FC2ブログ

京都・ヨガのある暮らし ーCalm Oneself Yoga-

2019  6月の予定

新元号・令和となり、早や1か月が過ぎました。5月19日開催 「 KYOTO YOGA 2019」 参道ヨガには、 約800名の方に参加いただき、無事に終えることが出来ました。本当にありがとうございました。ひと区切り、また新しい年を迎えたような気持ちです。今年は5月でも35度という考えられない猛暑の日がありました。6月は梅雨も迎えます。体調管理にぜひヨガの時間を。。。今月もたくさんの方とお会いできること、楽しみにしています。...

つつじの生垣

毎週水曜日。城陽市の城陽団地と呼ばれる大きなおうちが立ち並ぶ住宅街の中。もう10年近く、チャンネルという名のヨガ教室を開催しています。自宅から徒歩20分くらい。ゆっくり景色も楽しみながら、行きはのぼりの道を、帰りは下りの道をてくてく歩いています。高級住宅街になるのでしょうか?どのお宅も大きくて、お庭もあり、家の周りには、この季節になると、「あぁ、つつじの生垣だったんだ!」と、毎年思うのです。こんな...

KYOTO YOGA の意義を見つけて。

今日は第4火曜日。京都市聴覚言語障害センター・ヨガの日です。先日5月19日に開催しました「KYOTO YOGA 2019」 に、担当の方と利用者(仲間と呼ばれています)の男性が参加していただいたそうなんです!!そのことは、私にとって、ほんとにほんとにうれしいことでした。聴覚障害と身体的にも病気を抱えた彼が参加するのは、容易なことではないのです。担当者の女性が頭が下がる心根の優しい方だからこそ、なんです。そして、...

新緑・季節は必ず巡る・・・

我が家の2階のキッチンの窓辺。毎年5月の半ばになると、窓いっぱいにぶどうのつる系の植物が1階から壁を伝って、どんどん伸びて、こんな風に緑のカーテンになる。その色がきれいで、風にそよぐと、ゆらゆら揺れて、窓を見ていると落ち着く。ところが秋になると必ず葉が枯れ落ち、何もなくなり、冬になると、壁を伝っていた蔓さえ、もうどこにも見当たらなくなる。それが、季節が巡り、春になると、どこからか、元気な蔓が出始め...

KYOTO YOGA 2019 を終えて。

昨日、無事に「KYOTO YOGA 2019~今を生きる~」開催することが出来ました。どれだけの方に、どれだけのことに、感謝したらいいのか、どんなにどんなに感謝しても、足りないように思います。本当にありがとうございました。参道ヨガで、今回は、今年100歳を迎える京都ヨーガ協会会長の石田祐雄が壇上に上がり、参加の皆様に見守られ、予定外のことも微笑ましく起きたりしながら、私のその時のMCを笑って褒めたいただくという...

毎日したくなること

ついに5月19日(日)開催の「KYOTO YOGA 2019」が近づいてきました。毎日、なんとなくいつもより忙しく、しないといけないことがあるように思い、忘れていることがないかと思ってみたり、いつもだったら、普通に何も考えずにすることも、終わるまではやめておこうと思ったり。人間って、色んなことを自分で制限したり、思い込んだりつくづく不思議だなぁと、ふと客観的に俯瞰してみたり。まぁ、緊張状態というか、落ち着かない...

「令和」 今日からも変わらず、自分の人生を。

凛々しい野良猫。勝手に名づけて「グル」もう今はこの世にいません。勝手に私の師匠と思っています。あまりにも「令和」の話題だらけで、少々なんだかなぁ。。。と思ったりしています。でも、せっかくの節目に、自分がいつも大切に思うことを再確認することにしました。「うまくいってる人の考え方」から、その文章をそのまま、記載します。自分で考え、自分で決める 私たちのまわりには、無料アドバイスをしてくれたり、私たちに...