FC2ブログ
Calm Oneself  自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。 自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。 そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。
2018年09月26日 (水) | 編集 |
poster2.jpg

阪本順治監督が日本アカデミー賞最優秀監督賞など数々の映画賞を受賞した「顔」の藤山直美と15年ぶりにタッグを組み、団地に越して来た夫婦にまつわる噂が引き起こす一大騒動を描く。三代続いた漢方薬の店を売り払い、団地へ越してきた清治とヒナ子夫妻。昼間から散歩ばかりの清治に団地の住人たちはあれこれと噂をしているようだが、ヒナ子はそんなことも気にせずパートに出かける毎日を送っていた。清治が散歩に出なくなり、ヒナ子の家にスーツ姿の若い男が出入りするようになると、離婚、清治の蒸発、さらには殺人か、などと好き勝手なことを噂される始末。ヒナ子夫妻にまつわる噂はさらに拡大し、警察やマスコミまでをも巻き込む事態へと発展するのだが……。ヒナ子、清治夫妻に藤山直美、岸辺一徳。団地の自治会長夫妻に石橋蓮司、大楠道代。謎の男には初の阪本組参加となる斎藤工。

昨夜見た映画。

藤山直美×坂本順治監督
ということで、勝手に映画「顔」を想像し、すごい迫力のあの映画の続編のように思っていた。

えぇ~~!!
と言うほどびっくりする展開で、いったいこの映画は何なのか??
さっぱりわからんようになってきた。

その中でも、とにかく藤山直美と岸部一徳の関西弁の演技が凄すぎる。

しかし、しかし、
この映画の出演者の中で、圧倒的な存在を示していたのは、斉藤 工

こんな配役ありなのか???

真面目に話すセリフのとんちんかんさが半端ないです!

見終えた後も不思議な気持ち。。。

なんかようわからんのです。


ただ、この監督凄いと思いました。

肉体はほんとではない!意識のまとう借り物。

意識がほんとである!


まるで、ヨーガの聖典やんか!!


ヨガをしてもしなくても、
聖典の勉強をしてもしなくても、

わかる人には、始めからわかっていること。

それが、ほんとのこと。

やっぱりそうか。。。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック