FC2ブログ

胃の痛みについて

胃の痛み-300x300

私事。

私は長年ヨガを続けていますが、肩こりと胃の痛みからは解放されていません。

肩こりはたくさんの整形外科・整骨院に行きましたが、超なで肩と細くて長い首、おまけに右側の胸郭出口症候群で、ほぼ諦め受け入れるしかないという診断がほとんどです。

胃の痛みに関しても、完全にすっきり快調な胃の調子というのはあまりなく、ちょっとくらいの重さや膨満感や痛みは日常として受け入れるくらいが普通です。
だけど、ものすごく食いしん坊!
美味しいものを食べるが大好きなので、食べたい気持ちは落ちることはありません!!

ヨガインストラクターにもかかわらず、恥ずかしい話ですが、ヨガを続けているから、この程度で済んでいるのかもしれません。
いい方にばかり考えてしまいます。

年に何度も胃の痛みはあるのですが、今回はかなり我慢できない痛みで、いつもの鉛を飲み込んで胃のあたりにあるという感じにプラスして、差し込むような痛みも定期的に来るので、さすがにヤバいかと思い、胃腸専門医を受診。

原因究明のため、胃カメラ実施。
とても信頼できる先生なので、心配いらないのですが、それでも胃カメラはあまり飲みたいものではありません。

本日、胃カメラ検査の日。
絶食からの朝一番の実施。
その時に、優しく有能な看護士さんを深く尊敬。

結果の時。

~きれいな胃ですね!
 もちろんガンもなく、潰瘍、ただれもありません。
 理想的な状態です~

なんだと~~!!
いえ、当然うれしい結果で有難いし、一安心なわけです。
やはりヨガのおかげか!とか、調子のいいことも思います。

だけど、確実に痛みは続き、不快で、胃のあたりは違和感だらけなんです。
決して嘘ついてないぞ!!
結構我慢強いし、大げさにも言ってないつもり。
じゃあ、この痛みはどこから???

前も言われたことあるなと思い出したのです。
ただ生きる、動物のように生きてください。
神経性と思われるので、図太くなってください。と。。。

いやぁ、決して、そんなに繊細でもないし、心に病むタイプでもなく、精神的には全然ダメージないけど。
そう思ってるのは自分自身。
体はきっと知っている。
体の内臓や器官は大丈夫だけど、「痛み」という危険信号を出してくれているのだろうか???

人間の身体の摩訶不思議。

胃がんじゃなかったとわかって、一気に気持ちが楽になり、痛みが無くなる人もあるらしいが、私は別に胃がんではないかと気をもんでいたわけではないのです。
原因がわからないと胃の痛みが解消されないから、原因を知りたかったのですが、胃の状態に異常がないとわかっても、胃の症状は全然解消されてません。。。

「まぁ、いいか」
そう思うしかないですね。
心配したって、しょうがない。
いや、自分では最近のもろもろのことを心配しているつもりもなかったけれど、身体が心配していることを教えてくれ、心配してもしょうがないとさらに教えてくれている。

そういうことなのかなあと思いました。

とりあえず、
今日からまた、この胃と仲良く生きていくことにします。。。



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

肩こり、胃の痛みをお持ちでしたか。更年期障害が無いなんて珍しいと思っていましたが他に弱点が・・・。私は頭痛、胃痛、肩こりどれも無縁です。朝から46時中飲んで飲んでいますがね。
プロフィール

Junko

Author:Junko
聖名 ADAMYAPRIYA DEVI
  (アダムヤプリヤ デヴィ)

西澤 潤子

Calm Oneself Yoga主宰
一般社団法人京都ヨーガ協会 理事

インド中央政府認定ヨーガインストラクター
インド中央政府認定ヨーガセラピスト

日本ヨーガ療法学会会員
日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会京都支部幹事長

認定 メンタル心理カウンセラー

獅子座 A型
京都市出身
京都府城陽市在住

コンセプト

毎日を、気持ちよく暮らす

毎日を、ていねいに暮らす

毎日を、おだやかに暮らす

 

そのために、

ゆったりとした深い呼吸

体のすみずみまで、意識を向ける

 

ヨガを続けると、毎日の暮らしが変わります。

 

ヨガを続けるコツは

自分のペースで無理なく、

他の人と比べることもなく、

ポーズにはこだわらない。

 

「こころ」と「からだ」

どちらも、大切・・・

 

 

face book
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
moon
フリーエリア
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ヨガナビゲーターblogランキング
blogmura:yoga
QRコード
QR