FC2ブログ
Calm Oneself  自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。 自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。 そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。
2018年07月29日 (日) | 編集 |
51X5WA8HnGL._SX341_BO1,204,203,200_

昨夜は台風。
かなりの強風で、家も揺れました。

今朝には台風が過ぎ、青空も見え、心配していましたが、月1回の宇治 食堂・山小屋さんの椅子ヨガの会を無事に開催することができました。
たくさんのご参加、ありがとうございました。

昨夜は満月でした。
台風でもちろん見ることは出来ませんでした。

今日の椅子ヨガの最後は、「満月の瞑想」をしました。

初めての方もあったので、瞑想の前に、少し丁寧に説明しました。

人間は、月の満ち欠けに大きく影響を受けているのではないかと思います。
人間は何でもできるような錯覚に陥りそうですが、自然の前では無力に近いです。
畏敬の念を忘れてはいけないように思います。

・まず、安定した座法で座る
・肩の力を抜き、呼吸を整える
・胸のところで両手を重ね、自分の心・気持ちを感じてみる
・両手を膝に戻す
・先ほどの胸の位置に完全体である満ちている象徴の満月をイメージする
・その満月のイメージを膨らませ、満月の光に自分がすっぽり包まれるイメージを
・自分が月に包まれ、安定し、ただ、今の自分がすでに満ちていることに気づく
・そのまま静かに呼吸を続ける
・満月のイメージを胸に戻す

月の力に身を委ねるということでしょうか。。。

実はこんな講釈は無しに、ただ、満月を眺め、その残像を瞼に移し、
静かに今の自分が生きているということに気づけばいいのかなと思います。

月は毎月、新月から満月に姿を変えながら、どんな時も何が起きても、夜空にあります。
遠い長い歴史の中で、変わることなく。。。





スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック