京都・ヨガのある暮らし ーCalm Oneself Yoga-

Calm Oneself  自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。 自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。 そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。
0

音楽の力

ダウンロード (1)

先日の大宮での研究総会の報告の続き。。。

健康促進医学会の基調講演

「健康促進につながるサウンドワールド」

和合 治久氏


とてもわかりやすく、納得できる素晴らしい内容の講演でした。

私は音楽が大好きなので、さらにそう感じたのかもしれません。


大昔からのクラシック・モーツァルトの音楽。
キリスト教の礼拝音楽であったグレゴリオ聖歌。

科学的な知識やエビデンスが何もないころの音楽に、人間の交感神経に作用し、DNAを修復する力を持つと言われるサウンドが含まれていることが分かったそうです。

経験・感覚・自然治癒力

私たちはもっともっと、最初からあるはずの人間の五感というものを大切にし、研ぎ澄ます必要があるのではないかと思いました。

ただ、心地よいという感覚を大切にするということです。

もっとゆっくり生きるということです。


音楽療法は、西洋医学のような副作用も極めて少ないですし、安価で感動し、心を整えることができます。

音楽っていいなあ~♪


つくづくそう思ったのです。


スポンサーサイト
0

「身土不二」

51Fs5v4DJaL._SX373_BO1,204,203,200_

今日は、「とんがりやまのてっぺんで!」のヨガ教室でした。

参加いただいた皆様、ありがとうございました。

「とんがりやまのてっぺんで」は、1Fがベジランチのカフェになっています。

オーナーが材料にこだわり、何種類もの惣菜と発芽玄米とオーガニックのドリンク。
そして、卵やバターを使用しないスイーツが提供されます。

私は、午前と午後の教室があるので、毎回ランチをいただきます。

こんなにたくさんの種類を作るのは、大変だろうなあと思います。


今回の大宮の研究総会で日本アーユルヴェーダ学会のプログラムの教育講演に、

「アーユルヴェーダと中国医学」(講師 御影雅幸氏)があり、聴講しました。

その中で心に残った言葉

身土不二

デジタル大辞泉の解説
しんど‐ふじ【身土不二】

人間の身体と土地は切り離せない関係にあるということ。その土地でその季節にとれたものを食べるのが健康に良いという考え方で、明治時代に石塚左玄らが唱えた。
しんど‐ふに【身土不二】

仏教で、身(正報(しょうほう))と土(依報(えほう))の二つは切り離せないということ。


その通りだと思いました。

こうして、毎日とる食事をまず見直してみる。

毎回、こんなランチを食べられることの幸せを感じました。

すべてのことは自分次第。


そう思いました。






0

FMGIG 「ねこのねごと」2016.4.25

nishizawa.jpg


4月14日から、九州・熊本で連続して起きている大地震。

こんなに大きな地震が続くとは。。。

これ以上被害が広がりませんように。
一日も早く、日常が戻りますように。

今日は大人のまったり・ゆったりの時間を
ということで、ジャジーでクールな曲を。


お届けした3曲。


1.「We will rock you」                                                     

2.「DO.RE.MI」                                       

3、「Smile」                            



* おすすめの1冊の本

  「ひとりぼっちのあいつ」   伊岡瞬


* 「こころのヨガ」 
 
ヨガのことを根幹において、もし私が本を出版するとしたら、どんなことを伝えたいか?
ランダムに書いてみた100項目。
そのことを順番にお話ししていきたいと思います。

今回は、

頭で考えていることより、心で感じていることが正しい。


このことは日常生活の中で、割合よくあることではないでしょうか。

頭では、こう思う。

だけど、なんか違和感がある。
ちょっと嫌な感じ。
あるいは、
気持ちはやりたい感じやわくわく感がある。

そんな時、心で感じている方を大切に、そちらの方向で決定したほうがいいです。

得てして、常識やルールや世間体が大切な判断を曇らせることになります。



*今日の名言

「すべての色に、役割がある」

   BY 松下幸之助

どんな人にも、その人の役割があるんですね。
色もそうですが、いい色、悪い色なんて、ないのですね。
  
                

こんな感じで私のトークを交えて、お送りしました。


では、また来週。

この番組の再放送は、その週の金曜日の朝の7:30~の放送になります。

そこでも、お会いできますように。。。

0

聴覚言語障害センター・ヨガ  2016.4




毎月第4火曜日が聴覚言語障害センターでのヨガの日です。

毎回担当の山本さんが、その日のいろんなことを考えてメンバーを決められます。

参加者 2名
20代 男性
40代 男性

参加される皆さんは、聴覚障害だけではなく、何らかの知的、精神的などにも障害を抱える重複障害者の方です。

担当者は、それぞれの日頃の様子、性格、障害の状態など、いろんなことを考慮して、その日の参加される方を決め、話し合われます。

今日は、担当者がセンターでの仕事があり、初めて、担当者が不在、手話もなしでヨガを行いました。

できるのかどうかわかりませんでしたが、なんと、スムーズに意思の疎通ができ、参加者のお二人の呼吸と動作の連動がしっかり感じられました。

今回のことで、継続することがいかに大切か、回を重ねることで信頼関係を築くことができ、そのことはかけがえのないことだと強く思いました。

ハンド・イン・アンド・アウト・ブリージング
ハンズ・ストレッチ・ブリージング
アンクル・ストレッチ・ブリージング
ムクタ・アーサナ
アイソメトリック・パシチマ・ターナ・アーサナ・ブリージング
片膝を立てるポーズ
開脚のポーズ
ターダ・アーサナ
腹式呼吸
シャバ・アーサナ

途中、笑顔がこぼれたり、しっかりうなずいたり、言葉がなくても、通じ合うということを感じることができました。

腹式呼吸でもシャバ・アーサナでも、ゆったりとした深い呼吸をされています。

今回もまた、とても感動しました。
そして、
今回もまた、大きな学びがありました。
こうやって何回も一緒の時間を過ごすことから肌で感じることの大切さを実感します。

聴覚障害というのは、自分の意思が伝えにくく、また、相手の意思も正確にわかりづらいし、すれ違いや誤解が生まれやすい。ただ、話すということがこんなにも難しい。ストレスが計り知れません。

彼らの本当の心の声をいつか聞けるようになりたいとずっと思ていましたが、こうやってただ一緒にヨガの時間を過ごすことこそ、大切で、それで十分なのかもしれないと思いました。

今日もありがとうございました。

合掌



0

おだやかな日常

P2016_0425_142610.jpg

ベランダで育てているパンジー。

ほんの少しガラスのピッチャーに挿しました。


4月21日から24日まで、埼玉の大宮での「共同国際会議2016」に、行ってきました。
今回はまさかの3泊。

ヨガ教室は代行の垣内先生にお願いしました。
参加していただいた皆様、ありがとうございました。


一人でゆっくり充電の時間と思っていましたが、予想以上に疲れました。

遊びに行ったわけではないので、当然か。。。


日本アーユルヴェーダ学会

日本ヨーガ療法学会

日本健康促進医学会

3学会の共同。


毎日が充実のプログラムでした。

一応、自分なりにインプットできたこともありますので、明日以降の教室でお伝えしていきたいと思っています。

年齢をどれだけ重ねても、永遠に勉強は続きます。

生きるという勉強が。。。


家に戻り、日常が戻り、
こうして、ただ、毎日の生活を特別な何かをやらなければと思うのではなく、自分に与えられた、あるいは自分にできること、ただ自分の目の前にあることを、ゆっくりと落ち着いて、気持ちがぐらついたり、いらいらすることなく暮らすこと以上に大切なことってあるのだろうか?と、思うのです。


九州・熊本を中心に今も続く地震。

日常が戻ることを願います。


そして、

今の若者たちの素晴らしさに胸を打たれます。


このことに限らず、

「今どきの若者は。。。」

なんて、思ったことは一度もありません。
いつも、自分の頃に比べ、今の若者のほうが素晴らしいように思います。

とりとめのない文章になりました。

今日も一日が無事に過ぎてゆきます。

明日から、ヨガ教室、どうぞよろしくお願いします。




0

インドシルクのパンジャビドレス

P2016_0420_131410.jpg

今日は快晴。

気持ちのいい日です。

毎週水曜日は、城陽の「チャンネル」でのヨガ教室。

もう6年以上続いているのでしょうか。

本当にありがとうございます。


この教室の管理をされているYさんから、オレンジゴールドのインドシルクの生地をいただきました。

写真ではわかりにくいですが、光沢があり、紫色と緑色の小さな刺繍の花模様の生地です。

その素敵な生地で、生徒さんで着物リフォーム作家であるOさんが、パンジャビドレスに仕立ててくださったのです!

袖と裾にアクセントをつけて。

お二人ともに、感謝です。


また、いろんなヨガ教室で着て、皆さんにお披露目しますね♪

本当に幸せな私です。


0

FMGIG 「ねこのねごと」2016.4.18

nishizawa.jpg


4月14日から、九州・熊本で連続して起きている大地震。

こんなに大きな地震が続くとは。。。

これ以上被害が広がりませんように。
一日も早く、日常が戻りますように。

ただただ、祈っています。


お届けした3曲。


1.「春の歌」     スピッツ                                                

2.「春なのに」   柏原よしえ                                    

3、「雨の日と月曜日は」 カーペンターズ                           

今日は、月曜日、そして、雨が降りました。


* おすすめの1冊の本

  「白雪姫殺人事件」   湊かなえ


* 「こころのヨガ」 
 
ヨガのことを根幹において、もし私が本を出版するとしたら、どんなことを伝えたいか?
ランダムに書いてみた100項目。
そのことを順番にお話ししていきたいと思います。

今回は、

相手の言っていること、言葉ではなく、やっていること、行動を見て判断する


この言葉は、私の母の名言でもあります。

話の内容が素晴らしいとしても、そのことで、惑わされてはいけません。

行動こそがその人をあらわしています。

そして、それは、困難な状況や誰も見ていないときにこそ、その本質が露呈します。

自分も含めて、そのことを、よくよく知らなければいけません。

言葉と行動が一致していたら、何よりですが、政治家を見れば、その浅はかさがよくわかります。

行動・態度にその人となりが出るのだと思います。



*今日の名言

「技を盗め」

   BY ダスティ・ホフマン

まず、尊敬する人、素敵な人をまねることから。。。
  
                

こんな感じで私のトークを交えて、お送りしました。


では、また来週。

この番組の再放送は、その週の金曜日の朝の7:30~の放送になります。

そこでも、お会いできますように。。。

0

黄檗山・萬寿院ヨーガの会 4月

P2016_0417_092805.jpg

今日は月に1回、第3日曜日に開講の黄檗山・萬寿院ヨーガの会でした。

参加いただいた皆様、ありがとうございました。

雨の天気予報でしたが、ヨガが始まる頃薄日が差し、終わるころには快晴となりました。

お庭の新緑が本当にきれいでした。

桜も素晴らしいですが、新緑のすがすがしさも格別です。


今日は気候がいいにもかかわらず、今まで最も参加者が少なく15名でした。

充分たくさんの参加なんですが。。。

わからないものですね。


加藤和尚のお話は「無常」について。

このことは、仏教ではもちろん、ヨガの教えにもあります。


九州ではいまだかつて経験したことが無いような大地震が続いています。

まさに「無常」


人間の無力を感じますが、ただ生きていることを大切にしたいです。


来月は、さらにさわやかな季節。

たくさんの方のご参加お待ちしています。


0

今週も終わりました。

P2016_0416_100715.jpg

今週も今日の「若花亭ヨガ」で、全ての教室を無事に終えることができました。

ありがとうございます。

今日もたくさんのご参加、ありがとございました。

若花亭の庭に咲く八重さくら。

今が満開で、こんなに長く桜を楽しませていただきました。

P2016_0416_100747.jpg

床の間にも、庭の八重さくらが。

今日はいろんなご縁で新しい方の参加もありました。

ありがたいことだなあと思います。

私たちはいつものように、ヨガの時間を持つことができましたが、九州地方では、今までに経験したことが無いような大地震が続いています。

できるだけ被害が大きくならないよう、できるだけ早く平穏な日常が戻るよう祈ります。

そうしかできないから。。。

もしできることがあるとしたら、現金を送ることでしょう。


心配から安否の確認などしたくなりますが、メールでさえほんとの家族以外迷惑でしょう。

たくさんのメールが送信されることで、本当に必要なメールに支障が起きるようでは、親切どころか本当に迷惑をかけているだけです。
こんな大変な時にメールの返信など、わずらわしいに違いありません。

私たちは得てして、自己満足な間違いを起こしてしまいます。


自然。

ものすごいエネルギー。

人間はもっと謙虚で、自然に畏敬の念を持たねば。

大切なことをすぐに忘れてしまうたびに、また、教えられ、その繰り返し。

人災だけは、繰り返さないことを誰もが誓いたいです。

合掌




0

子育てサロンYururi「ママのためのヨガの会」


今日は新学期に入って初めての子育てヨガの会。

参加していただき、ありがとうございました。

毎回メンバーが変わり、いろんな発見があります。


4月から子供さんが幼稚園に入園されたり、また0歳児で、やっと一緒に外出できたりと、それぞれ事情は異なります。

今日は高校生のお子さんという子育てベテランママも参加。


ところが、子供が成長すればまた、違う悩みが次から次へとあるものです。

母親はいつまでも子育てに奮闘するのですが、子離れも大切な大切な使命ですね。

そんなこともみんなで話したりシェアしたり。。。

この会に参加することで、何かふと心が軽くなることがあればいいなあと思うのです。


P2016_0415_151604.jpg

P2016_0415_151620.jpg

会場の近くの「尼塚古墳」

ここにとても珍しい桜が咲いています。

「御衣黄(ぎょいこう)」  黄色い桜 貴族の来ていた衣の色にちなんで名づけられたという上品な桜。

身近な所に素敵なことがあります。


どうぞ、自分の一番身近なこと、人を大切に。。。


また来月もたくさんの方のご参加、お待ちしています。


0

体調管理

瞑想ニャンCUT

今日は急に気温が上がり、とんがりやまの教室では、まさかの

「暑いですね。冷房がいるかと思った。」と、生徒さんの声。

いくらなんでもそれはちょっと。。。


窓を解放し風を通すとさわやかに。


こんなに気温がアップダウンすると、体調を崩しますね。

実は先週の木曜日、私一人寒いなあと思っていました。
そして、
家に帰ってしばらくすると、恐ろしいほどの悪寒と関節痛。
まさか!インフルエンザか?・・


翌日朝には熱が下がり、昼前に病院で診察検査の結果、インフルエンザではなく、一安心。
あとはただ、十分な休息。
睡眠と栄養。

そんな無理してたわけでもないのに、自分でも情けなくなりますが、体からの警告をあなどってはいけません。

今日で1週間たちました。

先週の土曜日は垣内先生に代行をお願いし、日曜日からはヨガをしています。

今日も無事に終わりましたが、完治していない自分にさらに情けなくなります。

年齢には勝てないか。。。
若い時から、風邪は結構長引いたなと思いだします。


体調管理。

完璧な人間はいないけど、ヨガ教室をしているのだから、もっと体調管理に責任を持つ必要があると今回反省しております。

この10年間、ほぼ教室を休むことはありませんでしたが、これからはもっと真摯に体調管理。

肝に銘じます。




0

FMGIG 「ねこのねごと」2016.4.11

nishizawa.jpg


4月に入って、一気に桜が満開に。
どこに行っても桜。
そして、週末までに雨で散ってしまいました。

今回は、以前にビルボードライブ大阪に行った話をしましたが、その時の3人のメンバーの最後の方。
畠山美由紀さんの特集です。
お届けした3曲。


1.「ほんの少し」                                                  

2.「Its a long way」                                      

3、「あなたについて」                            

大人のおしゃれなサウンドでしたね!


* おすすめの1冊の本

  「朝が来る」           辻村深月


* 「こころのヨガ」 
 
ヨガのことを根幹において、もし私が本を出版するとしたら、どんなことを伝えたいか?
ランダムに書いてみた100項目。
そのことを順番にお話ししていきたいと思います。

今回は、

今、ここに集中する(マインドフルネス)


今、大流行ですね!

マインドフルネス。

もともとは英語の表現ではなく、まさに東洋仏教的なことです。

いつも頭の中はいろんなことが渦巻き、
何か行動するときもそのこと以外のことも同時にする現在。

そうではなく、ただ、目の前のことだけに意識を向ける。

そうすれば、理屈では、全ての悩みからも解放されることになります。

言うは易し、行うは難し。

です。


*今日の名言

「時代を上手に生きるポイントは、本物と付き合うこと」

   BY 松下幸之助

さすがですね。

だけど、本物って、わかりますか?
本物って、どんな、そして、なにでしょうか? 
    
                

こんな感じで私のトークを交えて、お送りしました。


では、また来週。

この番組の再放送は、その週の金曜日の朝の7:30~の放送になります。

そこでも、お会いできますように。。。

0

ヨガと目的

41W6sb6t0EL._SX349_BO1,204,203,200_

ヨガの本を検索してみると、びっくりするほどたくさんあった。

「~~ヨガ」

いっぱいあった。

昨日の萬福寺法堂ヨガで、中島和尚が「ヨガで健康に。」と、参加者の皆さんにお話しされた。
その通りなのだが、少し引っ掛かった。

それは、私が最近特に(何のためにヨガをするのか?)と、自分に問うていたからだ。

ヨーガ療法学会は素晴らしい学会で、統合医療として厚生労働省とも関係しているらしく、なんだか大きく遠い世界でぼぅ~となる。

テレビでもネットでもマスコミでも何でもかんでも「長生きするには?」という情報が溢れている。

それは、それが期待され、そう望む人が多いからだろうか。



ヨガも健康・長生きと無関係ではないだろうが、ヨガを続けると長生きするなら、私としては、今すぐヨガをやめたいくらいだ。
こんなことを言うとお叱りを受けそうだが、ほんとにそう思うので仕方ない。


ヨガをするのに、目的はないし、いらないと思っている。

ただ、ヨガをすると気持ちがよく、心が安定し、その哲学にも興味があるから続けていきたい。

ヨガの目的が、

  ヨガインストラクターになること。
  お金を得ること。
  長生きすること。
  健康になること。
  ポーズができ、体が柔らかくなること。
  痩せること。
  きれいになること。

などなど、いろいろその人にとって、あってもいいと思うけど、ちょっと違うと引っ掛かる。

その目的とされることたちは、自分が続けたことによってプレゼントというか、おまけのように結果としてついてくるのならわかる。
最初に目的として掲げるのは、ヨガが最も避けろと言っているまさに「執着」につながることではないだろうか。。。

せめて、「目的」ではなく、「目標」と考えたい。

そんなことさえも、ほんとは考える必要もない。

ヨガは、

 ポーズで、自分の身体と対話し、
  
 瞑想で、自分の心と対話し、

 呼吸法で、自分が生きていることに気づく。

毎日忘れそうになる自分ということをしっかり感じることができたら、それでいい。

私が今思うヨガのこと。


0

黄檗山萬福寺法堂・春のヨガの会

P2016_0410_122157.jpg

萬福寺の桜。

今日はもう、緑の葉と散りゆく桜のコラボレーション。

P2015_0705_093329.jpg

法堂は、瓦が敷き詰められた厳粛な空間。

気温は20度を超えていたはずですが、ひんやりと冷たく肌寒かったです。

中島和尚から、4月8日のお釈迦様のお話と禅とヨーガのお話。

そして、萬福寺の由来など。


ゆっくりとヨガの時間が流れます。

今日もたくさんの方のご参加、本当にありがとうございます。

何とご夫婦で遠く三重県から参加していただきました。

最後の呼吸法と内観瞑想は、座禅をするたんに、各自安定する座法で座っていただきました。

この法堂でしか感じられないことを五感すべてで感じていただければと思います。

本年度は、法堂ヨガは、気候のいい時期に体験していただくという趣旨で春と秋の2回の開催になりました。

秋の開催は10月9日(日)です。

今からすでに予約受付中です。

でも、どうぞゆっくり、また秋になったころ、

「そうだ、萬福寺のヨガに行こう!」

と、思い出してください。


また、たくさんの方にお会いできますように。


合掌


0

今日も、桜・さくら・サクラ

P2016_0406_094124.jpg

今日のヨガ教室は「チャンネル」

約20分、自宅から歩いていきました。

途中、桜の景色で、何度も立ち止まりました。

東部コミセン。

城陽の桜のあまり知られていない名所。

見事です!

P2016_0406_094159.jpg

P2016_0406_123411.jpg

教室でも桜の満開に、話の花も咲きました。

太陽が丘も素晴らしいとか。。。

明日の雨で、散る桜も。

毎年必ず咲く桜。

一斉に咲き、そして、散りゆく桜。


日本人がこんなに愛する花はなかなかありません。

ちなみに日本以外で「花見」という単語は無いそうで、「花(桜)を見る、眺める」という文章はあるけれど。
ひとつの単語であらわしている桜を愛でるということ。

こういう違いが文化。

ただ、英語を話せても意味が無いように思います。
言葉・言語にはその前に文化があるのだから。。。

英語を話せない私のいいわけですが。

このことは、英語がペラペラ文化も百も承知のDJ佐藤弘樹さんもいつも話されています。
「花見」のことも、佐藤弘樹さん情報。

今年も桜。

ありがとう。。。




0

FMGIG ねこのねごと 2016.4.4.

nishizawa.jpg


4月4日、ぞろ目だとラッキーってほんとですか?

4月に入って、一気に桜が満開に。
どこに行っても桜。
ほんとにきれいです。

今回は、松たか子さんの曲の中から、春を感じる曲を選曲しました。
お届けした3曲。


1.「明日、春が来たら」                                                  

2.「サクラ・フワリ」                                      

3、「桜の雨、いつか」                            

透明感のある素敵な声ですね!


* おすすめの1冊の本

  「嫌な女」           桂 望実


* 「こころのヨガ」 
 
ヨガのことを根幹において、もし私が本を出版するとしたら、どんなことを伝えたいか?
ランダムに書いてみた100項目。
そのことを順番にお話ししていきたいと思います。

この世に自分のものというものはない


これは、大変難しい内容です。

自分のものという概念があるから、いろんな意味で争いが始まります。

執着も始まります。

空も海も土地も食べ物も家も、自分の身体さえ。。。

どうでしょうか?


*今日の名言

「摩擦を恐れない」

   BY スティーブ・ジョブス 
    
                

こんな感じで私のトークを交えて、お送りしました。


では、また来週。

この番組の再放送は、その週の金曜日の朝の7:30~の放送になります。

そこでも、お会いできますように。。。


0

リラックスしよう♪

P2016_0404_113925.jpg

4月のはじめ。

1日、2日、3日。

桜が満開。

どこに行ってもそこらじゅうが桜で、その景色の美しさに息をのむ。

JR奈良線という私がいつも利用しているローカル線も恐ろしいほど混雑。


4日。

雨。

それでもまだまだ桜。


今日はアイセンター・ヨガ。

たくさんの方が参加された。

日常ではない気持ちいい時間だと感じられて。


ヨガの目的、ヨガっていろいろあるけれど、
とりあえず、リラックスしよう!

ただ自分が。。。

私の師匠。
我が家の猫たちには、とてもとてもかなわないけれど。

自分がリラックスしたら、自分が気持ちいいだけではなくて、そばにいる人、いつも横にいてくれる人までも気持ちいい。



リラックスしよう。とがんばってはダメですよ(笑)


今日も何度も、いろんな人から漏れた言葉。

  「また、肩、力入ってた!」

  「あ、また呼吸止まってた!」

  「背中、丸くなってる」

  「気持ちいいね!」

  「体が熱くなってきた」

1か月に1度だけど、日常でもいろんなことに気づき始めたそうです。
自分への気づきが深いように思う。

すごいなあ~。
うれしいなあ~。

アイセンター・ヨガ。。。

0

桜・さくら・サクラ

P2016_0402_100819.jpg

今週も無事に終わりました。

今週は、いつもより教室数が少なく、また、参加された人数も少ない教室が多かったです。

春休み・体調のこと・そして、桜。

今日は一気に桜が満開になりましたね!!

この桜は若花亭の向かいの駐車場の桜。

みなさん、お花見かな~!


私が、教室を開講するときに決めたこと。
すべての教室をその時参加された回の1回の受講料にする。
できる限り参加しやすいリーズナブルな受講料にする。

休むのも自由で、基本、ご自身が参加したいと思った時にどうぞ、参加してくださいというコンセプトです。

それでも、それだからこそかもしれませんが、毎週参加してくださる方が、いっぱいです!

ありがたいなあと思っています。

月謝やチケット制の教室がほとんどだと思いますが、どうしてもそうできなくて。
参加した時だけ受講料のほうが、気持ちがいいなと思うのです。

P2016_0402_101025.jpg

今日の若花亭の桜。
お庭に桜の木があって、ヨガをしている建物を背に写真を。

P2016_0402_101322.jpg

床の間にも桜。

P2016_0402_102146.jpg

ヨガの部屋の窓からの桜。

今日は少人数で、普段あまりないことなんですが、ヨガの講座が終わってから、
自然に輪になって、話に花が咲きました。
それがとてもためになって、楽しい時間でした。

こんな日もいいなと思いました。

たくさん参加されて、超満員の日もうれしいし、今日みたいな時間もうれしい。

自由に1年に一度でも、1か月にいちどでも、
気兼ねなく参加できる教室でありたいな。とまた、強く思いました。

感謝♪



0

4月1日の「嘘」

518AJTZN9KL._SX321_BO1,204,203,200_

今日はエイプリルフールだとか。。。

よくその意味も知りません。

遊び心もあんまりなくて、すごい嘘をついてやろうという思いもない私。



今日はこの本のタイトルのような人たちがいっぱい。

だけど、安心していられる日。


「嘘」

なんでつくのだろう。

何度も嘘をついたり、あるいはほんとに自分の言ってることを嘘だと思ってない人も。



ただ、わかる。

この世は人の数だけ、いろんな人がいるということが。


自分と一緒の人はどこを探してもいない。

おそらく全く同じ考えの人も。


だから、できるだけ、毎日少しずつ、
自分の両手を広げて、受け入れられることを増やせたらいいなと思う。

あるいは、両手から零れ落ちることをそのままそっと捨てることもできたら。。。

4月1日に思うこと。




該当の記事は見つかりませんでした。