京都・ヨガのある暮らし ーCalm Oneself Yoga-

Calm Oneself  自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。 自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。 そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。
0

聴覚言語障害センター・ヨガ  2018・5

logo_T-01.jpg

毎月第4火曜日が聴覚言語障害センターでのヨガの日です。

新しい担当の若狭さんといろいろ連携を取り、参加者の方の日ごろの様子などもお聴きしています。


参加者 2名

20代 女性
40代 男性

参加される皆さんは、聴覚障害だけではなく、何らかの知的、精神的などにも障害を抱える重複障害者の方です。
ヨガの時間の一番の目的は強い緊張から解き放たれること。
自分を大切にしていただくこと。
身体と心に意識を向けていただくことです。

ハンド・イン・アンド・アウト・ブリージング
ハンズ・ストレッチ・ブリージング
アンクル・ストレッチ・ブリージング
ムクタ・アーサナ
アイソメトリック・パシチマ・ターナ・アーサナ・ブリージング
スタンディングのポーズの基本のバリエーション
バッダ・コナ・アーサナ
アルダ・カティ・チャクラ・アーサナ
腹式呼吸
シャバ・アーサナ
シンボルマークからイメージをふくらます瞑想

今日は、6月10日(日)に開催される「第1回京都ヨガ2018」のシンボルマークを見ていただき、感じたことを教えていただきました。

聴覚に障害がある場合、視覚は非常に優れていたり、感覚が研ぎ澄まされていると聞いたことがあります。
このシンボルマークから、いったい何を感じていただけるのか?
とても興味を抱きました。

それぞれの方に感想をお願いしました。
手話を交えて、担当の方に教えていただきます。

ずっと参加されている男性はとても静かで、寡黙な方なんですが、今日も、自分から声を出して、感想を言ってくださったのです!
すべてを聞き取ることは難しかったですが、内容がわかりました。
「ヨガでつながる!僕も元気になる!一緒に頑張ろうと思う!」
ということでした。

また、担当の方から、緑色を強く感じ、安らぐ。
人の生きる力を表していると思う。
と感想をいただきました。

さらに、できたら、センターで相談して、参加できるよう、参加できる人たちで行くことを検討したいとも言っていただきました。
それは、画期的なことですし、それこそが、何もかもを超えた開かれたヨガのイベントに最もふさわしいことです。
参加していただけたら、これほどうれしいことはありません。

今日もまた、たくさんの学びがありました。
本当にありがとうございます。


合掌



スポンサーサイト

該当の記事は見つかりませんでした。

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://calmoneselfyoga.blog115.fc2.com/tb.php/1603-954db42e