FC2ブログ
Calm Oneself  自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。 自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。 そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。
2018年11月22日 (木) | 編集 |
51NU1NYU82L._SX343_BO1,204,203,200_

内容(「BOOK」データベースより)
「お金と幸せの答えを教えてあげよう」。宝くじで三億円を当てた図書館司書の一男は、大富豪となった親友・九十九のもとを訪ねる。だがその直後、九十九が三億円と共に失踪。ソクラテス、ドストエフスキー、福沢諭吉、ビル・ゲイツ。数々の偉人たちの言葉をくぐり抜け、一男のお金をめぐる三十日間の冒険が始まる。


遅ればせながら、読みました。

映画化もされていて、その配役のお二人が、好きな方なので、俄然読みたくなりました。


「お金が好きですか?」
と、問われれば、
「はい、大好きです!」
と、答えます。

お金があれば、何より、心に余裕があるのでは?と思うのです。

世の中の80%のことは、お金で解決できると思います。
しかし、
確かに、お金で解決できないことが少なからずあって、そのことがとてもとても大切だったりします。


チャップリンの名作「ライムライト」
もちろん、映画館で観ました。

「人生に必要なもの。それは勇気と想像力と、ほんの少しのお金さ。」

それは本当にその通りなんですが、そこにはいろいろ考えさせられること多しです。


「お金」は「信用」
という考え方に、納得します。

お金の使い方で、その人の人となりというか、人格を垣間見ることになります。
それは額の多い少ないと関係ありません。

また、私には関係ないことですが、あまりにもお金持ちになると、そのお金を無くす恐怖と戦う必要もあるようです。


今、ニュースで毎日話題となっている「日産」
大金持ちの会長カルロスさまは、どれだけお金がまだ必要だったのでしょう???

幸せ

というものと、

お金

というものが

正比例の関係とは言えませんが、自分にとって必要なお金について、考えることは必要だと思います。

自分以外の誰かを自分以上の信じることが出来ること


それが幸せの根本のように思います。


スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック