FC2ブログ
See more details
Title List

「脳」と「瞑想」

シリーズ 人体 神秘の巨大ネットワーク
第5集
“脳” すごいぞ! ひらめきと記憶の正体

2018年2月4日(日)
午後9時00分~9時49分


体中の臓器がお互いに情報を交換することで私たちの体は成り立っている。そんな新しい「人体観」を、最先端の電子顕微鏡映像やコンピューターグラフィックスを駆使しながら伝えるシリーズ「人体」。第5集のテーマは“脳”だ。番組では、お笑い芸人で芥川賞作家でもある又吉直樹さんの脳を、世界最先端の技術で徹底的にスキャン。内部を走る電気信号の様子を、世界で初めて映像化した。その結果「ひらめき」に関わるとされる、特別なネットワークの正体が浮かびあがってきた。さらに「記憶力アップ」の鍵も解明されつつある。脳の“ある場所”で、新しい神経細胞が次々と生まれ、記憶力を高める重要な役割を果たしていることが分かってきたのだ。そのメカニズムの解明がさらなる研究へと波及し、認知症治療の新たな戦略も見えてきている。創造性やひらめき、意識や心も生み出す、究極のネットワーク臓器“脳”。その美しくも神秘的な世界に迫る。


「NHKスペシャル 人体」

ご覧になった方も多いと思います。
今週のヨガ教室では、この番組からヨガとの関連を考えました。
今回最も印象に残ったことは、

「ぼぅ~とする」ということが「ひらめき」を生み出しているということではないでしょうか。。。
それは、すなわちヨガで言うところの「瞑想」

何もせず、ぼぅ~とする時間は無駄な時間と捉えたり、そんな時間を持つことに罪悪感を持つ方もあります。
それはとんでもない間違いです。
うすうすそうだと思っていましたが、こうやって科学が証明してくれる時代になり、ヨガに対する偏見も減るのかなぁと思っています。

それでも、
「そうか、ぼぅ~としたらいいんだな!そうすれば、脳が活性化し、ひらめくんだ!!」
と、期待しながら、そのために無理にぼぅーとするのは、ちょっと違うような気がするのです。
あくまでも、私個人の意見です。

結果を求め、期待して、ぼぅーとするのは、ヨガ的に腑に落ちないのです。
ただただ、ぼぅーとする時間。
瞑想と呼べるのかどうかはわかりませんが、静かに何も考えない時間。

「瞑想」もその結果を期待してするものではないように思うのです。
すべてを手放した状態。
完全なリラックスでしょうか。。。

私はそんなことをしているとさえ気づかず、ぼぅーとしています。
予定をいっぱい詰め込むのも苦手だし、できれば一日にすることはひとつくらいがちょうどいいです。

それで、だいたいヨガ教室も一日に1クラスにしています。
朝・午後・夜とか続けてレッスンのインストラクターの方もたくさんおられると思いますが、至難の業です。

静かな時間

静かな気持ち

静けさ

たまに、人間そのひとそのものが静けさの象徴のような方に出会います。
ほぅ~と感嘆の声を心の中で上げます。
いいなぁ~と思うのです。

私はまだまだですが、静かな存在って、究極です!


合掌



スポンサーサイト

COMMENT

POST COMMENT

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

TRACKBACK