京都・ヨガのある暮らし ーCalm Oneself Yoga-

Calm Oneself  自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。 自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。 そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。
0

恐るべき「アンチエイジング」

41RtZi5R1IL._SX298_BO1,204,203,200_

初めて読む作家。

そのタイトルに魅かれて。。。

魅かれてというのは、アンチエイジング賛成とか、自分自身も若返りたいというのとは真逆で、いったいどんなストーリーなのか、アンチエイジングって、いったいどうなのか?ちょっと知りたくなった。

あまりお勧めの小説ではない。
内容もテレビドラマのようで、だから、読みやすいかもしれないが、深く考える内容ではない。
まさか、ここまで浅はかだろうか、人間はと、あきれてしまう。

そんなに若さが大切だろうか?
毎年ただ、年を重ねているだけなのに。
誰しも若い時が無かったなら、いざ知らず、ちゃんとそれぞれの年代を過ごしてきた。

もう一度若いころに戻りたいと思ったことは一度もない。
実年齢より若く見られたり、女性なので「きれいですね!」とかお世辞だとわかっていても言っていただければ、もちろんうれしいが、何と比べて、誰よりきれいになりたいのだろう。。。

自分自身を受け入れて、死ぬまでこの自分で生きていくしかない。

自分なりに、こうでありたい自分を意識するのはもちろん大切だ。

それは、アンチエイジングとは、何の関係もない。

分相応

年相応

他人の目を気にしてのことではない。

自分の軸をブラさないための指針。


この小説のいいところがあるとしたら、整形やホルモン注射、薬の恐ろしさをありありと表現していることだろうか。
著者は、芸能プロダクションを経営しているという記載があるので、その描写がほんとにリアル。
芸能人って、大変なんだなあと思う。

生・老・病・死

それが、当たり前。

綺麗で、若々しいことはもちろん素敵なことだけれど♡


スポンサーサイト
該当の記事は見つかりませんでした。