FC2ブログ

ベジタリアンについて思うこと

4f3fb28d-14b4-450f-a0cd-7838dcb2c4c1.png

ヨガのインストラクターをしていると、いや誰でも生きている限り、自ずとこの問題にぶつかります。

食事について。

自分の身体を作るものですから、非常に大切です。
それは、一応わかっています。
ヨガを続けている人の中に、たくさんのベジタリアンがいます。
いえ、ヨガを続けていれば、正しく続けていれば、自然とそうなるという記述さえあります。

いやぁ~、そうなのか?
そうなると、私は失格です。
食いしん坊の私は美味しいものが大好きなので、ベジタリアンには一生なれそうもありません。

まず、ベジタリアン、ビーガンの意味をしっかり知ろうと思いました。
ちゃんとあるんですね。

教えてくれるサイトが。

ベジタリアンとビーガンについて


よくまとめられたサイトで、参考になります。

ベジタリアンの理由として、非暴力・非殺生の教えから、動物性のモノを食べないということも聴きます。
あれ?
植物・野菜には命が無いのか???
それはちょっと違うような気がします。

以前、僧侶が、「いただきます」という日本独特の食事の前の言葉には、「命をいただく」という意味があると話されていました。
生きるために、すべての生き物は、誰か、何かの命をいただいているのです。そのことを受け入れ、謙虚に感謝するしかありません。

ベジタリアンやビーガンにこだわるのも、美食に拘るのと同じように執着に違いありません。

別に贅沢な食事をしたいわけではなく、その時食べたいものを美味しくいただきたい。
それが肉であっても、魚であっても、野菜であっても、キノコであっても、貝であっても、スイーツであっても、なんでも!!

たまには、ちょっと贅沢な食事もいいではありませんか!
めちゃくちゃ幸せな時間を過ごせるならば。。。

そんなこんなで、ベジタリアンとか、正直ちょっとめんどくさいなぁと思うのです。

こんなヨガインストラクターで申し訳ありません。

美味しいものを食べる楽しみは、一生続けていきます(笑)


どうぞよろしくお願いします♪


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Junko

Author:Junko
聖名 ADAMYAPRIYA DEVI
  (アダムヤプリヤ デヴィ)

西澤 潤子

Calm Oneself Yoga主宰
一般社団法人京都ヨーガ協会 理事

インド中央政府認定ヨーガインストラクター
インド中央政府認定ヨーガセラピスト

日本ヨーガ療法学会会員
日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会京都支部幹事長

認定 メンタル心理カウンセラー

獅子座 A型
京都市出身
京都府城陽市在住

コンセプト

毎日を、気持ちよく暮らす

毎日を、ていねいに暮らす

毎日を、おだやかに暮らす

 

そのために、

ゆったりとした深い呼吸

体のすみずみまで、意識を向ける

 

ヨガを続けると、毎日の暮らしが変わります。

 

ヨガを続けるコツは

自分のペースで無理なく、

他の人と比べることもなく、

ポーズにはこだわらない。

 

「こころ」と「からだ」

どちらも、大切・・・

 

 

face book
カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
moon
フリーエリア
RSSリンクの表示
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ
blogram投票ボタン 人気ブログランキングへ ヨガナビゲーターblogランキング
blogmura:yoga
QRコード
QR