猫とワタシ

ヨガのある暮らし ーCalm Oneself Yoga-

Calm Oneself  自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。 自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。 そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。

この記事のみを表示する職員研修会「ヨガで癒すこころとからだ」

ワークショップ

P2015_1111_162239.jpg

今日は京都府立宇治支援学校の職員研修会で、ヨガをさせていただきました。

研修会の依頼をいただき、本当にありがとうございました。

P2015_1111_144758.jpg

そしてなんと、研修会に参加された先生方の人数が100名を超えていました。

いろんなところでヨガをさせていただいてきましたが、講演会ではもっとたくさんの人数のこともありますが、ヨガをさせていただいた中では、最高人数でした。

助手の幡先生と本当に心から感謝しました。

マイクを用意していただいたのですが、最初の話。あるいは瞑想、呼吸法ではマイクを使用するときもありましたが、ヨガの実践では地声で乗り切りました。
広い体育館でしたが、音が反響し、先生方の静かな落ち着いた雰囲気のおかげで後ろまで聴こえていたようです。

耳を研ぎ澄ますこと、
今の身体に意識を集中すること、
自分の呼吸を中から聞くこと、
心の静寂に気づくこと、

たくさんの人数で一斉にそんなところに身を置くと、その場がなんというか神聖な感じがするということがわかりました。

身を委ねたシャバアーサナでは、さらにその空気が強まります。

それは先生方の真摯な態度からなのだと教えられます。

校長先生が本当に素敵な先生でした。
全てのことを包み込むような方だと感じました。

もちろんすべての先生方も。

支援学校の担う役割は想像以上なのだと思いますが、どうぞ先生方がご自身をまず大切にされることで、子供たちを見守っていただければと思います。

ヨガがほんの少しでも「こころとからだを癒す」ものとして体感していただけたなら、嬉しいです。

ありがとうございました。



スポンサーサイト

コメントの投稿

secret

ありがとうございましたありがとうございました

素敵な研修会をありがとうございました。
私自身は、「初ヨーガ」体験でした。
慌ただしい日常に埋もれがちな私達が、静かに身体を伸ばし、何も考えない時間を過ごすことは、とても貴重でとても心地よいものでした。
ティンシャの音も心を落ち着けるのに効果的で、本当に良いひとときでした。
本当にありがとうございました。

こちらこそ。。。こちらこそ。。。

長谷川先生。
コメントまでいただき、本当にありがとうございます。

自分を取り戻すこと、自分で自分を客観視できること、
それがヨーガかなあと思います。

ぜひまたどこかの教室に参加してください。
お待ちしています。

トラックバック

この記事のトラックバックアドレス

→この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)