FC2ブログ
Calm Oneself  自分自身が穏やかになること。 そんな思いで、京都・宇治・城陽でいろんなヨガ教室を主宰しています。 自分に気づくヨガとの出会い。 ヨガは生きることそのものです。 そして、 我が家の猫たちが、一番の私のヨガの師匠。  猫の話も少しだけ。
2018年12月22日 (土) | 編集 |
33893716_803624356502522_1388646176147898368_n.jpg

誰しも、幸せになりたいと思っています。
だけど、はてさて、幸せって、何でしょう?
人生で大切なことって、何でしょう?

この言葉が教えてくれているように思います。

アメリカの牧師アルフレッド・D・スーザという方の説教が原典のようです。
私も知人から教えていただいたので、詳細は不明です。



For a long time it seemed to me that life was about to begin
- real life.
But there was always some obstacle in the way,
something to be gotten through first, some unfinished business,
time still to be served, a debt to be paid.
Then life would begin.

At last it dawned on me that these obstacles were my life.
This perspective has helped me to see there is no way to happiness.Happiness is the way.
So treasure every moment you have and remember that time waits
for no one.

Happiness is a journey, not a destination.

Dance as though no one is watching you.
Love as though you have never been hurt before.
Sing as though no one can hear you.
Live as though heaven is on earth

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(翻訳)

私はずっとながいこと、「本当の人生」はまだこれからだと思ってきま
した。いつも目の前にあるやりかけの仕事、返すべき借金、果たすべき
義務、それらを片付けてから、やっと人生が始まるのだと。

ある日、私は気付きました。それらの邪魔者こそが私の人生なのだと。
そして私は知りました。幸せへの道などない、道こそが幸せなのだと。
すべての瞬間が宝物であり、待つことなどいらないのです。

幸せは旅であり 目的地ではない

踊りなさい 誰も見ていないかのように
愛しなさい 一度も傷ついたことのないように
歌いなさい 誰も聴いていないかのように
生きなさい この地上が天国であるかのように





私が一番心に残り、頭を叩かれたようにハッとしたのは、

ある日、私は気付きました。それらの邪魔者こそが私の人生なのだと。


このフレーズです。

このことを、いつもいつも、忘れずに生きていきたいと思います。


すべての人の心に何かが残るといいです。

私もこんな言葉を紡ぎだすことができたなら、
素晴らしい人生だったと死ぬその時に、思うことが出来るでしょう。

もし、そうできなかったとしても、やはり素晴らしい人生だったことに違いはありません。
それが、生きるということなのでしょう。。。


合掌

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/12/25(火) 02:47:41 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック