FC2ブログ
Calm Oneself  自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。 自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。 そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。
2018年07月16日 (月) | 編集 |
33893716_803624356502522_1388646176147898368_n.jpg

今日は「海の日」
祝日。
猛暑ですべての予定を取りやめ、家で過ごすことにしました。

毎日、いろんなことがあっても、
日が昇り朝が来て、
日が沈み、夜が来ます。

素晴らしい景色も繰り返します。

「人間万事塞翁が馬」
この言葉の意味を深くかみしめます。

「人間万事塞翁が馬」の「人間(じんかん)」とは日本で言う人間(にんげん)の事ではなく、世間(せけん)という意味です。 「塞翁」というのは、城塞に住んでいる「翁(おきな)=老人」という意味です。 「城塞に住む老人の馬がもたらした運命は、福から禍(わざわい)へ、また禍(わざわい)から福へと人生に変化をもたらした。

調べてみると、こんな記載がありました。

どんなひとも、他人にはわからなくても、いいことばかりではありません。

私は自分でも、なんて幸せな人間だろうと常々思っていますが、何もないわけではありません。
特に、自分自身ではなく、家族、とりわけ子供のことは胸を痛めます。

そんな時、いいことばかりが続くときこそ、気持ちを引き締め要注意の時かなと思います。
とんでもないことが起きたり、どう考えてもピンチと思われるときは、逆にここから光が見えるときかもしれません。

今も自分自身だけではなく、まさしく世間ではとんでもないことが次々に起こっています。
悪いことが続くと、心が折れ、嫌気がさし、気持ちがすさむかもしれません。
いや、すさむのも当然です。

だけど、

「人間万事塞翁が馬」
これはほんとのことだと思うのです。
死ぬその時まで、何がどうなるか誰にも分かりません。

やはり、ただ毎日を大切に生きるしかありません。
いいことも悪いことも自分を超えたところで無作為に起こります。
その時に、どうとらえて生きていくか、
毎日は、その繰り返しのように試されているのでしょうか。。。

できることなら、

「天網恢恢疎にして漏らさず」

てんもうかいかいそにしてもらさず【天網恢恢疎にして漏らさず】
〔老子「天網恢恢、疎而不レ失」〕
天網は目があらいようだが、悪人を漏らさず捕らえる。天道は厳正で悪事をはたらいた者には必ずその報いがある。

であることを願います。

合掌

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック