猫とワタシ

ヨガのある暮らし ーCalm Oneself Yoga-

Calm Oneself  自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。 自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。 そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。

この記事のみを表示する「寛恕(かんじょ)」という言葉との出会い。

ヨガの教室

images (1)

今日は、第1月曜日。
アイセンター・ヨガの日です。
たくさんの方が参加されました。
ありがとうございます。


先週から、今日まで、全てのヨガ教室で、お話ししたこと。

それは「寛恕」ということです。

かんじょ
【寛恕】
《名・ス他》度量が広く、思いやりの深いこと。あやまちなどをとがめずに、広い心で許すこと



最近読んだ東野圭吾さん著の「危険なビーナス」の中で、この言葉が強く心に残りました。


本を読んでいると、そんな嬉しいこともあります。

この言葉をかみしめればかみしめるほど、なんていい言葉なんだろうと思います。


仏教、そして、ヨガともその根底でつながっている言葉と感じます。


ほんとのこと。
真実でしょうか。。。

それは、いろんな道のりがあったとしても、ひとつ。


私は海が好きです。

そしてそれは、泳ぐのではなく、ただ、見ていることが。

近くに海がないので、海を見ようと思えば、旅をすることになります。

それもまた、いいです。


海をただただ、ずっと眺めて過ごしていたら、この「寛恕」という言葉の意味を少しはわかるような気がします。


自然の懐の深さは、人間では、到底かないません。


深くて、廣い。
寛大なさま。。。

私のイメージは海でした。。。


スポンサーサイト