京都・ヨガのある暮らし ーCalm Oneself Yoga-

Calm Oneself  自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。 自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。 そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。
0

黄檗・萬寿院ヨガの会 「禅とヨガ」

11160229_797005803723737_70669651_n.jpg

今日は第3日曜日。

宇治黄檗・萬寿院ヨガの会でした。

たくさんのご参加、ありがとうございました。

寒いですが、快晴で気持ちのいい日でした。

いつもの読経は本堂が寒すぎて、ストーブの暖のあるお部屋での法話の前のお経に変更してくださいました。
初めてのお経です。

その後の法話

一行三昧
読み(ひらがな)
いちぎょう ざんまい


意味
何かをする時、一つのやり方を決め、迷うことなく、そのことになりきること。

解説
何かをする場合、心が今の瞬間の行為に溶け込むことで我を忘れ、一種の心地よさを感じることではないかと思います。 この四字熟語は、仏教の言葉の1つで、1つの修行方法を決めて、その修行に無心になって励むことにより、 心の中がおだやかに静まり乱れない状態になることを言うようです。 また、1つの修行が、日常のいろいろな場面(座る、立つ、寝る、歩く、何かを行う)でも同じようにおだやかな心を 持ち続けることにつながるという意味もあるようです。 音吉は三昧という心の状態を体験したことがないと思いますので、詳しくわかりませんが、三昧は仏教の三学の一つ、定のことで、 その心の状態の深さにより、いくつかの段階があるようです。浅い三昧であれば凡夫にも得ることができるのかもしれません。 悟りを開く前の、心がおだやかに静まった状態を三昧と言うようです。

この説明は、ネット検索から、私が一番しっくりしたものをお借りしています。

今流行の「マインドフルネス」ということでしょうか。。。

今日のこの法話をしてくださった和尚さんは、とても穏やかな方です。
それで、この解説を選びました。

ほかに、2月15日の涅槃の日にちなんでの涅槃図のお話も興味深かったです。


法話の後に、90分のヨガ。

仏教・禅とヨガは根本的に深いつながりがあるのだなと今日も感じました。


来月はお彼岸です。

和尚さんはみなさん多忙を極められます。

それで、初めてのことですが、最初の法話がありません。

その代わりになるかどうか。


お彼岸でもありますし、ヨガの前に瞑想をしたいと思います。

私から瞑想の話とやり方の説明の後、15分くらいただ座ってみます。

その後、ヨガをすることで、いつもと違う体験になればと願います。


来月もたくさんの方のご参加、お待ちしています。


合掌

スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://calmoneselfyoga.blog115.fc2.com/tb.php/1557-0d9cf761