FC2ブログ
Calm Oneself  自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。 自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。 そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。
2018年08月06日 (月) | 編集 |
3851b84661bb95874a52b7693ce1370d.jpg

今日は「広島原爆の日」
風化させてはいけない日です。

8月はこの後、9日は長崎原爆の日、15日に終戦記念日を迎えます。

平和

誰しもが望んでいるにもかかわらず、未だかつて世界中に戦争が無く平和な時代が訪れていません。
どこかで何かの対立・争いが絶えないのはなぜでしょう。

今週は、心の平和を目指すヨガの根本である「対立をなくす」という呼吸法であり瞑想である

ソーハム呼吸・瞑想をすべての教室でしようと思っています。

ヨガでは「宇宙」という言葉をよく使い、私はなんとなくこそばゆい感じがします。
けれども、平和ということを考えるとき、宇宙レベルで物事をとらえると、ほんとにすべてのことが小さく感じられます。

宇宙と一体になる「ソーハム」のマントラ。
マントラは唱えた瞬間にそのマントラが持っている意味と同じ状態になるパワーがあると言われています。

サンスクリット語で「ソー」は「彼」はという意味だそうです。

           「ハム」は「私は」という意味だそうです。

彼というのは、自分以外のすべてであり、神、宇宙の意識(ブラフマン)だと認識しています。

ソー・ハム  ソー・ハム
と呼吸とともに、心の中でマントラを繰り返すことにより、自分と自分以外の境目がなくなります。

彼は私だからです。

そして、私は宇宙そのものなります。

そんなことを頭で知識として理解してもあまり意味がないかと思います。

ただ静かに呼吸を繰り返し、無心になることで、自分の心が静かになり、心の真ん中が平和だとしたら、
そして、すべての人の心がそのように向かっていったとしたら。。。

世界平和や他人の平和まで大きなことは出来ないし、難しいけれど、せめて自分の心の平和にはたどり着きたいものです。
一人一人が平和ということを感じることができたら、それはとりもなおさず、すべての人の心の平和につながります。

ヨガの真骨頂のように思います。

人間関係には対立がつきものですが、対立をなくす、取り除くことは、自分自身の問題です。

世界の平和を願って。。。

合掌




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック