FC2ブログ
See more details
Title List

自分の生まれた日の月

82d4a6aefdb14945f5ea7d5c89ef8106_w.jpg

自分の生まれた日の月をネットで検索すると調べられ、どの月なのかわかると教えていただいた。

それで、早速、生年月日と月と入力すると、その年の、その月の満月カレンダーが表示され、確かに自分の生まれた日の月を知ることができた。

私の生まれた日の「月」は、

新月に向かう三日月

だった。

それは、このことを教えていただいた彼女とまさかの同じ月だった。

ご縁だなぁと思う。



生まれた日の月を知ったからと言って、どうということも無いのだが、さらに、三日月が好きになった。

そして、新月に向かうほうの三日月というのも、なんだか気に入っている。


太陽は毎日、東から昇り、西に沈む。

その形はいつも自信にあふれるようにまるく輝いてる。


月は毎日、その形を変える。

そして、新月から満月への再生を繰り返す。


どちらもそれを見る人間が勝手に意味づけしているのだけれど、美しさは意味を超えて、胸に届く。



美しいものを見たいと思う。

もちろんいろいろあるけれど、

そうだからこそ、美しいものをできるだけ見るようにしたい。


すべての月は、美しいのだけれど。。。



スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK