京都・ヨガのある暮らし ーCalm Oneself Yoga-

Calm Oneself  自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。 自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。 そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。
0

一日が終わるとき 夕焼け

鳥羽2


ヨガは、生活・生き方そのものなので、毎日がすべてヨガと言っても過言ではありません。

むしろ、ポーズをしている時間以外、どんなふうに生活しているかのほうが大切なくらいです。


それで、ヨガ・インストラクターの方は、規則正しい生活、身体にやさしい食事、ストイックとさえ思える暮らしの方もあるかもです。


私は朝早起きが苦手で、困ったものです。

ヨガ教室の生徒さんの方がはるかヨガ的な暮らしかもしれません。


朝5時までに起きて、朝日を拝み、ヨガと瞑想。

そんな暮らしを今までしたことがありません。

大丈夫か?私。。。


その代わりと言ってはなんですが、夕焼けは毎日のように眺めます。

そうしようと思っているわけではありませんが、気づけば今日も眺めているという具合です。


なんだかほっとするのです。


初めての子育ての時、毎日がしんどかったです。

そんな時に、夕方になり、夕焼けをみると、今日も無事に終わろうとしていることを感じるのです。
今晩もなかなか寝てくれないかもしれないし、夜中に何度も起きて抱っこするだろうけれども、それでも今日もこうして一日が暮れていくことにたとえようもなくほっとしたことを今も覚えています。

一日が過ぎ、一か月が過ぎ、一年が経てば、子供は1歳になるということを心の糧にしていました。
今となれば、宝物のような一年です。


どんな人、どんな時にも、平等に流れる時間と月日。

いったいいつまで生きるのか自分のことなのに、誰も知ることができません。


だからこそ、今日もまた、一日を過ごせたことに一日の終わりに、静かに感謝したいです。


合掌


スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://calmoneselfyoga.blog115.fc2.com/tb.php/1555-e5451b1c