹来てくれた「なむ(南無)」

キジトラで亡くなったみぃーにそっくりな子猫。

怖がりおびえ、警戒し、今はキッチンのレンジ台の下の奥の隅の隅っこに入り込んで出てきてくれません。
夜中、ちゃんと1回こっそりトイレに行って、無事にトイレを自分ですましている賢いなむ(南無)

でも、それ以外はじっと様子をうかがい出てきません。
ゆっくりでいいから、慣れてね。

なむ(南無)とは、私が命名。

サンスクリット語でナモ。
敬意・尊敬をあらわす感嘆詞。
それで、お経の前に必ずついている言葉。お経の唱えるとき、「南無」から始まります。

意味は、おまかせします。感謝します。など、全てを受け入れ、身を任せ、全てのことを感謝する。
素晴らしい言葉です。

言葉の響きもいいし、「なむ」と呼ぶと、あたたかい気持ちになります。

いつ写真が撮れるかわかりませんが、待ってみます。

なむのことを信じて。

合掌





  1. fm GIG ねこのねごと
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

FMGIG 「ねこのねごと」2016・2・1

nishizawa.jpg


今年から放送時間が毎週月曜日の夜の9時30分からの30分番組となりました。
そして、あっという間に2月になりました。

今回も、「まったり、ゆったり」をキーワードに。
大好きなジャズシンガー。
女性でnoonの特集です。
彼女のデビューCD「better than anything」から。


お届けした曲、3曲

1.「Moon glow」                                      

2.「Moon River」                                       

3、「Close to you」                            



* おすすめの1冊の本

  「芥川症」          久坂部 羊


* 「こころのヨガ」 
 
ヨガのことを根幹において、もし私が本を出版するとしたら、どんなことを書きたいか?
東京の出版社から、「100項目挙げてみてください」と言われ、ランダムに書いてみた100項目。
そのことを順番にお話ししていきたいと思います。

  過去には生きられない


そんなことは誰でも知っています。
良くよくわかっているのです。
それでも、「あのとき、こうしていれば。」「あのとき、あんなことをしなければ。」
後悔することや過去に出会った人たちを許せなかったり。

だけど、今はもうそのことはないのです。
「今、ここ」

いつもいつも、毎日のこの瞬間を大切に生きる。

頭の中で過去のことを考えているとき、今を生きていません。

ぜひ、今、この時を大切に。

原因論ではなく、これからどうなりたいか?の目的論で。


 *今夜の名言

「ともに泣くことの楽しさほど、人々を結びつけるものはない」

            みんなで同じ方向を見ること
            チームワークって、すごい!

                   

こんな感じで私のトークを交えて、お送りしました。


では、また来週。

この番組の再放送は、その週の金曜日の朝の7:30~の放送になります。

そこでも、お会いできますように。。。


  1. アイセンター・ヨガ
  2. tb: 0
  3. cm: 0
  4. [ edit ]

京都府南部アイ・センター  ヨガ  2016.2



今日は京都府聴覚言語障害センターに併設された京都府南部アイセンターでのヨガの会でした。

昨年12月に体験会を行い、今日から毎月第1月曜日実施です。

担当者の方々は、体験会ほど人数が集まらないかもしれないと思われていたのですが、なんとさらに増えて、総勢28名の参加でした。
本当にありがとうございます。


12月に引き続き、遠方からも。。。

部屋のスペースの関係で、椅子ヨガと呼吸法と瞑想法と私からこころのお話を少し。
そんな内容で進めていくことにしました。

担当講師は私・西澤潤子とアシスタントとして、幡じゅんこ、吉田陽子の3人のヨーガ療法士です。

このヨガの会は、ヨガの実践には違いないのですが、目的として

*視覚障害のために引きこもりがちになる人が外に出ようと思うこと

*一緒に体験することで楽しいと感じること

*自分の心と体に意識を向け、前向きになること

を掲げています。

今日は初回で、特にその3点を大切にしました。

椅子ヨガは、予想以上に可能性が広がります。
上半身も下半身も、そして、自分の身体の中心や重心軸までも、しっかり感じることができます。

私もこのヨガの会のおかげで、たくさんのことを学ぶことができます。
お伝えするために、自分自身の勉強が必要なので、とてもためになります。

和やかな雰囲気で時間が流れ、途中何度も皆さんの笑い声が聞こえ、気軽に質問もしてくださり、
とてもとてもいい時間だと思いました。

視覚障碍者の会に初めて参加してみるという方が見学だけと言われていたのに、自然に一緒にヨガをされている姿に感謝しました。
皆さんの真摯な態度と楽しい雰囲気で、私たちがとても幸せを感じます。

最後に感想を聞かせていただき、

こころがリラックスする
肩こりが治る
楽しいと感じる
自分の体がわかる
気持ちいい
前回よりしっかりできてうれしい
毎回絶対来ます

などなど。。。

担当させていただいた私たちヨーガ療法士3人は、本当に感動しました。
ありがとうございます。

今後、この会がますます参加される皆さんにとって有意義な時間になるように一緒に進めていきたいと思います。


ヨガをすることで、どんどん広がる人とのつながりに感謝します。

来月3月7日(月)も、たくさんの方のご参加、お待ちしています。


合掌








NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY

プロフィール

Junko

Author:Junko
聖名 ADAMYAPRIYA DEVI
  (アダムヤプリヤ デヴィ)

西澤 潤子

Calm Oneself Yoga主宰

インド中央政府認定ヨーガインストラクター
インド中央政府認定ヨーガセラピスト

日本ヨーガ療法学会会員
日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会京都支部幹事長

認定 メンタル心理カウンセラー

獅子座 A型
京都市出身
京都府城陽市在住

コンセプト

毎日を、気持ちよく暮らす

毎日を、ていねいに暮らす

毎日を、おだやかに暮らす

 

そのために、

ゆったりとした深い呼吸

体のすみずみまで、意識を向ける

 

ヨガを続けると、毎日の暮らしが変わります。

 

ヨガを続けるコツは

自分のペースで無理なく、

他の人と比べることもなく、

ポーズにはこだわらない。

 

「こころ」と「からだ」

どちらも、大切・・・