FC2ブログ

京都・ヨガのある暮らし ーCalm Oneself Yoga-

2020  6月の予定

5月が終わります。2月以降、新型コロナウイルスの影響で、世の中が根底から変わりました。長い自粛期間も、ようやく少しずつ緩み始めました。まだまだ油断は禁物。ウイルスがこの世から無くなることはありません。人間が暮らし方を変えるしかありません。毎月の秘密のお寺ヨガが再開となります。予約いただいていて、中止になり、申し訳ありませんでした。再開の連絡を差し上げたところ、すぐに定員満員となりました。本当にあり...

お墓参り

もうすぐ5月も終わり、自粛生活も少しずつ、緩んできました。淀のお寺のヨガも、ずっと休講です。ご住職と相談し、お寺はクーラーがないので、安全を優先し、9月からの開講と考えています。この4月・5月は、ほぼ外出することなく、家にいました。それで、毎月必ず訪れていたお墓参りもしていませんでした。不急・不要には、違いありません。今日は、3か月ぶりに、お墓参りをしました。つくづく思うことは、お墓参りは故人のた...

言葉の力

今、ニュースで話題となっているSNS上での誹謗中傷。自殺者が出たので、注目されている。何とも言えず、陰鬱で、情けない気持ちになる。人間というものが。。。人間が進化した大きな要因は、「言葉」を持つことができたからと教えてもらったことがある。言葉のおかげで、文化も生まれ、人と人のコミュニケーションも生まれた。いいことばかりのはずが、そうでもなかった。言葉は、本当に大切だ。と私は思う。こうやって、今、言...

唯川 恵 おススメの本

内容(「BOOK」データベースより)曜子、23歳。スイミングスクールのインストラクター。学生時代からの友人・徹也に求婚されるが、気持ちは固まらない。徹也のことは好きだけど、恋してはいない。そんなとき造形作家・久住のモデルをつとめ、激しく惹かれてゆく。だが彼は女性関係に奔放で束縛を嫌うタイプ―。愛してくれる優しい男と、不安で仕方がないのに愛してしまう男と。ふたりの男の間で揺れ惑う曜子の心模様。きまぐれ 勝...

新月の日に 大切なお知らせ

毎週土曜日 10:30~12:00 ヨガクラスこの素敵なお宅  「みどり工房」で、開催しています。4月以降、新型コロナウイルス感染拡大防止・緊急事態宣言等により、休講となりました。緊急事態宣言も一応解除となり、6月からの開講を目指していました。オーナーの荻野さん。このみどり工房で、*洋裁教室*ステンドクラス教室*椅子ヨガクラスも開催され、月に1回、お洋服等の「みどり工房・おうちショップ」も開催され...

我が家の猫 南無(なも)と自粛の日々

この顔、別に不機嫌ではない。わかってるよ!毎日、一緒にいるんだから。。。今、とにかく私は、圧倒的に家にいる。緊急事態宣言も一応解除されたが、そんなに急に日常は戻らない。とりあえず、4月以降、全くヨガクラスがないので、外出もほとんどしていない。午前中は、だいたい、ひとりでヨガをしている。すると、今までと違う事態が起きた。なもが、すりすり、すり寄ってくる。どちらかというと、クールなので、自分から甘える...

おススメの本は続く 「仮面病棟」

内容(「BOOK」データベースより)療養型病院に強盗犯が籠城し、自らが撃った女の治療を要求した。事件に巻き込まれた外科医・速水秀悟は女を治療し、脱出を試みるうち、病院に隠された秘密を知る―。閉ざされた病院でくり広げられる究極の心理戦。そして迎える衝撃の結末とは。現役医師が描く、一気読み必至の“本格ミステリー×医療サスペンス”。著者初の文庫書き下ろし!著者について1978年、沖縄県生まれ。東京都在住。東京慈恵会...

マスクもおしゃれしてみよう!

毎日の生活で、マスクが欠かせないものとなりました。ちなみに、我が家にはまだ、あべのマスクは、届いていません。もう、スーパーにもドラッグストアにも、マスクは山積みです。どうして、配布は中止と言うことにならないのか、不思議でなりません。どうして、そんな無駄なお金を使って平気なのか、理解できません。きっと、自分のお金じゃないからなのでしょう。さすがの私も、「ふざけるな!」と、言いたくなります。しかしなが...

「アマビエ」 ブーム!!

日本全国で「アマビエ」がブームになっています。江戸時代の熊本の海に出現したという伝承のある妖怪で、人魚のような外見ですが、くちばしがあるのが特徴です。その姿を絵に描いて流布すると疫病がやむという伝説から、新型コロナが拡大し始めたころから、全国的な人気者になりました。 4月に緊急事態宣言が出されると、厚生労働省はアマビエをSNSでの啓発キャラクターに起用して、外出自粛を呼びかけるようになりました。 今ど...

変化するということ

自粛が少しずつ、緩和されてきました。京都はまだまだ、厳しい状況です。6月からは、ヨガクラスも再開できることを願い、その方向でいろいろ準備したいと思っています。しかし、そう思うとおりに行くかどうかはわかりません。本来、このコロナというウイルスのことも、実際は何もわかりません。毎日、ニュースで報道されているので、なんだかわかったような気になりますが、全然です。長い歴史の中で、その時々の大きな流れ・変化...

ブックカバーチャレンジ 7日目 ひと区切りで 「ヨガの本」

内容(「BOOK」データベースより)ヨーガは「こころ」と「からだ」を充分に生き、しかしそこにしがみつくことなく自由であれと教えてくれます。あなたがあなたであるためにあなたがあなたと出会うところ。深呼吸して、いますぐはじめられるこころのヨーガがここにあります。著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)赤根/彰子大学院でインド哲学を学んだことをきっかけにヨーガに出会う。編集者を経てインドに渡り、ヨーガ指導資格を取...

池田晶子と哲学

内容(「MARC」データベースより)幸福、癒し、老いの意味から哲学と笑いのツボまで疾駆する思考が世の常識を徹底的に覆す。ギリシャ哲学、ときに時事問題にも及ぶ論考14本を収めた哲学エッセイ集。『季刊仏教』『草思』などに連載されたものを含む。著者について[著者]池田 晶子(いけだ あきこ)1960年生まれ。慶應大学文学部哲学科卒業。専門用語による「哲学」についての論ではなく、哲学するとはどういうことかを日常の言葉を用...

「猫と生きる」  そして  「猫で生きる」

人気作家・有川浩の同名ベストセラーを実写映画化し、心優しき青年とツンデレ猫が織りなす旅の行方を描いたロードムービー。元野良猫のナナは、交通事故に遭ったところを猫好きの青年・悟に助けられ、それ以来5年間、彼の飼い猫として幸せに暮らしてきた。ある事情からナナを手放すことになった悟は、新しい飼い主を探すため旅に出る。親友や恋人など、これまで出会った大切な人々を訪ねまわりながら、自身の人生を振り返る悟だっ...

自粛と断捨離

出版社からのコメント「風水という中国古来の知恵を生かし身のまわりのエネルギーの澱みをなくす」これがスペース・クリアリング法(空間浄化法)その、第一人者カレン・キングストンがやさしく解き明かした本書を読めば「明日が見えてくる」著者についてカレン・キングストン・・・英国生まれ。1990年からバリ島へ移住。過去25年間、西洋社会で風水とスペース・クリアリングの研究を重ね、現在では風水を活用した建物のエネルギー浄...

阿刀田 高  その短編は、秀逸!

ブックカバーチャレンジ 4日目。とりあえず、続けています。阿刀田 高20代に最も読んだ短編の名手です。文庫本が次から次へと刊行され、発売されるとすぐに、購入していた思い出があります。当時は、文庫本を揃え、部屋に並べていました。もう一人の作家は片岡義男ですが、それは、また後程。阿刀田高氏の作品を読んでいた頃は、20代なので、大人の女性というものに憧れていました。今から思えば、そんなもの憧れなくても、...

ブックカバーチャレンジ 3日目

内容(「BOOK」データベースより)若き会社社長の麻生陶子は、誰もが憧れる存在。だが、その美貌とは裏腹に、「完璧な人生」を手に入れるためには、恋も仕事も計算し尽くす女だ。そんな陶子には、彼女を崇拝し奴隷の如く仕える妹の久恵がいた。しかし、ある日から、二人の関係が狂い始め、驚愕の真実が明らかになっていく…。『女神』の著者が「女の心理と狂気」で描く現代サスペンスの傑作。おススメの本、3冊目。これは、今お世...

ブックカバーチャレンジ 2日目

おススメの本。2冊目は、もっともたくさんの本を読んでいる作家である東野圭吾今まで読んだ数えきれない本。そのどれもが全てと言っていいほど、面白かったです。それは、推理小説という分野には入りきらない人間の心の深いところまで探求され、常に書かれている内容、扱われている題材は、詳細に調べられたに違いないこともわかり、ただただ感服します。いくらプロとはいえ、どうしたら、こんなに次から次へと小説を書くことがで...

ダイアン・キートンと映画と女性

今日はこの映画を観た。邦題とオリジナルの題名。邦題は、ちょっとよろしくないように思う。二大巨匠ともいえる二人の共演。それは、それは、贅沢だ。実は、おすすめの映画ということで、先日、この映画も観た。こちらも名優同士の共演。もちろん、どちらもAmazonプライム。毎日、お世話になりっぱなし。どちらの映画も、今の私と同世代の映画。こんな年齢になったんだなと、感慨深い。こんな年齢になったからこそ、この年代の恋愛...

ブックカバーチャレンジ 私流の始まり

コロナウイルスの影響による緊急事態宣言・自粛の毎日。Facebookでは、色んなバトンが回っています。その中で、ブックカバーチャレンジ7日間というのがあって、バトンが回ってきました。そのルールは・目的は「読書文化の普及に貢献するためのチャレンジ」・参加方法は「好きな本を1日1冊、7日間投稿する」・ルールは次の2つ。✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨ ✨①本についての説明はナシで表紙画像だけアップ②その都度1人の友達を招待...

映画 「羊と鋼の森」

ピアノ調律師の青年の成長を描き、2016年・第13回本屋大賞を受賞した宮下奈都の小説を、山崎賢人の主演で映画化。将来の夢もなく生きていた外村は、高校でピアノ調律師の板鳥と出会い、板鳥の調律したピアノの音色に魅せられ、その日から自身も調律の世界を目指すことを決意。専門学校を出て新米調律師として働くようになった外村は、調律師の先輩・柳やピアニストの高校生姉妹・和音と由仁ら、調律を通して知り合う人々とのかかわ...

今日は、ウエサク満月とか。

我が家のムーンカレンダー。毎日、このカレンダーが今日の月を教えてくれる。今夜は満月。特別な満月らしい。毎年鞍馬山でウエサク祭の儀式が行われるウエサク満月。コロナの影響で今年はウエサク祭に一般参加が出来ないらしい。京都に長年住みながら、この儀式のことを初めて知った。ウエサク満月の名前の由来は、お釈迦様の誕生の日、悟りを開いた日、入滅した日がすべてインド暦の第二月(=ヴァイシャーカ月。そこから、ウエサ...

小川 糸 「ライオンのおやつ」

内容(「BOOK」データベースより)余命を告げられた雫は、残りの日々を瀬戸内の島のホスピスで過ごすことに決めた。そこでは毎週日曜日、入居者がもう一度食べたい思い出のおやつをリクエストできる「おやつの時間」があった―。毎日をもっと大切にしたくなる物語。5月まで自粛の生活が続く。今までの人生の中で、最も本を読む時間がある。にもかかわらず、すべての図書館も5月末まで、完全休館。それは、あんまりではないだろう...

After a storm comes a calm

After a storm comes a calm.雨降って地固まる。結局全ては「なんとかなる」今日は、暦の上では「立夏」夏の始まりなんですね。確かに、午後からの日差しは強く、青空は、とてもいい気持ちですが、少し汗ばむくらいです。それで、ずっと家にいる私ですが、季節を感じるために、今日からルームシューズを夏仕様にしてみました。すると、そのアルファベットで描かれたデザインの文字が、何とも今にぴったりだったんです!もともと「...

5月4日に思うこと。

2020.5.4今日は、KYOTO YOGA の開催日だった。まさかの世界的な新型コロナ感染の影響で、中止となり、自粛生活ともなり、家にいる。予定や目標が、あっさり切り捨てられることがあることを知った。今日、KYOTO YOGA を開催した日を過ごすのと、こうやって、家にいて過ごすのと、どちらがいいとか、悪いとか、そんなことはわからない。やはり、うすうす感じていたが、世の中に起こることに、いい悪い...

佐々木閑先生 「仏教哲学の世界観」

佐々木 閑:1956年福井県生まれ。花園大学文学部仏教学科教授。京都大学工学部工業化学科および、同大文学部哲学科仏教学専攻卒業。同大大学院文学研究科博士課程満期退学後、米国カリフォルニア大学大学院に留学。2002年より現職。NHK Eテレ「100分de名著」では、「ブッダ 真理のことば」「般若心経」「ブッダ 最期のことば」で講師をつとめる。はぎれよくわかりやすい解説で人気を博し、その内容が書かれたテキストも好評。主な著...

映画 「あやしい彼女」

解説20歳の姿に若返ってしまった毒舌おばあちゃんが巻き起こす騒動を描いた韓国のヒット映画「怪しい彼女」を、「謝罪の王様」「舞妓Haaaan!!!」の水田伸生監督がリメイク。ヒロインの20歳の姿を多部未華子が、73歳の姿を倍賞美津子が演じる。女手ひとつで娘を育てあげ、自分の望む人生を送ることができなかった73歳の瀬山カツは、ある日、娘とケンカして家を飛び出すい。吸い寄せられるように1軒の写真館にたどり着いたカツは、そ...

2020 5月の予定

今日も快晴。さわやかなおでかけ日和。例年なら、凄い人でにぎわう京都・ゴールデンウィーク。今年はまさかの新型コロナウィルスの影響で、日本全国自粛の毎日。そのことを考慮して、5月のすべてのヨガクラスは、休講とします。私はオンラインヨガも物理的・技術的・気持ち的にも無理なことばかりで、始めることができず、申し訳ありません。オンラインヨガは、今やすでにネット上で花盛りです。有難いことに無料でもたくさんのヨ...

旬の御馳走 「筍ご飯」

今日から5月。毎日さわやかな日々。例年なら、絶好のゴールデウィーク日和。今年はまさかの、コロナ感染拡大防止のため、外出自粛中。ずっとずっと、家にいます。案外苦痛ではありませんが、長い長いトンネルの出口はあると信じたい。今年は筍はまだ食べてない。今年は無しかなぁと思っていたら、朝堀筍を、わざわざ届けていただきました!感謝感激雨あられ。(こんなん、今どき言う人はいるのか???)早速湯がいて、筍ご飯を炊...